雰囲気美人になる方法・ただ美しいより圧倒的にポイント高い

雰囲気美人になる方法を紹介します。顔やスタイルが特別キレイじゃないのに、何ともいいえない「いい雰囲気」を醸し出している女性なる秘訣は、清潔感や凛とした品の良さ、人を包みこむ優しいオーラにあり!

雰囲気美人になる方法・ただ美しいより圧倒的にポイント高い

雰囲気美人になる方法

「○○だから…」という明確な理由はないものの、何故か、その人がいるだけで「良い空気感」が漂ってくる素敵なオーラを醸し出している、いわゆる雰囲気美人は佇まいや感じの良さが特徴で男女問わず人を魅了します。

なんとも言えない、人を包み込むような柔らかく温かい雰囲気美人のオーラを身につけるには、まず、雰囲気美人の特徴を知ることが近道です。

「キレイ」「カワイイ」など見た目の美しさは女性にとって永遠の憧れですが、整形手術など外科的な方法やダイエットなどをしなければ、持って生まれた容姿の特徴をそう簡単に変えることはできません。

でも、雰囲気美人にだったら誰でもなれるのです。しかも、「見た目(だけ)美人の女性」よりも恋愛や仕事や人間関係に於いて勝利を手にすることも可能に!

お世辞にも顔立ちが美しいとはいえない人、顔は可愛いのにモテない人、皆に「絶世の美女」と崇められながらも自分が醸し出す雰囲気に自信が持てなくて「雰囲気美人になりたい」と願っているけど方法が分らずに悩んでいる女性は必見ですよ。ほんの少し意識を変えるだけで実践できます。

それでは、雰囲気美人になる方法を紹介します。

美しい姿勢を意識してキープする

姿勢を正すのは簡単なことだと思っていませんか?実践してみるとわかるのですが、慣れていないと一日中、美しく綺麗な姿勢を保つのは難しいのです。ふとした拍子に気が緩むと、すぐに背中は丸まってしまいます。

猫背になりながらハイヒールでノソノソ歩いていては、メイクも髪型もバッチリ決まっている美人でも台無しです。どんな時でもピシっと背筋を伸ばしたキレイな姿勢は、とっても簡単に「雰囲気美人」をアピールできる方法のひとつ。

しっかり身についていないと気を抜いた途端にダランと肩が前に出てしまいますが、意識し続けることで美しい姿勢が定着します。さらに姿勢を正すことで腹筋と背筋が使われ、自然とお腹まわりがスッキリしてスタイルも良くなります。

立っている女性

もう一点、注意したいのは「脚」です。脚を開いたまま椅子に座って「ええ、そうなのよ。ウフフ」と上品ぶっていても、見た目と内面のギャップがあり過ぎて魅力的には映りません。最低限の女性らしさや恥じらいも雰囲気美人には欠かせない要素なのです。

雰囲気美人になる方法

・美しい姿勢で、凛とした雰囲気を醸し出す

表情や仕草を可愛らしくする

持って生まれた見た目の可愛らしさとは違い、誰でも努力次第で身につけられるのが仕草や表情の可愛らしさです。顔が整っていてキレイでかわいい人でも、不機嫌そうな表情ばかりしていて、乱暴でガサツな仕草が目立つ女性の雰囲気が美しくなるわけがありません。

可愛らしさを即アピールできるのは「笑顔」です。「女性の好きなところ」に笑顔を挙げる男性も多く、顔立ちは関係なく、楽しそうに笑っている顔は男女問わず人気の表情です。

笑顔の女性

ニコリともしない女性は近寄りがたく周囲の人も距離を置くようになりますが、明るい笑顔で接してくれる女性からは親しみやすい雰囲気が漂ってくるので声を掛けやすいのです。

雰囲気美人になる方法

・丁寧な仕草と明るい表情を心がける
・誰に対しても笑顔で接する

TPOを考えて振る舞う

外見が美人でも食べながら口を開けて大笑いしたり、物を粗末に扱ったり、上下関係などを完全に無視して馴れ馴れしい口調で話したり「やべぇ、超うめぇ!」など、下品な言葉遣いは「美しさの質が下がる」ので注意しましょう。

相手の話をよく聞いて、自分の話も落ち着いて丁寧に話し、周囲の空気を読んで声の大きさなどに気を配ることで雰囲気美人に一歩近づけます。

笑顔で話しかける女性

常識的で清楚な一面も雰囲気美人には欠かせません。時と場所、立場をわきまえた言葉づかいや立ち居振る舞い」から美しいオーラを醸し出しましょう。品のよい言葉づかいや物を丁寧に扱うことを心がけるだけでも、ゆったり女性らしい雰囲気を纏うことが可能です。

