好きな人とのLINE・これ脈なし恋の行方が判る反応9つ

LINEで休みの日に何をしていたか訊ねてみても「寝てた」など、たった一言の短い返信のみだったら…。それは「脈なし」か?好きな女性の前では少しでも見栄を張ったり、話を膨らませたいのが男心です。

好きな人とのLINE・これ脈なし恋の行方が判る反応9つ

好きな人とのLINE脈なしパターン

好きな人とのLINEで「脈がない」と感じると、今後、彼とのやり取りを少し時間を置いて様子を見ながら恋のチャンスを待つか?それとも潔く諦めて次の恋へ目を向けるか迷いますよね。

ラインはメールより手軽に連絡が取れる便利なツールですが、望むような反応がなかったりすると「私に気がないのかな…」と不安になり、スマホの反応ばかり気になるものです。それでは「LINEの脈なし反応」をチェックしてみましょう。

1.既読スルーが続く

LINEもメールも同じことが言えますが、メッセージを受け取り読んだからといって「即レス」が必ずしも可能な状況にいるとは限りません。

しかし、相手の都合を考えて時間帯を変えたり、相手が興味を持っている話題をふったりなど、色々と試してみても既読しているのに反応がない…。そんな「既読スルー状態」が続くとなると「君と話をふくらませるつもりは無い」「あまり距離を縮めて来ないで」という、彼からの「脈なしサイン」であることを受け入れなければいけないかも…。

気になる女性からのメッセージに対しては、そう何度も放置しないものです。

既読ばかりのLINEに泣く女性

2.同じスタンプや5文字未満の返事が定番

仕事中などで明らかに手が離せない状態ではないはずなのに、返事が「うん」「そう」「へぇ」「ふ~ん」「あはは」「なるほど」「了解」「ラジャ」といった5文字にも満たない短文だけだったり、いつも使っている同じスタンプだけだったら少しガッカリですね。

「過去には、ちゃんと返答してくれていた彼氏」のLINEの返答が「短文のみ」に変化してきたら「冷めてきたよ」というシグナルかも。

また「他の女性に対しては会話として成り立つメッセージを送っている男性」の場合は「脈ないんだよね」というサインの可能性大。「とりあえず反応だけはしておこう」という気遣いだけは感じられるので既読スルーよりはマシかも知れませんが、寂しい気持ちは募ってしまいますね。

不愛想な彼氏のLINE

3.とりあえず反応はあるけど…、必ず「後でね」という返答

メッセージを送れば、すぐに返事がくる。「あっ、返答がきた!」と喜んだのも束の間…、幸せな気持ちは長く続きません…。毎回「今から出掛ける。急いでいるからまたね。」とか「今、友達と一緒だから後でね。」と、必ず早い段階で「あなたとは今は話していられませんよ」と、やんわりと告げられ後回しにされ、その後、ずっと何時間も何日待っていても彼から連絡が来ることはない…。

女性にしてみれば「興味がないなら返事してくれなくていい!」と思いますが、このような反応をする男性の心の裏には「一回、反応しておけばウザいLINEを何回も送って来ないだろう」「邪魔されたくないから一言だけ返答しておこう」という計算が…。

4.自分に対して興味なし!「何も」質問されない

「週末は○○にお出かけして来たよ!」と、画像を送っても特にリアクションがなく、関係ない話題を振ってくるなど話題を広げようとしないのは興味がない証拠。

悪気はなく気が利かないだけもしれませんが、それはそれで問題ですね。

それに好きな女性が遠出をしたとなると「誰と出かけたのか」は、絶対に男なら気になるものなのです。

「誰と行ったの?」「男性はいたの?」「お泊り?」「車で?それとも新幹線?」等と、根掘り葉掘りとまではいかなくても好きな人に対してなら「男性と一緒だったかどうか」は必ず探ってきます。

5.質問しても無難な答えしか返して来ない

「週末は何をしていたの?」と、彼に気軽に話題を振っても「家の掃除」「家でゴロゴロ」などと、会話の続けようがない内容。

誰にでも答えられる返事しか返って来ないのは、気は許しているものの女性として見られていないかもしれません。

落ち込む女性

好きな女性への脈ありLINEなら?

