「付き合うのはナシ!」いい人どまりな男性にありがちな傾向5つ

「イケメンだし性格も良いけど彼氏や恋人にしたいとは思わない。無理」と言われる恋愛対象外の残念な男子の特徴を紹介。異性や男性としては見られないという女性の気持ちや、恋愛感情に発展しない理由をチェック!

「付き合うのはナシ!」いい人どまりな男性にありがちな傾向5つ

いい人どまりの男性あるある!

恋愛において、恋愛感情を持てない“いい人どまりな男性”に遭遇する女性は少なくないハズ。

恋人相手に安定感を第一に求める女性や、いつまでも友達のような関係でいたいならともかく、確かに人間として“いい人”という事実だけでは、恋人にするにはちょっと物足りない部分があります。

『あんまり彼氏がいい人過ぎても、刺激がないのもな…。』なんていう不安が付きまとうのが女心というもの。

今回は、女子にとっていい人どまりな男性のパターン5つをご紹介します!告白されても女性が『無理!』と断ってしまうその理由とは一体?

1.女性を知り過ぎている

『女性を知りすぎている』…これは、女性と付き合った経験数が豊富という意味ではありません。これは姉妹が多かったり、女性の多い空間で育った男性のことを指しています。

いい人の特徴!

女性に慣れ過ぎて「女友達」になってしまう!

女性と密着して話す男性

何事にも周りの女性陣に付き合わされて育ったので、女性の好みやオンナ心をよく理解しています。決して本人が女性的なワケではないのですが、美味しいスイーツや有効な美容法にも詳しく、女性の話題についてくることができます。

▽一見魅力的に見えるかもしれませんが、そういった話題についてこられる男性を、女性が恋愛対象と意識できるかどうかはまた別の話。付き合ってみても、男友達ではなく「女友達」としてカウントされてしまう可能性大!

2.安心感があり過ぎてスリルがない

恋愛に大切なのは男女間の駆け引き。多かれ少なかれ、なんらかのスリルが存在しなければ恋愛は長続きしないものです。

スケジュール帳を見る男性

いい人の特徴!

◆なんでもお願いを聞いてくれる
◆頼まれたら断らない

こんな男性では、付き合ってみたとしても女性はいずれ飽きてしまいます。

▽安心感というのは女性が男性に求めるもののひとつ。しかし、女性が完全に安心しきれる男性は、異性としては意識できなくなるのです。

3.八方美人で誰にでもいい顔をする

男性にこの表現が適切かわかりませんが、とにかく誰にでも愛想の良い人。遊びに誘うには最適ですが、いざ付き合うとなると考え物です。

カウンターで電話する男性

いい人の特徴!

◆誘われたら全てOKする
◆遊びに行くときは毎回率先して車を出す
◆誰にでも奢ってあげる

誰にでも良いカオをしているので、嫉妬深く独占欲の強い女性から見れば、恋人にはふさわしくないという認識をするのは当然かも。

▽恋人として付き合ってもそのままの性格なら、彼女の立場からは愛想を尽かしてしまいそうですね。

4.ギャップがない

男女を恋愛関係に発展させるには、女性側だけではなく男性にもギャップが必要です。男性の色気とは、ふとした瞬間に感じられるドキドキできる雰囲気…例えば「男らしさ」「頼り甲斐」とも表現できるでしょう。

いい人の特徴!

ドキドキする要素が少ない!

穏やかな笑顔で立つ男性

女性は優しいだけではいずれ物足りなくなってしまいます。時には強く押す男気や、冷たく引くような姿勢も見せてもらいたくなるもの。

▽つまり、場面によって雰囲気を切り替えるなどの多面性がないと、恋愛に発展する程の魅力は感じにくいということ。一瞬でもそのなかの一面でも垣間見えたなら、彼氏候補の座も夢ではなくなるのですが…。

5.聞き上手すぎる

男性が話を聞くのが上手過ぎると、つい自分の事をなんでもかんでも話してしまいますよね。その安心感に、最初の頃は『頼りになるな…。』なんて思っていても、あなたにとってカレが自分の全てを知るただの良き相談相手になってしまう可能性があるのです。

いい人の特徴!

話を聞き過ぎる&距離が近すぎる!

相手に見えない部分があってこその恋愛です。初めから全てさらしていては、友達関係から恋人関係に発展させることは難しくなります。

▽『相談を繰り返すうちに親しくなって恋愛関係に…。』なんて話も少なくないものの、あまりにも相談役に徹し過ぎて、お悩み相談室に成り下がってしまえば、その男性は本命に成り得ないのが実情。

いい人=(都合の)いい人!?

女性の言う「いい人」は、「(都合の)いい人」という場合が多いもの。

◆遊び相手や相談相手には適任でも、彼の為に尽くそうという気は起きない
◆便利という意味では傍に置いておきたくても、トキメキを感じる事はない

これらの特徴を持っているがゆえに、恋愛対象から外される「いい人どまり」の男性たち。本音としてはもったいないと感じても、やはり彼らとは無理に恋愛関係に発展させようとせず、程よく友人関係を築くのがベストかも?

上へ戻る