デートが楽しくない…。疲れる…。彼がウンザリする彼女の行動

『彼氏にデートの誘いを断られる回数が増えた…』なんて、悩みの原因は彼女にアリ!なのかも知れません。愛し合っている2人だから、ただ会って話をしていれば愛が深まるとは限らないのです…。

デートが楽しくない…。疲れる…。彼がウンザリする彼女の行動

彼女とのデートって楽しくないし疲れる!

2人の仲を深めるためにデートするのに、会うたびに嫌われているとしたら?デートの約束をしてくれない、ドタキャンが増えた、会っていても楽しそうじゃない、口数が少なくなったなど、何となく彼氏の様子が悪い方へ変化しているようならキケンかも。

楽しくないデートが続いたら?そりゃ、会いたいと思う気持ちも薄れてしまいます。もしかしたら彼氏がウンザリしているかも知れない、デート中の「彼女のNG行動」とは。

1.コロコロ気分が変わってしまう!

昨日の電話ではとっても機嫌が良かったのに、デートするために会った瞬間から機嫌が悪くてテンションが低い…。『なぜ?何があったの?』と、彼氏のテンションもダウン。

気分が変わる

彼氏に慣れてきて、よく言えば「素直にありのままの姿」を見せられるようになったのかも知れませんが、それが毎度では「悪い甘え」に過ぎません。

不機嫌の原因は何ですか?

  1. 彼に不満がある
  2. 会社や学校のこと
  3. 出掛ける前に家族とケンカした
  4. 理由はない!何となくイライラする

———-
【対処法】
※1)ブスッと黙りこまず彼に不満を伝える
※2)&3)彼に事情を話す
※4)まず、彼に事実を伝える。
その後、気持ちのコントロール不可なら彼に謝って早めにデートを切り上げる。

悲しいことやツラい悩みを抱えているときなら『ごめんね』と、彼にも事情を話して負の感情に付き合ってもらうこともアリですが、そうではないのなら改善必要。ホルモンバランスが崩れやすい生理前後のデートを控えるなどの工夫もしてみて!

また、もし社会人になってからも気分次第で態度が変わってしまうようでは問題。そんな時は「今どうしてイライラしているのか?」を、冷静に分析してみることで解決策が見つかるかも。

2.「なんでもいい」と判断を丸投げする!

なんでもい女性い

『どこに行きたい?』『何を食べたい?』と聞いても、「どこでもいい」としか答えない。遠慮して相手に任せているのかも知れませんが、いつも優柔不断な態度では『たまには自分の意見も言いなよ』と、彼だってイライラが募ります。

さらに、そんな状況のなか男性が決めたデートや食事する場所に文句を言うなんて最悪!『それなら、自分で決めろよ」と、デートを楽しむ気分が吹っ飛んでしまうのは当然。

デートプランがないときは!

☆彼氏にお任せはダメ!
—–
※2人で相談して決められるように「海と遊園地だったら、どっちがイイ?」などと自分の案も出すように!

3.マシンガントークが止まらない!

マシンガントーク

いつもテンションが高く声の大きい女性はご用心!男性に限らず、その元気すぎる声は話を聴いている人を疲れさせる負のパワーを生み出します。

特に、こちらの相槌や意見をはさむスキを与えないほど喋り続けるマシンガントークは、相手にとって地獄そのもの。

明るさや元気さはモテる女性の要素でもありますが、その場の雰囲気や彼氏のチョッと困っている反応に気づかずにトークを連打するクセは改めて!

マシンガンの原因が「緊張」なら!

☆自分じゃなく、彼氏に話をさせるようにする!
—–
※愛情を深める秘訣は相手の話を聴くこと!

男性は無口な人が多いですが「聞き役」になって、彼氏が話しやすい状況を作ってあげて!相手の話をよく聞いていれば、話を引き出すための上手な質問ができるようになりますよ。

4.否定ばかりされて会話がつまんない

彼が何か話をするたびに『え?だってそれは……』とすぐ否定するクセありませんか?
時事ネタや芸能ネタなどに詳しい”知識が豊富な女性”に多いのですが、男性は否定されるとプライドが傷つきションボリ…。

また、否定の連続はカレの自信喪失につながり『もう何も喋らない』と、心を固く閉ざしてしまう原因に。そうなったらデートの会話を楽しめるはずがありませんね。
言いたいことがあっても2人の愛のため少しガマンを!

否定したくなっても!

☆『そうなんだぁ』の一言と笑顔でスルー!
—–
※ホメ言葉をプラスしてあげると男は良い方向に伸びますよ。

5.ワガママを言われすぎると疲れる

女性の多少のワガママは恋のスパイスにもなって可愛いものですが、調子に乗ってしまうと振り回されるのは彼氏。

ワガママを言われる彼氏

『これじゃなきゃイヤ』『あれしか食べたくない』など、自我が芽生えはじめた子供のようなワガママの連続に喜んで付き合ってくれる男性なんていません。デートに誘うことさえ面倒くさくなってしまうはず。

知っていますか?

☆「嫌われるワガママ」ってあるんですよ…。

『なんでもいい』と相手に丸投げしちゃうより、『これは嫌だ』と自分の意思を持つことは大切ですが、それにも「限度」というものがありますね。

また、デート中は2人で行動するものなので、たまには彼氏に決定権を譲ってあげる思いやりも忘れずに!

次に繋がる”楽しいデート”は作るもの!

めでたくカップルになったからと言って、愛情が永遠に続くとは限りません。2人で理解しあって絆を深めていく努力がなければ、良い恋愛関係を長続きさせるのは難しいかも。

相手の気持ちをキャッチして、穏やかに自分の意見を伝えて、相手の意見を素直に受け入れられる彼女になれれば『また会いたい』『ずっと一緒にいたい』と思われること間違いなし。

デート中、彼氏に疲れがチラホラ見えて来たら『あれ?今日のワタシ大丈夫かな?』と、自分の振る舞いを振りかえってみて、少し軌道修正してみて下さいね。『好きだよ』と言われたからといって安心しすぎは禁物なのです!