「掃除→たくさんある小説の整理をして模様替えしていたよ」「ゴロゴロ→先週は仕事が忙しかったから、今日は何もせず充電する日にしたよ」など、少しでも相手に良い印象を与え、話題を広げようと表現にも工夫します。

6.既読スルーよりシビアな未読スルーが増える

既読スルーもかなりショックですが、その上を行くのが「未読スルー」

こちらは既読が付くのを待っているのにヒドイ仕打ちです。数日経っても、読んでさえもらえない未読のままのメッセージは落ち込みますね。

しかし、彼はメッセージを読んでいます。スマホの通知センターをonにすると、既読を付けずにメッセージが読めますもんね?

恋の対象外の女性から「これから会いに行くね☆」などと予想外の迷惑行動に出られたら、即、逃げるなど対処できるようにメッセージは読んでいることもあります…。

でも、もともとまったく興味が無いから返事を返すどころか「読んでいない」とスルーされてしまうのです。

7.一般的な社交辞令しか返って来ない

勇気を出して二人きりの食事に誘っても「みんなで○○へ行きましょう。いつが良いですか?」と、話だけは進めてくれる彼。一見優しくて脈ありに感じるけれど、何回も続くなら脈なし

二人きりで会ってくれないのは「女性としてお付き合いする対象ではない」というサイン。このタイプが厄介なのは社交辞令が上手で対人スキルが高いため、女性側が「好かれてる?」と、勘違いをしやすいところです。

「二人で行こう」と、ご飯に誘っても毎度のように「食事は大人数の方が楽しくて美味しいですよ。」なんてはぐらかされるようなら、その男の正体は天然じゃなくて腹黒かも。

8.彼からLINEが来ることがない

彼からLINEが来ないことに悲しむ女性

彼と普通にやりとりしているけれど、ふと気がついたら「あれ?いつも自分側からLINEしている」と気づいたら「脈なし」と考えましょう。

コワイ話ですが、仕事が出来て対人スキルが高い男性は「受け身で対応することが上手い」のです。そのため送られてきたLINEには几帳面に返事をします。だけど気が無い女性には自分からは送りません

そんな受け身スキルの高い男性が、男特有の「マメでは無いからLINEを自分から送らない」と考えるのは不自然です。

9.LINEのグループトークで自分だけスルーされる

LINEにはグループで書き込みトークできる機能があって、人数が多くても全員が同時にトーク内容を見ることが出来ますね。そのためサークル内で決めた連絡事項を瞬時に伝えたり、共有したいことを書き込める機能はとても便利。

大人数でやりとりしていて、自分が書き込んだ内容に「いつも触れられない」or「素っ気ない反応」なら「脈ナシ」の可能性は高いのかも…。グループ内なのにスルーするなんて、他のみんなにも解るのにヒドイ過ぎます(p_-)

脈なし男性とのLINEは距離感が大事

スマホに電話番号さえ登録していれば、相手がLINEに加入すると「お知らせ」が来て、それをキッカケにやり取りを始められるので、なかなか想いを伝えられない相手に突然メールを送るよりは連絡するハードルが低くなりますね。

しかし、普段あまり接点がなく、2人がまだ親しくない関係ならプライベートな部分に踏み込みすぎないようにして、LINEの頻度もよく考えましょう。

相手に戸惑いや拒絶感を与えず、距離感のバランスを保つためには大切なこと。最初は軽い近況報告をしあうメッセージでやり取りをして、徐々に相手の趣味に合わせた内容で話題を膨らませていけば、彼もやりとりを楽しんでくれるようになるかも。