年下彼氏に結婚を意識させる方法5パターン

年齢差のある可愛いカレ。とはいえ年上の自分は将来のことを考えたいけど、相手が意識してくれずに悩んでいるという女性は少なくありませんよね。幸せのチャンスを掴むために女子がすべき5つのことを紹介します!

年下彼氏に結婚を意識させる方法5パターン

年下の彼氏はまだ若いけど、私は適齢期!
どうやったら結婚できる?

20代も後半に入ってくると周りの友達がどんどん結婚していき、特に女性は焦りを感じてしまうもの。しかし、自分の今の彼氏が年下で、結婚のことを意識してくれる様子があまり見られないと、ますます焦りは募るのではないでしょうか。

年下の彼氏を持つ女性は、カレが結婚適齢期になるまで待たなければいけないのでしょうか?その間にも確実に自分の見た目の老化は進むはずで、いつ訪れるかもわからないプロポーズを悠長に待ち続けるなんて。アラサーを目前にした女にとっては拷問のようなもの…


できることなら自分が「結婚したい!」と思ったときに、無理じいをせず彼にも同じ気持ちになってほしいものですが…。「そんな心の余裕も時間もない!」という女性に、今回は年下彼氏に自分を結婚相手として意識させる5つのポイントをご紹介します

思い切りの足りない優柔不断なカレに決意させるテクニックとは?中にはちょっと強引な方法もありますが、二人の関係を白黒ハッキリさせたいならぜひ参考に!

1.結婚のメリットをさりげなく伝える

「結婚することで独身時代に満喫で来ていた自由を取り上げられる」と考える男性は多く、そのことが彼の結婚の決意を鈍らせている場合は少なくありません。だからまず、その意識を変えて「彼に結婚したい」と思えるメリットを教えてあげることが大切です。

アナタと結婚することで得られるメリットは、きっとデメリットよりもたくさんありますよね♪

幸せな結婚をしたカップル

結婚するメリットは?

・共働きなら収入が安定する
・一緒に暮らせるから生活費が浮く
・お互いの家族が喜んでくれる
・仕事のやる気にもつながる
・生活リズムが整い、健康面での心配がなくなる

お互いに今よりも自由を失うことは避けられませんが、結婚することで得られる幸せはたくさんあります。若い男性の“結婚=責任”という考えを、アナタが“結婚=幸せ”だと思わせることができれば、きっと彼もアナタとの結婚を考えてくれるようになるハズ

ただし!

あんまり結婚願望を表面に出し過ぎるとそのプレッシャーから相手男性も逃げ出したくなってしまう可能性も…ベストなタイミングがあれば既婚者である友達の幸せエピソードを会話に織り交ぜるなど、あくまでさりげないアプローチの積み重ねが大事だと心得て!

2.「とりあえず」同棲を始めてみる

『結婚はまだ俺の年齢では早いよね~…』

のんびりこんなコトを言っている年下の彼には、少しハードルを下げて提案をしてみましょう。“結婚”ではなく“同棲”をすることを提案すれば『それならまだいいかな…』と、案外それはウンとうなずいてくれます。ここで同棲をスタートできれば、結婚への大きな一歩を踏み出せることに!

年下彼氏に甘える女性

同棲することで

毎日一緒に生活するから、彼の中で結婚に対する意識が高くなる!

「いきなり結婚」という大きなハードルを用意するのではなく、小さなハードルの「とりあえず同棲」から始めれば、男性も結婚に対して前向きに考えてくれるように!

「一緒に暮らす方が楽しい!」
「彼女と思った以上に上手くやっていけてる気がする」

同棲を通して彼女であるアナタに好印象を持てば、彼も『このまま結婚してもいいかな…』なんて思ってくれることも期待できます◎

ただし!

万が一、同棲によって相手に悪印象を与えてしまったら、結婚どころか破局の原因に繋がるリスクもある…ということは必ず念頭に置いておくこと。

また、場合によっては「結婚しなくても、このまま同棲を続けるだけでもいいかも…」と考える男子も多いため、くれぐれも同棲が惰性にならないよう「とりあえず2年間同棲する」などあらかじめ二人の間で区切りや目標を決めておくのがベストですよ契約更新を機に結婚を決めるカップルもいるみたいですよ!

