シートマスクはコスパ最高!全身に使ってもち肌ゲットするテク

便利な美容用のフェイスパック。顔だけでなく全身のスキンケアに使えば、シワシミ知らずのしっとり美肌ボディに!気になるパーツのケア方法を知りたい女性に、実はコスパ最高なパックの活用テクニック6つを紹介。

シートマスクはコスパ最高!全身に使ってもち肌ゲットするテク

シートマスクを使い倒せ!

一日の終わりに、美容成分がたっぷり入ったシートマスクで、美容&スキンケアをする女性は多いはず。最近では男性でも活用している方もいますよね。

そんなフェイスマスクですが、美容の国である韓国でつくられた商品では一枚30円など、非常に安価なものもありますが、高いものでは1枚500円からと少々お値段が張るものも…。

となると、そのままゴミ箱にポイッと捨てるのはもったいないと思いませんか?

——————–

今回は、その美容エキスや保湿成分をムダにしないためにも、使用済みのマスクを徹底的に使い倒すテクニックを紹介します!

シートパックを顔全体だけでなく全身にも使って、ぷるぷるしっとりの美肌ボディをゲットしましょう♪

1.リンパマッサージに!

オイルやクリームをつかって、皮膚に摩擦が、おきないようにして行うリンパマッサージ。むくみやたるみを改善するためにはとても効果的なケア方法です。

ここで、これらのマッサージクリームの代わりに、使い終わった美容マスクを活用してみましょう!

リンパのケア方法は?

1.使い終わったマスクを2回ほど折りたたむ

2.あごの下のくぼみにあて、右耳の下まで滑らせる

3.耳の後ろをこすり、首筋に沿って鎖骨の真ん中に下ろす

4.右の鎖骨に沿って、肩のほうへ流す

—–
▽左側も同様に行いましょう。

首筋をマッサージ

とろみ感のある美容液をたっぷり含んだシートマスクなら、よりマッサージのときの滑りも良くなります。

2.首の横じわケアに!

普段はつい忘れがちな首のケアですが、首は女性の年齢がとても出やすいパーツ。首のシワは、年齢を重ねるにつれての乾燥や潤い不足が大きな原因として考えられます。

首のしわケア方法は?

1.顔に使った美容マスクを折りたたむ

2.首の横ジワに対して垂直に塗っていく

首筋に手を当てる女性

あまり力を入れては逆効果になるので、下から上へ、残っている保湿成分を浸透させるように優しく撫でてくださいね。

3.デコルテの潤いケアに!

デコルテに手を当てる女性

鎖骨から胸にかけての部分をデコルテといいますが、女性の魅力をアピールするポイントのひとつ。この部分にシワやほくろ、シミができてしまうと、老けた印象が強く感じられてしまうのです。

デコルテのケア方法は?

1.折りたたんだマスクをデコルテになじませる

2.内側から外側へと優しく撫でていく

保湿成分がまだ残っているようなら、胸のあたりまで丁寧に拭くのもいいですね。

4.ひじの角質ケアに!

肘やかかとのカサつきや黒ずみは、古くなった角質がたまり、乾燥することによって起こります。

肘を手で触る女性

ひじのケア方法は?

1. マスクを左右のひじにそれぞれ20秒ほど置く

2. くるくると小さい円をかくように汚れを取る

—–
▽無理に力をいれないことがポイント!

ひじのしっとり感を取り戻せば、あのニット生地の服に腕を通すときの不快な引っ掛かりもゼロになります!

5.かかとの角質ケアに!

踵をマッサージする女性

特に乾燥しがちな冬の時期はもちろん、サンダルやミュールなどで足見せする夏の季節には欠かせないかかとケア。ここでは欲張らずにマスク1枚を1つのかかとに使って、一日ごとにケアする足を変えましょう。

かかとのケア方法は?

1. 使用済みのマスクをかかとに貼り付ける

2. その上にラップを巻き、靴下を履く

3. 三分程度放置する

剥がしたあとのケアとして、クリームで保湿するのが理想的です。

6.湯船に入れて保湿風呂に!

もし、かなり高い美容マスクを使った場合、やっぱりその美容効果は全身に使いたいもの。

ムダにしたくないなら?

シートをそのまま湯船にイン!

お湯の中に美容成分が溶け出し、保湿・潤い効果が体中に行きわたります。最後まで使い切れるこのテクニック、超高級マスクを使う機会があればぜひお試しあれ!

シートマスクで理想のボディに!

フェイスマスクとしての活用法のほかに、5つの使い方ができるシートタイプのマスク。「捨てるのもったいないな…。」「何か他に使えないかな…。」と思ったときにはチャレンジしてみて。

高~いお金を掛けなくても、美肌はちょっとした工夫で手に入れることができます。全身ぷるぷるしっとりのもち肌になって、男性を魅了するカラダの持ち主になっちゃいましょう☆