LINEの返信が遅い男性が使う言い訳10コと対処法

メールやLINEの返事をくれない男性が使う言い訳で、もっとも多い10個をピックアップ。また、その言い訳の裏側にある男性心理や女性側の意見もあわせて説明します。「返信」の問題ってケンカの原因にもなりますね…。

LINEの返信が遅い男性が使う言い訳10コと対処法

LINEの返信が遅れた男がよく使う言い訳!

彼氏や好きな男性にメッセージを送っても、なかなか返信が来ないと『どうして返してくれないのかな?』『もしかして私、ヘンなこと送ったかな?』なんて、不安や心配が押し寄せてくるものですよね。

特にLINEは相手が読んだら「既読」と表示されるので『読んでるのになんで返事くれないの!?』とイライラもマックス状態になった経験のある女性もいるのではないでしょうか

そんな状況のときに、彼から返事が返ってきたら「どうして返事遅れたの?」と聞きたくなるものですよね。でも、男性が教えてくれた「返事が遅れた理由」って色々ありますし中には『嘘でしょ(笑)』と思わず言いたくなる特徴があるものも。

  • 「どうも信じられない」
  • 「これは信じてあげてもイイかな」

と思う、2つのパターンに分けて連絡をくれない男性が使う言い訳を紹介します!

これはアウト!やっぱり嘘っぽさを感じる言い訳

彼が返事をするのに遅れた理由はたくさんありますが「返事を打っている最中に寝たから」「見たけどテレビやゲームに集中して時間が経った」など本当のことを言いづらく、ついつい理由を作ることもあります。その中でも『アウト!』と言いたくなる言い訳を紹介します!

1.忙しくて返信できなかった

仕事で忙しい男

LINEの返信をしない言い訳が『忙しくて…』という男性は信用できない!かも。本当に仕事で忙しい場合は仕方ないですが、この言い方が1番手っ取り早く相手にも文句を言わせない効果がある言い訳です。

彼はこう思って言い訳をした!

仕事と言っておけば許してくれるかも…。

いつまでもズルイ手口を使っている男性も多いので『なんの仕事?』『仕事のジャマしたくないから終わったら返信して?』と、たまには抜き打ち検査をすることも大切ですよ

2.スマホのバッテリーが切れた

スマホのバッテリーって、インターネットを見ていたりゲームをしたりすると消費するのが早いですよね。これも実に便利な言い訳です。

いつも彼がバッテリーのせいにするなら…

彼にモバイルバッテリーをプレゼント!

「もうこれで大丈夫だよね!」と念を押して、相手に持ち運べる充電器をプレゼントして対策をしてください♪また「電池が切れた」と言ってきても『この前のバッテリー使ってないの?』と突っ込めばOKその言い訳が使えなくなる効果があります

女性にそこまでされたら、少しは返事が返ってくるようになるかもしれません♪

3.返事を送ったつもりでいた

スマホを動かす男性

慌てて返信をしたり通信状況が悪い場所にいたら「送信ボタンを押したつもりで押してなかった」「通信はしたけど送れなかった」という場合はあります。

そういう時は怒らないよう気をつけながら冷静に『じゃあ、エラーの画面をスクリーンショットで見せて』とツッコミを!

ウソの場合、彼はきっと怯えることになりますよ(笑)次から使わせないようにするためには『しっかり送ったか確認してね』『次それを言ったら怒るからね?』と冗談めいた感じで軽く注意することが必要です。

「本当に怒ってケンカになるかもしれない…」と思わせることが出来て、彼に気合を入れることができます

4.甥っ子がゲームをするから貸していた

彼は「携帯が手元に無かったからメッセージに気がつかなかった」と言い訳をするよりは、信頼されると思っているハズ。

ズバリ!彼の狙いって?

子供に使わせていたと言えば怒るわけにもいかない…

彼の甥っ子など小さい子供が近くにいない場合、帰省シーズンや夏休みなどの長期休み以外にこの言い訳が出てきたときは要注意!

すかさず『えー!そうなんだ?見てみたいから写真送って!』と言えば彼は悪い意味でドキドキすること間違いなしです(笑)

たまに言われるなら一応信じてもいい言い訳

彼らの苦しい言い訳は数あれど、たまに使ってくるのなら「一応」信じてあげてもいいかな?と思う遅れた理由を紹介します!