3.手料理で餌付けする

「胃袋で男性の心を掴めば相手が離れていかない!」とはよく言ったもので、年下男子に結婚を意識させるにはかなり有効な作戦。美味しい手料理を作ってあげることで、彼は家庭的なアナタとの結婚を具体的にイメージできるようになるのです。年下の男性は生活力が充分に身についていないケースが多いため、手料理の効果はかなり期待できます

手料理が得意な女性

どうやって餌付けする?

彼が好きな食べ物+αで、栄養のバランスもしっかり考えたメニューを振舞ってあげる!

年下の彼氏と結婚したいのであれば「料理ができる」というのは必須条件。今からでも必死になって覚えましょう!胃袋をバッチリ掴んで、おけば確実に結婚への道は縮まります逆に、生活力が低く料理もまともに出来ない女性の場合、どの年代の男性であろうと向こうから「結婚したい」とは思われにくいので気を付けてくださいね!

4.「二人の」結婚適齢期を理解する

多くの女性には、自分の理想の結婚適齢期が存在しますよね。働きに出る女性が増えて晩婚化になりつつあると言っても、「ウエディングドレスを着るならキレイな内に!」と考えるのが普通のハズ。

しかし、年下の男性は自分の適齢期はまだまだ先だからと、結婚の「け」の字も意識していないことがほとんど…。そのため、自分だけの適齢期を意識するのではなく、二人にとっての結婚適齢期はいつなのかを明確にする必要があります。

結婚適齢期のカップル

二人にとっての結婚適齢期は?

・お互いに何歳までに結婚したいのか?
・子供は何人欲しいと思っているのか?
・一軒家は建てるのか?
・いつまで自由にしていたいのか?


※具体的に話すことで、ベストな時期が分かってくる!

例えば、彼がまだ20歳で彼女が25歳。『私は30歳までに子供が欲しい』と彼女が言うなら、最低でも29歳までには結婚しておかなければいけませんよね。そうなると、彼氏は24歳に結婚をしなければいけないということが具体的にハッキリしてきます。

今すぐに結婚は無理だとしても、お互いの考えを共有することで具体的な結婚時期がハッキリすれば、女性の中での焦りや不安は減るハズ。また、将来アナタとの結婚を真剣に考えているカレなら、お互いの適齢期に向けてより意識を強く持ってくれますよ

5.「別れ」を持ちだしてみる

これは本当の最終手段ではあるのですが、「結婚してくれないなら別れる!」という強行突破もひとつの選択肢ではあります。

ただしこの方法は結婚してもらえる可能性もあるのですが、そのまま別れてしまうリスクも否定できませんので、そこは覚悟して下さいね。

わざと喧嘩をする彼女

大きなリスクを負ってもいいなら…

別れを引き合いに『結婚して!』と逆プロポーズする!

この方法で結婚したカップルはたくさんいます。優柔不断なタイプだと『結婚を決断できる良いキッカケになった!』と考える男性も多く、結果的に幸せを手に入れるケースも多数。しかし、その一方で勝負に出たものの、あえなく玉砕し悲しい結末を迎えてしまった人も…

「このままズルズルと付き合っていても仕方がない!」
「時間がもったいないし、ダメだったら次を探したい!」

白黒ハッキリさせることを強く望んでいる女性じゃないと、ちょっと無理な方法かもしれませんね…。

お互いの気持ちを共有することが大事

年下の男性と付き合っていると、年齢が自分より若いから『結婚のこと、絶対考えてないよね…』と思ってしまいますよね。

しかし、相手によりけりではありますが、男性だって自分より年上の女性と付き合っていることは理解していますし、アナタが結婚を意識していることもちゃんとわかっています。若いからまだ一人で決断できないことがたくさんあるだけ…というケースも考えられるのです。

もし、年下の恋人に自分の気持ちを打ち明けず一人で焦っているのなら、一刻も早く本音を伝えるべき。お互いの気持ちを確認し合うことで、彼の意識もガラリといい方向へと変化していくハズですよ