初デートの緊張対策!心臓バクバクでもやりたい3つのこと

せっかくの初デートを緊張して失敗したという経験はありませんか?誰でも初めての相手とのデートは緊張するもの。はじめてのデートを成功させるための方法を紹介します。

初デートの緊張対策!心臓バクバクでもやりたい3つのこと

初デートの緊張との戦いを制す方法

彼氏との初デートは嬉しい反面、「2人はじめての食事中の会話が続くか」「マナーは大丈夫か」など、デート前の緊張はハンパなく高まります。

緊張状態がマックスに達すると本心が伝わりにくくなり、せっかくのデートが残念な結果に終わる原因にもなるため、何とか心を落ち着けて乗り越えたいものです。

デートをしているカップル

はじめてデートするときは相手だって緊張しているので、自分だけ焦る必要はありません。2人ともドキドキして相手の気持ちや状況を冷静にみる余裕がなくなって失敗しやすい「初デートの緊張対策」を紹介します。

常に笑顔を心がける

緊張がほぐれず硬い表情のままでいると、相手に拒絶感を与える「怖い顔」になって初デートで失敗する可能性が高くなります。

  • 顔がこわばる
  • まともに視線を合わせられない

こわばった表情や目線は「緊張が原因」なのに、デート相手には「怒っているのかな?」と不安を与えてしまうことがあるので要注意。

すべては「緊張によるものである」と伝えるなど、ちゃんと自分の態度をフォローしておかなければ、確実に相手は「デートに失敗した」と思い込んでしまい、その「誤解」が次のデートに誘われるチャンスをつぶす原因になることもあります。

デート中に笑顔の女性

 顔の筋肉が緊張でこわばっても「笑顔でいる」「笑顔を見せる」ことだけは強く意識しましょう。

しかし、ずっとニコニコしているのは不自なので、視線があったときにニッコリ笑います。それだけで、その日のデートを相手が思い返したときの印象は大きく変わります。緊張する初デートだからこそ、「またデートしたい」と思わせるパワーがある笑顔を忘れずに!

会話のネタを用意しておく

デート中に会話が途切れ、ずっと沈黙が続く気まずい瞬間。話かけても返事ひとつで終わってしまい、会話が弾まなければ自分も相手も楽しいどころか息苦しく、初デートは完全な失敗で終わってしまいます。

緊張する初デートの悩み

「言葉が出てこない」

「会話が続かない」

いくつか話題をリストアップしておくと「デート中に沈黙がずっと続く」という最悪の事態を避けられます。

 ただし、話題のピックアップにはルールがあります。初デートに限らず、自分の印象がマイナスになるNGの事柄は、どんなに沈黙を破りたくても口に出してはいけません。

OKの話題 NGの話題
家族構成 悪口
仕事 過去の異性関係
ファッション 自慢話
趣味 暗い苦労話
学生時代の思い出話 結婚願望

初デートでは深掘りし過ぎすぎないように注意しながら、「OKの話題」で会話を広げるキッカケに用いてみましょう。

自分だけ話をして何とか盛り上げようと考えるのではなく、相手の話をよく聞いてあげることも緊張しているときに上手くやり過ごすポイントです。

「緊張しています」と宣言する

初デートに緊張する二人

笑おうと思っても、話をしようと思っても、リストアップしてきた会話の話題さえ緊張で飛んでしまい、頭が真っ白になるほどの緊急事態になったら思い切って自己開示するしかありません。

こんな時に有効な対処法

笑顔も無理!会話も無理!緊張がマックスでSOS状態のとき

止まらない緊張を隠そうとしても解決できません。不自然な言動がかえって相手に誤解を与えてしまうので「嬉しいのに恥ずかしくてドキドキが止まらない」と彼氏に宣言してしまったほうが、お互いに気が楽になります。

彼氏の気持ちに余裕がある場合は、デート中も彼女の緊張をサポートしてくれる可能性も高まります。実は気持ちを打ち明ける「素直な姿はカワイイ」と男性には好評なのです。

手を繋いでいるカップル

緊張から素っ気ない態度をとってしまった

憧れだった高校の先輩と大学で再会し、やりとりが弾んで付き合うことになったのですが、初めてのデートでは緊張しすぎてガチガチになって会話もまともにできませんでした。

手を繋いでも手汗が恥ずかしくてすぐに離してしまったり、話題を振られても「うん」「そうなんだ…」と素っ気ない返事しかできなかったりと、すごく失礼なことを連発しました。

先輩は優しいので気にしてないふりをしてくれましたが、緊張が原因で気を遣わせてしまった最悪の初デートでした(当時の年齢/彼氏22歳・私19歳)

食事をしているカップル

緊張でお腹が大変なことになった

緊張しすぎて空気を飲み込んでしまったせいで、デート中に大失敗しました…。途中からガスでお腹がパンパンに張ってきて我慢していたのですが、ちょっとしたタイミングでオナラが出てしまって止まらなくなってしまったのです。

恥ずかしくて堪りませんでしたが、彼氏はスルーせずに笑い転げてくれたので少し救われました。(当時の年齢/彼28歳・私25歳)

緊張を隠そうとして空回りした

初デートで緊張しすぎていることがバレないように、クールな態度をとっていたら、「一緒に居ても、つまらないんだね」と勘違いされ、彼氏が不機嫌になってしまいました。

これではいけないと焦り、楽しんでいることをアピールするためにマシンガントークをしたらドン引きされる始末…。緊張を隠さずに普通にしていれば良かったのにと反省しました。(当時/彼氏24歳/私21歳)

初デートで緊張するのは当たり前

相手のペースや好みや反応など、まだ手探り状態で「これから知ろう」とするための初デートで全く緊張しない人は居ないといっても過言ではありません。

「ドキドキしていることを知られたくない」と構えてしまうと余計に固くなってしまいます。手や声が震えたり、しどろもどろになって会話が続かないのが「お互いに緊張している状態の初デートでは当然のこと」と捉えておけば少し気が楽になります。