1.実は読んでいなかった

LINEに既読がついていても状況によってはちゃんとメッセージを読んでいるとは限りません。仕事中にバックヤードやトイレでこっそりと読んでいるのかもしれませんし、返事を書いている途中に休憩時間が終わったのかも。

内容を読んでいなかったり、メッセージ自体に気づいていなかった場合は許してあげてくださいね

返事が早く欲しいときは…

「直接電話してもいい?」と提案!

電話だったら相手が切らない限り、携帯が鳴り続けていますし取らざるをえませんよね♪

電話を取る男

また、これは彼が明らかにズボラな性格のときに起こりやすいパターンです。『メッセージ来たけど…、テレビ見たいから後でいいや!』『仕事中だけど気になるし、なんて来たか読むだけにしよ!』と思っている可能性大!

「仕事中には絶対に個人的なメールを見ない」マメなはずの男が言い訳にちょこちょこ使うようになったら怪しい気配があるのかも

2.会議中で返信できなかった

会議中やシリアスな場面で着信音が鳴ると焦りますよね。慌てて止めようとして通知をタップする場合もあります

でも、翌日にこの言い訳が返ってきたのなら…

ちょっと彼は怪しい行動をしているかも!

さすがに、1日中会議をしている会社なんてありませんよね

翌日まで返信がないのなら、この言い訳には大変ムリがあります!『そういえば、何の会議だったの?』と不意をついて質問をしたときにスラスラと答えられないようだったらやっぱり疑わしいです…。

3.緊急の連絡が入って返信するのを忘れた

「親しい人が事故にあった」などの緊急の連絡が入ればそちらに意識が行ってしまい返信を忘れることってありますよね。

それを防止したいのなら…

彼に「緊急、友達が事故」だけでも教えてもらうよう頼む!

返信が来ないことで『なんで返してくれないの!』と怒るのは、お互いにとって損ですよ

でも、毎度のように緊急事態が発生するようなら限りなくアウトに近いです。『アンタは映画の主人公かっ!』とツッコミ待ち…かも。

これはセーフかも。本心っぽい言い訳

送られてきたメッセージの内容によっては、返事をどうやって書くかアレコレ悩み時間がかかることがありますよね。『こうやって書いたら相手はどう思うだろう…』『こう言えばきっと喜んでくれる!』と、アナタの気持ちや想いを考えながら書いているハズ♪

1.深刻なメールに考え込んで返信できなかった

LINEの返信に悩む男

これは心からの言葉であることが多いパターン。ケンカ中のお怒りメールや2人の今後について重要な内容だと男性は恐怖を感じてすぐには返信できないことがあります。

送信ボタンを押したら…

『関係が終わるかも…』という恐怖がある!

ゆっくり時間をかけて考えておきたいところですよね。メールを送る側は「じっくりと考えてから相手に送信」をしたハズ。そのかけた時間と同じくらい待ってあげる気持ちでいることが重要です。

また、今後の2人に関わる大切な話は直接会って話をすることがベストです!もしかすると携帯をいじっているのはカレではなく、別の人間かもしれません

2.返信するのが面倒なので電話しようと思っていた

男性は女性ほどメールやLINE、電話が好きではない人が多いもの。付き合う前は「自分の彼女」とするのに必死でやりとりを頻繁にしていたとしても、恋人になった途端に安心してサボることもあります

LINEに消極的なカレには…

じゃあ、毎日はやめる?と提案をする!

やりとりをすることが面倒だと思う彼は、だんだんとLINEやメール自体を苦痛だと思うように!その気持ちがマンネリへとつながることがありますので、キッチリと2人のルール作りをすることが大事ですよ

3.「マメじゃないんで、ごめんなさい」

スマホを持って謝る男

これは1番正直な彼です。本当はウソかもしれませんが、言い訳ではなく謝罪を含めた申告です。こういうタイプの男性は「すぐ返信してくれる、してくれない」で愛情をはかることにムリがあります

浮気のサインがない彼だったら…

温かい目で見守って!

ケンカを避けるためには、冷静になることが大切!

男性は女性ほどメールやLINEに対してマメではない人が多いもの。そのときの気分によっては返信が面倒になることもあるのです

そういう時は、騒ぎ立てず深追いせずに少し待ってください。彼の言い訳の裏にある事情を見極められずに、しつこく本当のことを知ろうと質問攻めにするとそれがキッカケで大喧嘩に発展することもあります

少し前までは、メールどころか携帯電話もなかった時代。家の電話や文通でしか連絡が取れなかった時代でも、しっかりと恋愛をエンジョイしていたのですからせかせかせずに気長に構えることが長続きの秘訣ですよ♪