ソロ活上手がモテる理由!一人の時間を大切にする女子の魅力5つ

恋人や友人など他人に依存せず自立心を忘れない、一人の時間を有意義に過ごす女性の魅力的な要素とは?「彼氏がほしい」「モテたい」なら真似して損はなし!おひとりさま女子が男性ウケ抜群な理由の秘密を探ります!

ソロ活上手がモテる理由!一人の時間を大切にする女子の魅力5つ

ソロ活する女子がモテる理由!

『彼氏恋人ができたら、なるべく二人で一緒にいたい…。』世の女性はそう思うのが普通ですよね。

でも本当に男性が求めているのは、ひとりの時間をストレスと感じない、ソロ活上手な女性。

時間さえあれば、自分だけで趣味や旅行、食事に行ったり…。そんなひとりの行動を大切にする女性が人気を集めている背景には、どんな理由や秘密が隠されているのでしょうか?

その性格や価値観、生活面などの様々な要因から、男性ウケ抜群な魅力を持つ彼女たちのモテる条件を探りました!

彼氏や友人に依存気味な女性は、今の恋愛のスパイスとして、ソロ活を活用してみてはいかが?

1.自分の世界を持っている

彼氏や友達に対して依存心の強い女性だと、ひとりになると不安を感じたり落ち着かなく思ったりして、なかなか自分だけの時間の楽しみ方を知らないもの。

人気のワケは?

自分の世界を持っている
→自立心がある!

ピアノを弾く女性

一人の時間を楽しめるということは、自立できているということに他ありません。カフェや街中で一人になることに苦痛を感じない人は、精神的にしっかりとしている証拠です。

恋愛でベタベタし過ぎず適度な距離感を保てる女性は、男性から好感を持たれるもの。ソロ活上手な女性は、恋人ができても相手の男性に依存することなく、その心地いい距離を保つことができるのです。

2.心に余裕がある

ひとりで落ち着いて過ごす時間は、心を休めて思考を落ち着かせてくれ、その人間の心に余裕を生みだしてくれます。

人気のワケは?

余裕がある
→他人に優しくなれる!

カフェの戸外席で一人で微笑む女性

お互い浮気の心配もしないでひとりになれる関係は、恋人関係を長続きさせる上で必須とも言えます。

余裕があるからこそ、そんな信頼関係を築くことができ、男性も自由な付き合いができるというもの。常に気持ちに余裕のある生活を心がけたいものですね。

3.男性の考え方と似ている

一人の時間を大切にしたいと思う人は、どちらかといえば女性より男性の方が多い傾向にあります。

人気のワケは?

男性寄りの考え方だから!

犬と一緒に湖の見える場所に座る男性

『一人の時間も大事にしたい…。』と自分が思っていても、なかなか遠慮して言い出せないことはあるはず。そこで女性が『私も同じだよ』と言ってくれたらやっぱり嬉しいですよね。

▽自分に似ている考えの人間には親近感がわくもの。一人の時間を大切にする女性は、自由な生活を大切にしたい男性と波長が合うから人気なのです。

4.相手の趣味・趣向を大切にできる

男性は「女性には理解できない趣味」の一つや二つ持っているケースもあります。そのため、彼女ができるとその趣味に費やす時間が減るので、内心『どうしようかな…』と思っている男性は多いんです。

人気のワケは?

今まで通り、趣味に時間を費やせるから!

首からカメラをぶら下げた男性

一人の時間を大切にする女性は、相手の趣味を尊重する広い心を持っていることから、男性陣も我慢をせずに、自分もお一人様を楽しみながらお付き合いを進めることが可能になるのです!

『自分の時間も確保させてもらっているんだし全然気にしない!』こんな気さくな【お互い様精神】も、ソロ活上手な女子を彼女にする魅力的なメリット。

5.二人の時間がより楽しめる

どんなに好きな相手でも、四六時中ずっと一緒だと、やはり新鮮さがなくなって飽きてしまいますよね。

人気のワケは?

たまにしか会わない
→二人で過ごす時間が大切に思える!

一人の時間を大切にしていれば、当然二人でいる時間は短くなりますが、その分カレとデートで会うたびに、いつも新鮮で飽きない関係を築くことができるのです。

▽カップルになればマンネリや倦怠期をどう避けるかなど、様々な工夫が必要ですが、一人を大切にする女性は、自然と長続きのための対策ができているということになります。

たまには一人で過ごしてみよう!

どんなに大好きな恋人がいたって、人間誰でも一人の時間が必要です。一人になれる時間を作れないカップルは喧嘩も多くなり、別れる確率もグッと上がってしまいがち。

一人の時間を作ってさまざまな経験をすれば広い価値観、そして知識を身に付けられるので、自然と魅力的な女性になることができます。

今後恋人を作りたい女性も、今の恋愛を長続きさせたい方も、時にはソロ活上手になって、恋愛と自分の時間のバランスをとることをお忘れなく!