プロポーズのタイミングを男性が決意する瞬間・キッカケ

プロポーズのタイミングはいつ何だろうなぁと、焦ることってありますよね。でも男性は反対に緊迫感を持っていません。具体的な理由がないと結婚しようと思わないのです。一体どんな出来事があればいいのでしょうか?

プロポーズのタイミングを男性が決意する瞬間・キッカケ

男性がプロポーズを決意するタイミング!

彼氏と長く付き合っていたり、適齢期でのお付き合いが始まったら誰だって“結婚”の2文字が頭に浮かびますよね。

でも、男性と女性では結婚への気持ちや年齢に微妙なズレがあるし、人によって考え方も違うから女性が「いつ結婚の話をしてくれるのかなぁ…」なんてヤキモキしてても男性は「まだ恋人の関係でいたいなぁ~」なんて思っている可能性があります。

でも、男性がプロポーズをしやすい瞬間が分かれば、ちょっとは気が楽になるし待てる期間も長くなるというポイントがありますよね


女性にとって1番ツラいのは、将来いつまで待てばいいのか分からない先が見えない状態の時ですよね。そんな時は自暴自棄になりやすく『もう待てないから別れてやる~!』なんてことにも…。

そうなっては、せっかく好き同士で付き合えたのに破局の道に一直線です

そうならないためにも…、

  • 仕事関係
  • 家族関係
  • 恋人との会話

この3パターンから、理想の男性がプロポーズをするタイミングを紹介します!

海辺で愛し合う男と女

仕事関係でプロポーズを決める場合

男性は、女性以上に“仕事”のことを意識しています。

なので、仕事の状況や環境によって求婚するタイミングを慎重に考えている人もいるのです。

1.転勤が決まった時

自分の仕事が順調だったのに、遠い場所への転勤が決まった!となると、付き合っている彼女との関係も、次の3択から選ばなくてはいけません。

  • 別れる
  • 遠距離恋愛をする
  • 転勤先へ着いてきてもらう

「別れる」という選択肢はあり得ないとしても、遠距離恋愛をするには不安なのでほとんどの男性は「転勤先へ着いてきてもらう」つまり「結婚をしよう」と決意するのです。

どうしてそこで結婚をするの?

遠恋で不安にさせるより結婚をして安心させたいから!

転勤は結婚を決意するのに、ちょうどいい理由とタイミングになります

いくら会社の仲間がいるといっても、遠く離れた慣れない場所での新生活は不安が付きものです。

おまけに彼女とも離れて暮らすので、今までのように会えなくなるわけですから、このタイミングで結婚を決める男性は多くいます。

告白しようとする男性

2.出世した時

  • 役職がついた
  • 給料が上がった
  • エリートコースに乗った

男性にとって、やはり仕事と結婚は直結しています。

自分が一家の大黒柱となって、家族を支えていく必要があるのですから「収入が不安定」な時は結婚をしようと決意しにくいものです

このタイミングで結婚を決意する理由は?

経済的に家族を支える自信がついたから!

家族を持てば、自分だけの人生ではなく妻になる女性の人生、いずれ生まれてくる子供たちの人生も背負っていく覚悟がなければなりません。

そうなると、最低限の安定した収入が必要になりますが、転職したてや若いうちはなかなかそうもいきませんよね。

同年代のカップルで彼が婚約をしぶっているのは、こんな理由も隠れているのです

互いに不機嫌なカップル

家族関係でプロポーズを決める場合

仕事と同様に、男性は家族を理由に結婚を決めることがあります。

では、どんな理由でプロポーズをするタイミングを決めるのでしょうか?

1.親が病気になった時

あまりいいキッカケではないかもしれませんが、どこかで結婚をすると「親が安心する」と思っている男性はたくさんいます。

病気で弱った親を見て「いつまでも子供のままじゃいけないんだな…」と自覚するかたもいますよね。

彼の本心は?

早く親を安心させたい!

両親が定年退職を迎えると、どんどん小さくなっていくのを感じます。

すると、余計に「もう、親に心配をかけてはいけないな」と思って結婚のタイミングを真剣に考えてくれるようになるのです

母親を介護する女性

2.兄弟が結婚を決めた時

今までハッキリと結婚を意識していなかったのに、身内で、しかも兄弟が結婚をすると“置いて行かれた”気分になり、結婚に対する意識が変わっていきます。

しかも親戚や親からも『○○君はもう結婚したんだから、次はアンタだね!』なんて言われる機会も多くなるので、よりリアルに意識しだすのです。

どうして意識が変わるの?

身近な存在が結婚をすると、自分の意識も変わるから!

結婚は年齢順とは限りませんが、やはり弟や妹が先に結婚をすると兄や姉は暗黙のプレッシャーや焦りが出てくるもの。そうなれば結婚を考えない訳がありません。

さらに兄弟に子供が産まれて自分が甥になると『子供ってこんなにも可愛いんだ!!』と、家族に興味や憧れを持つ男性も少なくないんですよ♪

彼の兄弟が婚約をしたって人は、恋人の意識や態度が変わってきているハズなのでプロポーズをされるチャンスがすぐそこに迫ってきているかもしれません

幸せな家族

彼女との会話でプロポーズを決める場合

彼女をキッカケに結婚のタイミングを決める男性の心理について説明します。

一体どんな行動や仕草で、そう思うようになるのでしょうか?

1.仕事で悩んでいる時

  • 仕事がツラくて辞めたい
  • 体調を崩して、今の仕事を続けられない

働いていれば、悩みや不満があったり苦しいことってありますよね。でも、あまりにも大変だと『もう今の仕事を辞めたい…』と思うこともあります。

すると、男気のある男性は『じゃあ、俺と結婚をして寿退社しちゃう!?』なんて、救いの手を差し伸べたくなるのです。

どうしてここで結婚してくれるの?

苦しんでいる彼女を助けてあげたいから!

女性は、結婚をすればパート契約や責任の比重が少ない仕事に転職することだってありますよね。

そうなれば、今の職場から受ける苦しみから解放されますし、何かあっても傍にいてあげることができるので彼も安心です。

部屋でくつろぐ夫婦の団欒

2.彼女の結婚願望を知った時

男性は女性と違って結婚に対して鈍感です。だからいくら心の中で『早く結婚したい~!!』と彼女が思っていても、なかなか気が付くことができません

そんな時『私、○○歳までには結婚したいんだ…』なんて、具体的な事情を彼女から言われるとやっと結婚に対して意識を向けてくれることがあるのです

どうして結婚を意識してくれるの?

彼女の結婚願望を知ったから!

男性が恋人の結婚願望に気がつかずに『まだ結婚したいって思っていないんだろうな』と、思われているのはよくあること。

なので、アナタから「結婚したいなぁ」なんて意思を伝えることで、彼も意識してくれますよ

結婚したカップル

プロポーズのタイミングや考え方も色々!

男性は「ただ結婚したい!」と思うだけでは、決意をすることが少ないのです。

  • 生活環境が変わった
  • 自分に家族を支える自信がついた

など、結婚をする資格があると考えた時に、プロポーズをしよう!と決意するのです。


同年代同士の女性と男性を比べると、どこか子供っぽさが残っているのが男性というもの。

結婚に対するリアルな感情や意識を持っていないことが多いので、いつまで経っても彼からのプロポーズは、お預け状態になるかもしれません

彼が自ら決意して話してくれるのを待つ!というのもいいですが、待ちきれなくなった時は彼女のほうから結婚についての話をして彼に意識をさせれば、ケンカや別れ話に発展せず幸せに2人で歩いていけるハズです