媚びる女の腹黒さがバッレバレ!男が嫌う女性の行動7つ

好きな人や「仲良くすれば得しそうな男性」に、上手く近づいて手玉に取ろうとしているのがバレバレ…。自分では「かわいい」と思ってやっていることが、実は男をどんどん遠ざけることに。

媚びる女の腹黒さがバッレバレ!男が嫌う女性の行動7つ

見られてる!バレている!媚びる女の特徴7

女性として愛嬌があるのは大事だけれど、それが特定の人だけに不自然に向けられると「媚びる女」と、嫌われてしまうことがあります。自分ではそんなつもりはなくても、もしかしたら周りから「媚びる女のレッテル」を貼られているかもしれません。

また、上手く取り入るために男性を持ち上げる習慣がついている女性は、やり方に気をつけないと男性からも嫌われる傾向が…。媚びて男性に嫌われる女性の特徴7つ!

特徴1
男性を過剰に褒めまくる

手っ取り早く男をおだてる方法として挙げられるのが「褒める」ことです。しかし、媚びる癖がついている女性は「さり気なく男を立てる褒め方」できずに、過剰にホメる傾向があります。

いくら男性が女性に褒められることが大好きな性質をもっていたとしても、その過剰さは「もしかして俺、馬鹿にされてる?」「何かウラがありそう」と、警戒されるのがオチなのです。

男性を過剰に褒めまくる

男の感想

「何が欲しいの?何にもあげませんけど!」

特徴2
自分が「得するもの」をくれない人は相手にしない

周りから嫌われてしまう「媚びる女」は、すべての人に態度や言葉でゴマを擦るのではなく「自分に何らかのメリットを与えてくれる人を嗅ぎ分けて「人を選んで」感じの良い態度で接する」特徴を持っています。

仲良くしても仕事や遊び、人間関係など、何ひとつ自分に得するもの備えていないと判断すると、驚くほどクールな態度で接します。

男の感想

その裏表が激し過ぎる姿、見られていますよ。

特徴3
語尾を伸ばして男性に頼みごとをする

語尾を伸ばして男性に頼みごとをする

媚びる女性は、自分のか弱さアピールをするべく「荷物が重たくて持てないから持ってぇ~☆」、「ペットボトルの蓋が開けられないから開けてぇ~☆」など、何かにつけて男性に頼みごとをしています。

特徴的なのが、その話し方。語尾を必ず伸ばして甘ったるい口調で、女性らしさや可愛らしさを演出しようと企んでいます。

男の感想

・「ねぇ」「あのぅ」「いや~ん」
※この3つの話し方も得意ですよ!
※上目づかいもセットで騙されそうになります!

特徴4
人前で泣くことをためらわない

だいたいの女性は人前で涙を流すことをためらいますが、媚びる女性は人前で泣くこと特技とし「女ですもの、涙の武器は使わなきゃ損!」と、涙をポロポロ流します。

これまで数々の成功体験から「泣けば解決する」「かまってもらえる」「心配してもらえる」という自信があり、何かトラブルが発生したり物事がスムーズに行かなくなると泣かずにはいられないのです。

男の感想

大人なんですから…。
人前で泣くのは「ためらって」下さい!

特徴5
やたらと男性にベタベタしている

頻繁にボディタッチをされたら、どんな男性も「好かれているのかも?」と、勘違いしてしまいます。媚びる女性は「勘違いした男の恋心」を利用できることや、男性が何に弱いのかを心得ているので、自然に男にすり寄って手やら足やらネコのようにくっつけます。

やたらと男性にベタベタしている

男の感想

こっちも誤解されるので気安く触らないで下さい!

特徴6
上司や好みの男性の前だけ声のトーンが変わる

多くの女性が無意識にやってしまう行為のひとつですが、どんな女性でも、多少は男性に「媚びる気持ち」を持っているものです。ここで「一般的な媚び」と「日頃から媚びすぎる女性」の違いとは?という疑問が湧いてきます。

違いはあります!

「声のトーンが上がる」+「語尾を伸ばす」=「媚びる女」
※このような計算式が成り立ちます。

特徴7
男性と一緒だとリアクションが大きくなる


心の中では「ふんっ!ウルサイな!」と思いながらも、小さな子供や動物を見たとき、好きな人の側で誰かの話を聞いているときなど、大きなリアクションで反応して「無邪気な可愛い自分」を演出します。

体をクネクネさせ、やたらとジェスチャーが大袈裟になり、やはり声のトーンも上がり気味になっています。女性同士でいるときには見せない「スペシャルな反応」するか?しないか?は、媚びる女かどうかの分かれ道かも。

媚びる女が確定する4条件

声のトーンが上がる
体をくねらせる
満面の笑みor悲しそうな顔
女同士のときは見せない

※当てハマっていませんか?

上へ戻る