ドライブデート失敗談!実際に他のカップルが体験したこと

ドライブデートの失敗エピソードを紹介します。少し遠出して小旅行したり、近場の観光スポットまで車で行くことになったとき、非常事態に備えて準備しておくべきこともわかりますよ!

ドライブデート失敗談!実際に他のカップルが体験したこと

ドライブデート失敗談

車があって、どちらかが運転できれば、いつでも好きな人と美しい景色を観るために山や海など行きたい所へドライブデートができます。昼間は気分が盛り上がる音楽を聴いて、夜はロマンチックな気分に浸れる曲を流しながら夜景を眺めるなど、ドライブ中は車内で二人っきりの時間を思う存分楽しめます。

しかし、ドライブデートには何かと失敗が付きものなのです。緊張から会話が続きにくい、付き合って間もないカップルや運転中にイライラしがちな性格の人は、何時間もかけて遠くへドライブデートする前に失敗を回避するための準備をしておくことをオススメします。

車酔いでデートを楽しめなかった

  • 睡眠を十分にとる
  • 軽く食べておく
  • 食べ過ぎない
  • 下を向かない

普段から乗り物に酔うことを自覚しているのなら、好きな人とのドライブデートを楽しむために車酔い対策を練っておきましょう。

車酔いする彼女

体調が悪くなって自宅へ引き返した

彼氏が車を初めて自分で購入した記念に、少し遠出のドライブをすることになりました。

ドライブ中は好きな音楽を聴いたりして楽しんでいたのですが、だんだんと車酔いが酷くなってしまったのです。そのまま目的地には行かずにUターンして帰ってきました。
(当時/彼24歳/私21歳/交際半年で経験したドライブデートの失敗)

運転が荒くて怖かった

運転には性格が出ると言われているように、ハンドルを握った瞬間から別人のように態度や言葉遣いが豹変する人がいます。

運転席でドライブの主導権を握っている彼氏が「どけっ!」「このやろう」と暴言を吐きながら血走った眼で運転していたら、何かトラブルに巻き込まれたり、事故を起こしたりするのではないかと心配でドライブを楽しむどころの話ではありません。

渋滞でイライラする彼氏

我に返ったときは遅かった

付き合って3ヶ月くらいの彼女を誘ってドライブしたときの失敗談です。もともと自分は短気な性格ですが、彼女の前では隠していました。でも、渋滞にハマったときイライラが募り、つい、「あーーーっ!」と苛立ちを声に出してしまったのです。

彼女はビックリしていて、その後、態度がヨソヨソしくなり、「気性が激しい人は苦手だ」という理由で振られました。いつかはバレることですが、運転に性格が出ることを実感しました。
(当時/私23歳/彼女21歳/交際3ヶ月目に体験したドライブデートの失敗)

沈黙が続いて息が詰まりそうだった

恋人と二人っきりになれるのは嬉しいものの、会話のネタが切れても逃げ場がないのがドライブデートの辛いところ…。

お互いのことを知るために手探り状態の恋愛初期は特にそうですが、長く付き合っているカップルでも、マンネリ時期に突入しているとドライブ中にシーンと車内が静まりかえり、気まずい空気に包まれるものです。

遠出するときはもちろんのこと、近場へのドライブでもデート前に会話のネタを用意しておいたり、沈黙を回避するゲームを覚えておくと安心です。

無言に耐えられずデートを終わらせた

付き合う前にドライブデートに誘って大失敗しました。途中から会話が全く続きません。何か話そうと思っても頭が真っ白で息苦しくなり、わずか2時間でギブアップ。急用ができたと嘘をついてデートを切り上げました。
(当時/自分26歳/彼女25歳/付き合う前に体験したドライブデートの失敗)

助手席で眠ってしまった

好きな人とドライブしていれば、緊張や嬉しさから眠ってしまうなんてあり得ないことと思っていても、その緊張が精神的な疲労に繋がり、眠気を誘う原因になることがあります。

