恋は熱いうちに打て・勝負は出会ってから付き合うまでの3ヶ月!

恋をしたら「3ヶ月以内」に想いを伝えよう!片思いを両想いの恋に実らせたいなら告白するタイミングが重要に!「いまさら遅いよ」なんて悲劇の失恋をしないためにも、誰かを好きになったらすぐに行動開始!

恋は熱いうちに打て・勝負は出会ってから付き合うまでの3ヶ月!

タイミングが命!告白が成功する方法

「この人が運命の相手かも?」と、会った瞬間に思うくらい大好きな人に出会えたら、ちゃんとキモチを伝えて掴まえてしまいましょう!

相手が自分のことを好きだと分かっていれば、デートにだって簡単に誘うことができますが「脈のアリ・ナシ」が、イマイチ分からないと勇気が出ないものですね。

「フラれたらショック」「気まずい関係になったらどうしよう」と、悩んだり戸惑ったり…。「いつ告白したらいいの?」「タイミングは?」「時間帯は?」「場所は?」など、告白を成功させるために考えることがいっぱい!

でも、そんな風にグダグダ悩んでいるうちに「新しい彼女ができてしまった!」なんて想いを告げるまえに失恋してしまうかも!

告白の成功率をあげるコツは、出会ってから付き合うまで「3カ月以内」に気持ちを伝えること。

なぜ、3ヶ月以内がポイントになるのか?告白するまでの男性のキモチの変化を時間の流れとともに紹介します!

1.告白の成功率を上げるなら出会ってから3ヶ月以内

男女が知り合ってから告白するまでの期間と成功率の関係を調べたある調査によると、告白するまでの期間が「3ヶ月以内」と「それ以外」では、大きな差があるとのデータが!

☆出会ってから3ヶ月以内に告白すると成功率は80%以上!
☆反対に4ヶ月を過ぎると50%以下まで落ちる!

恋の成功率80%

ちなみに「どっちが告白するか?」に関しては、それぞれのプライドが影響することもありますが「男性から告白したとき」と「女性から告白したとき」では、成功率はほとんど変わりません!

だから「告白は男性からして欲しい」と思っている女性でも、3ヶ月以内に好きな人から告白される気配がないなら、自分から告白しないとチャンスを逃すことに!

2.どうして3カ月以内の成功率が高いの?

出会ってから日が浅いときは「もっと彼女と仲良くなりたい!知りたい!」そんな気持ちが彼の中に潜んでいます。これが恋愛感情と似ているとか。

見詰め合う男女

しかし、時間の経過と共にその気持ちもトーンダウンしてしまい、仲間意識や友情など”恋愛以外の感情”が芽生えてきます。

3か月過ぎると彼のキモチはこう変化する!

☆「友達として仲良くしたいだけかも?」
☆「他の女性のことを知りたい!」

「鉄は熱い内に打て!」という言葉がある通り、男性が1人の女性だけに注目できる期間はたったの3カ月!それまでが勝負のときなんです。短すぎる!!!

3.期限切れ前に!恋愛イベントでチャンスをつかむ!

日本には1年を通してたくさんのイベントがあります。

例えば、2月のバレンタインデー、3月のホワイトデー、5月はゴールデンウィーク、7~8月の花火大会やお祭りシーズン、10月のハロウィン、12月のクリスマスなど、どの時期でも3カ月以内に恋人同士で過ごすイベントが必ず訪れます。

イベント

イベントを恋に活用しよう!

☆デートに誘うキッカケや告白するチャンス

彼と出会っているのに、彼を誘うことなくイベントをスルーしてしまうと「誰か一緒に過ごす男性がいるんだろうな?」なんてカレが勘違いして、次の恋人候補を探し始めてしまうことも…。

4.出会ったら「3か月計画」をたてよう!

人によっては「3カ月じゃあ、早すぎる!」「自分のことをちゃんとわかってもらえるの?」と、考えるかもしれません。

でも、「いつか告白をしよう!」なんて考えではなかなか実行できないもの。それであっという間に3カ月、半年、1年と過ぎてしまい告白のタイミングを永遠に失う結果に…。

目標は!

出会って3ヶ月以内に付き合うこと!

カレンダー

カレンダーに目印をつけて「この日までには告白するぞ」と決めておけば、積極的&計画的なアプローチが可能に!

告白はできるだけ早めにしちゃおう!

告白の失敗でよくあるのが「新しい彼女ができる前に言ってくれればOKだったのに!」「友達だと思っていたから…」なんてパターン!

告白はタイミングがとっても大きなカギを握っているんです!

好きになった人が「彼女なしでフリーの状態」なら、さっそく作戦を練りましょう。出会ってから3カ月以内に、告白するタイミングは必ず訪れるはず。そのチャンスを逃さないためにも告白の決意はなるべくお早めに!