雰囲気美人になる方法

・場をわきまえた振る舞いで知的な印象を与える

不平不満や悪口を言わない

その場にいるだけで空気を和ませることができるのが「雰囲気美人」の特徴です。どんな人や状況に対してもポジティブに受け止め、雰囲気を壊す文句や信ぴょう性の低い噂話にはのらずに、他人が悪口を言いだしてもサラッとかわして話題を変えましょう。

愚痴ることが癖になるとキラキラしたオーラが消え、不平不満を口にしているときは注意していても口角が下がり、その表情が周囲の人の気分を害して雰囲気を壊すことがあります。

しかし、「雰囲気美人になるために我慢しなきゃ」と本音を溜め込んでばかりいては、ストレスによって気分が落ち込んでしまうなど悪影響を及ぼすことがあります。

リラックスしている女性

時々、信頼できる人にだけ話を聞いてもらったり、思ったことや感じたことをノートに正直に書いたりしてガス抜きをすることも、良い精神状態をキープして雰囲気美人であり続けるコツ。

誰かに話すことで気持ちの整理ができたり、アドバイスを受けて「こんな考え方もあるんだ」と良い方向へ考えがシフトするメリットは活用してくださいね。

雰囲気美人になる方法

・無理せず、本音は適度に吐き出しておく
・ポジティブな発言を心がける

普段、何気なく発言していることが前向きですか?「言霊」といわれるように、言葉のパワーが雰囲気に与える影響は思った以上に強いので、ポジティブ発言を意識しましょう。

雰囲気美人の魔法の言葉

・仕事が充実していて楽しい!
・素敵な人に囲まれて幸せ!

聞き上手な話し上手になる

話をしていても、ただ「うん、うん」と頷くだけで自分の意見を持っていない人や、逆に自分の話ばかりして他人の話を聞いてくれない人とは会話が成立しません。

笑いながら会話するカップル

愚痴はじっくり聞いてあげたり、不安を抱える相談事には励ましながら必要ならアドバイスをしたり、時にはくだらないギャグで大笑いしたり、厳しいツッコミを入れたり、相手の話をよく聞きながら自分の意見を整理してわかりやすく伝えたり、空気を読んで声色や声の大小に気をつかえる雰囲気美人のまわりには自然と人が集まってくるのです。

雰囲気美人になる方法

・「聞くとき」と「話すとき」のバランスをとる

清潔感のあるオシャレを楽しむ

雰囲気美人は目に見えないオーラで周囲の人を魅了しますが、見た目をなおざりにしていても良いということではありません。端正な顔立ちや完璧なプロポーションではなくても、周りに不快な思いをさせない「清潔感」や「品の良さ」は雰囲気美人の大切な要素。

お手入れが行き届いた美しい髪やキレイに整えられたヘアスタイル、規則正しい生活や潤いを感じる肌、汚れやマニキュアの剥がれがない美しい爪、ムダ毛を処理している脚など、丁寧なケアを普段から心がけていれば清潔感は漂ってきます。

カーディガンを着た女性

また、雰囲気美人を目指すのなら肌の露出が多い服や派手なファッションは控えて、清楚で品の良いデザインや色選びを心がけましょう。例えば、爽やかなパステルカラーやオフホワイト、きちんと手入れされた上質な素材に膝丈スカートやカーディガンといった育ちの良さを感じさせるコーディネートがおすすめです。

雰囲気美人になる方法

・清潔感を心がける
・だらしない印象を与えない
・品の良いファッションを意識する

見た目に自信がない人は「美人じゃないし…」「どうせ私は何をしても無駄」と諦めて地味な服を選んでしまいがちですが、それでは「卑屈なオーラ」を放ってしまいます。もっと自分に自信をつけるためにも身に着けるアイテムに気を遣い、お洒落を楽しみましょう。

全体はトレンドを意識した品のあるコーディネートでも、アイテムや色で遊びを取り入れて「品がありつつも、こなれている感じ」を意識しましょう。「私、お洒落になってきたかも…!」と思えるようになると自信が湧いてきて、負のオーラは消えていきます。

内も外も磨いて雰囲気美人になる

漂う雰囲気から美人オーラが出ている女性は、場所や立場をわきまえながら他人の視線や気持ちを意識しています。

顔立ち」そのものをガラリと変えるなら、整形手術をする方法もありますが「雰囲気」を美しくするために手術は不要です。すごく美人じゃなくても不思議と人を魅了するオーラが雰囲気美人から溢れてくるのは、以下、3つのことを実践しているからです。

1.自信を得る努力をする

2.卑屈にならずに諦めない

3.内面を美しく保つ努力をする

雰囲気美人になるには、自信を得るために卑屈にならず諦めないこと、内面を美しく保つために自分の気持ちと葛藤して勝つ努力をすることがポイントです。「外面」か「内面」一方だけに偏るのではなく「外面と内面」の両方を磨く努力を続けていくことが、雰囲気がかわいい美人になるカギなのです!

上へ戻る