また、付き合いが長いパートナーや結婚相手とドライブしている場合は、リラックスし過ぎてグーグーと助手席で眠りこけ、運転手のヒンシュクを買うことも…。

ドライブ中に熟睡する彼女

熟睡してしまった

緊張して会話が続かなかったので、「ちょっとだけ眠っていい?」と断りを入れて眠った振りをしようと思ったら熟睡してしまい、気づいたら目的地で起こされました。
(当時/彼24歳/私21歳/交際2週間目に体験したドライブデートの失敗)

事故を起こして不安なドライブだった

しっかり左右前後をミラーでチェックして、自分では万全な態勢で運転していても、対向車線や横を走行している車がぶつかってきたり、ほんの一瞬目を離しただけで信号を見過ごしたり、対向車線をはみ出したりすることがあります。

バスや電車などの交通機関にくらべて、割と自由がきくドライブはとっても楽しいですが、事故を起こさないように途中で休憩をして疲れをとるなど、運転手への気遣いもデート中は忘れずに!

慣れない運転でトラブルを起こした

免許を取ったばかりの彼氏と淡路島までドライブデートに行った時の失敗談です。

レンタカーで行ったのですが、なんと、駐車場にバックで停める際に柱に激突!スピードは落としていたので二人とも怪我は無かったのですが、車に傷をつけてしまいました…。
保険に加入していたので請求された金額も少なくすみましたが、ぶつけた瞬間はかなりヒヤヒヤしました。

その後、ドライブ中もずっと彼氏の運転が不安で楽しめませんでした…。(当時/彼23歳/私23歳/交際1年目で体験したドライブデートの失敗)

車が故障してしまった

ドライブデート中に車の故障

ちょっとしたことで壊れることはないものの、車は機械なのでドライブ中に故障する可能性は十分あります。人里離れた山道を走行中に車両トラブルが起きたら大変…。そんな非常事態に対応できるアイテムを車に積んでおいたり、ドライブデートをする前に車両点検を忘れずに!

エアコンが壊れて最悪だった

付き合い始めて間もない頃、遠くにドライブデートしたときの失敗談です。真夏なのに途中で車のエアコンが故障して、窓を開けても風がモワッと生温くて暑くて汗だくなり最悪でした。

彼女の機嫌も悪くなって本当に辛かったです。今では「あんな事もあったね」と笑い話になって、ある意味、いい思い出作りができたかも?(当時/自分24歳/彼女21歳/交際2週間目に体験したドライブデートの失敗)

出発直後から最後まで失敗が続いた

「星が綺麗に見えるスポットに行って、帰りに近くの温泉で温まろう」と彼氏からロマンチックなドライブデートに誘われウキウキ気分で出発したものの、すぐに車酔いとの戦いがはじまり、その後、最後まで失敗の連続だったカップルの体験談を順番に紹介します。

失敗1/激しい車酔いに襲われた

まず、私が失敗したは「乗り物酔いをする体質なのに、酔い止めを飲まなかったこと」です。

ドライブが始まって30分も経たないうちに激しい吐き気に襲われて、我慢できずに車を停めてもらい、コンビニのトイレに駆け込みました。車内で失態を曝すのは避けられましたが、その後、1時間くらい一言も話せず、ただ遠くを眺めていました。

失敗2/情報チェックを怠った

次の失敗は、彼が温泉の場所の定休日を調べていなかったこと。固く閉ざされた入り口で、2人揃って膝から崩れ落ちました。

予定を決めずに行き当たりばったりのドライブデートも楽しいですが、「食べる・乗る・観る」など何かしら目的があって遠くまで車を走らせたのに、事前の情報チェックを怠ったばかりに失敗するケースがあります。

店の定休日

現地に着いたら「休みだった」「プログラムが変わった」「閉店していた」など、楽しみにしていた分、落胆も大きくなります。

「面倒くさい」「いつも通りのはず」「何とかなる」と油断せずに、ドライブデートの失敗を回避するために確認は忘れずに!

