『結婚を前提にお付き合いしたい』女性がしておきたい5つのこと

結婚前提のお付き合いをしていく女性が気を付けたい、「金銭面と生活面、彼氏の家族や花嫁修業」など結婚までにしておきたいことを参考に、幸せな結婚生活を送る秘訣を紹介します。

『結婚を前提にお付き合いしたい』女性がしておきたい5つのこと

彼氏と結婚前提で付き合いたい!

女性にとっての「結婚」は、人生のゴールではなくスタート地点。

一生を共に過ごす相手になるからこそ、結婚を前提にしたお付き合いでは遊び相手の女にはない要素が男性に求められています。また、結婚相手になる男性を良く知っておくことも大切なポイント

理想の結婚生活を手に入れるために、「女性が恋人のうちからやっておきたいこと」&「夫に相応しい男性の見分け方」を紹介します。ステキな家庭を築きたいなら実践しておきたい5つのことをチェック!

1.結婚生活をするためのお金を貯める

豚の貯金箱の前に10円硬貨を入れるカップル

結婚式と披露宴、新居の相談や家具の購入に引越しなど、結婚生活を始めるためには、お金がかかります。「愛さえあればお金は要らない」と言う女性でもやはり心配なこと…。

まずは、女性自身が貯金できるかチェック!「結婚資金は全て旦那もち…なんて女性は結婚を前提としたお付き合いをするつもりがなさそう」と男性からの厳しい指摘が!少なくても女性が生活できる分のお金は用意しておくこと。

それプラス彼氏がどのくらいの貯金できているか把握することがポイント!2人の貯金と稼ぎでどれくらいの生活レベルができるかしっかりと知って後悔しないように。

貯金があると

・経済力がある証拠
・計画性があって将来も安心

反対に貯金ゼロで、「ギャンブル好き」や「欲しいものは何でも買う浪費家」彼氏だったとしたら要注意!そんな男性とでも結婚したいという女性なら、カレに無駄使いを控えてもらい結婚の資金作りに協力してもらうようにお願いをすること。二人の将来のためにも人生プランを相談しておくことが幸せな結婚生活を送るカギ。

2.彼氏の家族と仲良くなる

家族全員が並んだ写真

結婚するということは家族になるということ。夫婦だけでなく彼氏の両親や兄弟、親戚との関わりだって出てきます。良好な家族付き合いをするなら、結婚前に彼氏の家族がどんな人たちなのかを知っておくことが大事!

できるだけ正式な機会を設けてしっかりと挨拶することが、彼の両親から認めてもらう秘訣!彼の両親にとって息子のお嫁さんは義理の娘になるから、できるだけ気に入ってもらいたいところ。

正式な挨拶で第一印象を良くするコツ

・派手にならない清楚な服装
・丁寧な言葉づかい
※品の無い女性と思われないよう失礼が無いように

もうひと押し!

・彼に「結婚を前提にお付き合いをしている」と紹介してもらう
—–
彼氏とカレの家族が結婚について意識するキッカケに!

特に彼氏のお母さんは親しくなっておきたい重要人物!ここでの良好な関係を築けないと嫁姑問題に発展してしまう恐れも…。結婚前から顔を合わせておくと多少なりともマシになるはず。

3.彼が子ども好きか見極める

結婚して子供が欲しいなら恋人の段階でカレが子供を好きかどうかチェックしておくこと。
子どもができたら当然子育てをすることになりますが、そんなとき子どもが苦手な男性だと非協力的になり大変な思いをする羽目に…。

子供と傍に座る男性

たとえば、デートで公園や海などに行ったときに、子ども連れの家族の光景を見て男性がどう思うか聞いてみましょう。子供好きだと分ければ、将来的に子どもができたとき育児に協力的かイメージできますよ。

彼氏の感想

・「幸せそうな家族」「あんな休日を送りたい」
→育児に協力的な男性
—–
・「大変そう」「2人の時間が邪魔されちゃうよね」
→子育てに向いてないかも…

また、彼の休日の過ごし方でも判別可能!せっかく2人の休みが合う日なのに、彼が趣味を優先させて彼女をほったらかしにするようなら子どもの面倒を見てもらえることは期待できないかも…。

4.花嫁修業をして家事を身に付ける

共働き夫婦なら家事の役割分担をしてもらいたいというのが女性の本音、それでも旦那の方が稼いで生活費を多く入れてくれている、専業主婦になりたいというのであれば、女性が家事をすることが増えるのは避けられません。

そうなったときに困るのは女性自身、結婚までに料理の基礎や掃除、洗濯など一般的な家事スキルを身につけておくこと。特に料理上手の女の人は「胃袋をつかむ」と言うように、男性が結婚を真剣に考えるきっかけに!

5.同棲やお泊り旅行など共同生活をする

恋人同士で週末のデートだけの付き合いだと、「猫をかぶる」「着飾った姿しか知らない」など、素の自分をさらけ出す機会はあまり多くありません。だからこそ真剣に結婚を考えているなら、お互いのことを知るためにも一緒に生活をしてみるのが1番!

居間の中で並んで家の設計図を見るカップル

短所を認め合う

・長い時間一緒に過ごしても苦痛でないか?
・彼氏の嫌なところを受け入れられるか?
—–
結婚してから後悔することがなくなる。

同棲を始めると家庭のルールや生活習慣のちがいからすれ違いが発生することがあるかもしれませんが、それを乗り越えられると結婚後の生活をイメージしやすくなるはず。

もちろん同棲する前に、お互いの両親への挨拶を忘れずに!

「本当にこの人と結婚してもいいの?」
彼氏が結婚相手にふさわしいか見極める

結婚前提のお付き合いをしているとき1番大事なのは、本当にこの人と結婚していいのか見極めること。ここで間違った判断してしまうと人生を棒に振る結果に…。それはなんとしても避けたいところ。

結婚後に「この人と結婚するべきじゃなかった…」と気づいても遅い。結婚前提にお付き合いするなら、「生涯を一緒に過ごすことができる相手なのか」よーく考えて後悔しない慎重なジャッジを!

いつまでも一緒にいられるベストパートナーとの出会いが見つかるといいですね。