魔性の女になる方法・女の魅力をフル活用すべきポイント

溢れ出るモテ要素に男が群がる魔性の女。彼女たちの行動をお手本にして、モテる女を目指しましょう。一歩間違えると「嫌な女」になる危険はあるので加減は必要!魔性の女の魅力とお手本にするポイントを紹介します。

魔性の女になる方法・女の魅力をフル活用すべきポイント

男性を惑わす魔性の女になる方法

魔性の女という言葉の響きは、男を手玉に取る「女王様」のように、お色気たっぷりの魅力を振りまいているイメージがあるのではないでしょうか。実は、一見清楚に見える女性でも魔性の女の素質を隠し持っていることがあります。魔性の女の魅力を活用するポイントを紹介します。モテる女性を目指しているなら、ちょっとだけ試してみて下さい。

好きだと勘違いさせる行動をとる

「あの子、僕のことが好きなのかも」と、相手に勝手な勘違いさせる行動をとるのが魔性の女の特徴。そっと手や体に触れながら「太郎さんって、すごいですねー!」と相手の名前を言いながら長所をピンポイントで褒めることで、上手に勘違いさせることが出来ます。この罠にハマった男性は、いつの間にかその女性のことで頭がいっぱいに!

頑張っている姿をアピールする

か弱い女性を演出するのが上手な魔性の女のテクニックを恋に活用するなら、上手に甘えることが大切。重い物を持つ時は「重さ」をアピール。手がふさがってドアが開けられない等、男性が助けたくなる場面を意図的に作りましょう。

また、出来ないことを一生懸命やり遂げようとする姿をアピールするのも効果があります。男性は女性の健気な姿を見て、自然と手助けしたいと考えてしまいます。

がんばってるアピールをする魔性の女

魔性の女は、助けてもらった後は精いっぱい感謝の気持ちを言葉と態度で伝えるので、男性は「また何かあったらいつでも言って」と、自ら役に立つ男になってくれます。いつの間にか、何人もの男性が魔性の女性を助けているのは、彼女たちが甘え上手だからです。

相手に特別だと思わせる

「二人だけの秘密ですよ」「○○さんだから、言うんですよ」といった発言をして、「彼女にとって、自分は特別な存在なんだ」と、誤解させるのが魔性の女。「特別」や「二人だけ」という言葉に弱い男性はイチコロ。欲しいものを手に入れたいとき、おねだりをするときに効果がある魔性度倍増テクです。

特別感をアピールする魔性の女

相手に彼女がいても気にしない

相手が彼女持ちだったら、その男性との恋を諦めてしまうのが普通ですよね。しかし魔性の女性は気にしません。「○○さん、ステキですよね」「今度映画に行きませんか?」と相手を惑わせます。男性も返事に困ってドキドキしているうちに本命を忘れてしまっているなんて事も。好きな男性や気になる人には「恋は戦い」と積極的になってみるのも、魔性を身に付けるコツかもしれません。

芯が強くて自由気まま

しっかりと自分の意見や信念を持っていて、周りの目を気にせず流されない。それが魔性の女になるポイントです。女性としての弱さをだしつつ、男性の言いなりにはならない芯の強さがあり自由気ままに振る舞うことで、男性は翻弄されながら目が離せなくなってしまうのです。いつも男性に合わせてばかりの「いい子」でいるのではなく、ブレない姿勢を持つことは男性を惹きつけておくために必要な要素なのかも知れませんね。

上へ戻る