失敗3/天気をチェックしなかった

最後の失敗は二人揃って、当日の天気を細かく見ていなかったこと。満点の曇り空で星なんてかけらも見えませんでした(笑)

このカップルは失敗3連続のドライブデートを体験したことによって、その後、更に仲良くなれたとか

ドライブデートで失敗したけど仲良しです

私の車酔いから始まった最悪なドライブデートでしたが、彼氏は終始、優しく笑顔でいてくれて、予定していたプランが駄目になっても苛立つ様子をかけらも見せませんでした。

また、「星が見えないなら…」と夜景の綺麗なスポットに連れて行ってくれた気の利くところを知って、「この人となら、ずっと仲良くトラブルに見舞われても乗り越えていけそうだ」と惚れ直しました。

今は結婚して夫婦です!あの大失敗ドライブの時に感じたことは間違いではありませんでした。大変な事態に陥った時こそ、その人との本当の相性がわかるんだなって思います。(当時/彼34歳/私27歳/交際一ヶ月で体験したドライブデートの失敗)

交通違反をした彼氏の怖い本性を見てしまった

ドライブデート中に窮地に追い込まれたとき、普段はとっても穏やかで優しかった彼氏が想像もできないほど恐ろしい本性をあらわしたことにより、別れに至ったカップルの失敗談です。

運転は性格が出ると言われていますが、このカップルは停車した場所が悪くて破局を迎えることになりました…。「あの場所に駐車していなければ…」「電車で行っていれば…」と彼氏にとっては悔やまれるドライブ関連の失敗だったかもしれません。

違反したのにキレる彼氏に冷めました

今までデートは電車や歩きでしたが、親から車を借りた彼氏が張りきって迎えに来てくれました。都内から横浜までドライブをして、中華街で食事をするために路上に駐車し、食事を終えて戻ってくると違反切符を切られていました…。彼氏はパーキングメーターの使い方を知らなかったのです…。

テンパってしまった彼氏は、警察に電話して「何でだよ?」を連発し、自分が交通ルールを破ったことを棚に上げてイライラがしっぱなし。

挙句の果てに、自分は運転席に座ったまま、私に駐禁スタンドを動かすように指示してくる始末。「重たくて動かせないし、そもそも動かすのも違法だよ」と指摘すると、さらに彼の怒りはヒートアップ。

普段は優しくて怒鳴ることもないのに、この件で彼氏の本性を見たような気がして、それ以降、距離を置くようになり別れました。(当時・彼28歳/私23歳/交際1年目で体験したドライブデートの失敗)

ガソリン代を支払う羽目になった

給油をされている車

電気だろうが、水素だろうが、ガソリンだろうが、車を走らせるには燃料が必要で当然お金も掛かります。いつも彼氏の車でドライブデートをしていて、ガソリン代も彼氏が負担してくれている場合なら、たまには彼女も支払ってあげたいところです。

しかし、最初から彼女にガソリン代を支払わせようと企んでいる確信犯はいかがなものでしょうか…。お金持ちにお坊ちゃま彼氏がドライブデート中におかした失態とは?

財布もガソリンも空っぽ状態でドライブした

実家がお金持ちの彼氏とは、いつも外車のオープンカーでドライブデートしていました。

ある日、デート中にエンプティランプが点いて、いつもはクレジットカードでスマートに給油をするのに、その日は様子がおかしい…。すると、彼氏から「実は長い間、仕事もせずに、親にお金をもらって生活をしているが、遣いすぎて怒られてガソリンの給油カードを取り上げられた」とのこと…。

車が止まると困るので、ガソリン代は私が払いました。父親には仕事をしていないのは内緒で、母親からけっこうな額を毎月貰っていたようです。もう幻滅…。
(当時/彼25歳/私22歳/交際1年目で体験したドライブデートの失敗)

いい思い出に変われば失敗もOK

いくら好きで堪らない相手だとしても、逃げ場のない車中で二人っきりで何時間も間をもたせるのは至難の業です。でも、沈黙した気まずい時間も道を間違えてケンカしたり、車が動かなくなって山道で立ち往生した失敗なども、すべて2人の歴史の1ページに刻まれる良い思い出として笑える日が来ますように!