バレンタイン男の本音を暴露・嬉しくない迷惑チョコの実態

バレンタインの男の本音とは?告白のチャンスが巡ってくる恋のイベントに浮かれすぎて、相手への気遣いを忘れてはいけません。親しくない男性に高級チョコを贈るのは、一方的な愛情の押し売りと受け取られることも!

バレンタイン男の本音を暴露・嬉しくない迷惑チョコの実態

バレンタイン男の本音を聞いてみた

『バレンタインには絶対チョコを貰いたい!』と、意気込んでいる人がいる一方で、年に一度のバレンタインデーを目前に控えて憂鬱な思いを抱えている男性もいます。

付き合っている彼女や自分に好意を寄せてくれている女性からプレゼントされる”本命チョコ”、学校の女友達から贈られる”友チョコ”、職場の同僚などからもらう”義理チョコ”など、バレンタインデーに男女の間を行き来するチョコレートの種類には多々ありますね。


しかし、よくよく調査してみると『バレンタインにチョコを貰えるなら何でも良い』という訳ではないのが男性の本音ようです。

本命チョコを贈る女性だけではなく、義理チョコをバラ撒く予定がある女性にも知っておいて欲しい、バレンタインの男の本音を紹介します。

ハートとバレンタインチョコ

1.親しくない女性からの手作りチョコは困る

ハンドメイドの物はチョコレートに限らず、本命の彼女以外からプレゼントされることに抵抗を感じる男性が多く、残念ながら、どんなに心を込めて手作りしても喜ばれる確率は低いのです。

現段階で好きな男性と話すチャンスがなくて”親しい”とはいえない関係なら要注意。『バレンタインデーに秘めていた気持ちを告白されて、手作りチョコを渡されたけど重いし、何が入っているか分からないので怖くて捨てちゃった…』というドン引きエピソードに、手作りチョコへの男の本音が表れています。

手作りの贈り物がOKな相手

  • 自分が惚れている女性
  • 付き合っている彼女
  • 結婚している奥さん

手作りチョコレートを贈る場合は、彼との距離感を飛び越えていないかどうかを判断する必要がありそうです。

チョコを差し出す女子

2.共同で贈られる義理チョコは、お返しに困る

女性数人が割り勘で買ったバレンタインの義理チョコを職場や学校でプレゼントしてしまいがちですが、チョコレートを貰った男性の立場からすると”ありがた迷惑な行為のひとつ”なのです。


『勝手にプレゼントしてきた物に返す義理はない』という考えが強く、”お返し精神を持っていないタイプの人であれば問題はない”のですが、義理堅いタイプの男性の場合は事情が変わってきます。

女性と同じような感覚で、同僚と共同でホワイトデーのお返しをするわけにもいかずに、結局、皆を代表して自腹を切ってお返しをするべきか悩ませてしまうことに…。

3.告白して振られた相手からのチョコは困る

自分を振った女性からのバレンタインチョコレートほど、男性を戸惑わせるものは無いかも知れません。『振っておきながらチョコをくれるなんてからかってるの?』と、困惑させるのがオチで心底嬉しいとは思ってもらえないのです。

また、女性側にその気がない場合は、チョコを渡したことによって『気持ちが俺に傾いてきたの?』『えっ、脈なしから脈ありへ逆転?』と期待を持たせて諦めようと頑張っている彼の気持ちを乱してしまいます。


男性は一度、”振られた”という事実にプライドを傷つけられているので、あなたが振った彼のことを好きになったワケでもないのなら、義理チョコを贈るなんて無神経なことはせずにそっとしてあげて下さい。

落ち込んでいる男

4.高級チョコはホワイトデーのお返しに困る

一流ショコラティエが手がけて値段が数千円もする超高級チョコレートでもバレンタインデーには飛ぶように売れていますが、貰った側は嬉しい反面、驚いてしまうのです。

それは、相手が片思いしているアプローチ中の男性でも付き合っている彼氏でも同じ。『ホワイトデーのお返しの金額が下回ってはいけない…』と、妙なプレッシャーを相手に与えてしまう可能性があるので、彼への愛情を金額で示したいという想いはチョッと控えたほうが良いかも?

5.駄菓子屋で買ったような安いチョコへのお返しに困る

値段の見当すらつかないような超高級チョコレートもお返しに困りますが、逆に値段の安すぎるチョコレートを贈るのも微妙なところ…。

あえて、気を遣わせないように安いチョコレートを選んでくれたのだとしても、お返しの必要性すら感じられない品物を贈られると、ホワイトデーのお返し選びに頭を悩ませることになります。

バレンタインに関して男性は、意外にも義理堅くて『相手に失礼のないように…』と、あれこれ考える傾向があるのです。

薄いチョコレート

6.友人へのチョコを託されても困る

告白が絡む男女のビックイベントともいえるバレンタインデーに、あまりモテないタイプの男性を呼び出して『これ、A君に渡して来て』と、男友達への橋渡しをお願いするのはかなり無神経な行動です。

『やっと俺にもチョコレートが貰える日が来た』と、内心ドキドキしながら足取り軽く向かった先で行なわれる、”配達員任命式”へのショックは計り知れません。

チョコレートは本人に直接、手渡しするのが基本のマナー。配達係としてバレンタインデーに利用される切ない男心に配慮を忘れないようにしましょう。

7.元カノからのチョコは反応に困る

別れた元彼女から贈られるチョコレートに相当困ってしまう男性は多いのです。元カノとの復縁を願っている場合はウェルカムですが、連絡もとりたくないほど相手に気持ちが冷めている場合は、後ろめたさを感じつつ放置せざるを得ない状況に追い込まれます。

『バレンタインだから…』と軽い動機でチョコを贈ったのだとしても、貰った側はそこまで気持ちが読めずに単純に困惑するだけ。また、既に新しい恋人がいる場合は、彼女に余計な詮索をされるので『別れたんだから余計な波風はたてて欲しくない』というのが男の本音なのです。

ハートを手に捧げる女の子

8.お返しありきのチョコは困る

ホワイトデーのお返しが目当てにしていることがバレバレで『三倍返し…、いや、十倍返しでも良いよ』と、見返りを催促されながらもらうチョコは嬉しくないのは当然です。相手によっては嫌悪感あらわに受け取りを拒否されてしまうかも?

本来、チョコレートがあまり好きではない男性であっても”バレンタインだけは特別”で、女性からチョコレートをもらえると嬉しくなり、逆に、貰えないと少し寂しく感じるのが男の本音なのです。


しかし、『何が何でもチョコが欲しいワケではない』という、微妙な男性心理を理解する必要があります。チョコレートを贈る前提にある”気持ち”が伝えられるかどうかが何より大切なこと。

気持ちをストレートに伝えたり、日ごろの感謝のメッセージが添えられたバレンタイン仕様のチョコの贈り物なら、より一層嬉しさを感じるものなのです。お世話になっている男性に”ありがとうの気持ちを伝えることが一番のポイント”です。

バレンタインは「お返し」を考えて!

チョコレートを贈られることが迷惑だと感じている男の本音に共通することは、ホワイトデーのお返しへのプレッシャーです。

ケチるつもりはなく、わざわざチョコを買いに行って、時間をかけて選んでくれて…、と、女性への想いに応えようとする気持ちをもっている男性も多いので、高級過ぎる、安すぎるチョコ、あまり接点がない男性への手作りチョコ、距離を置いている間柄の男性へのバレンタインデーの贈り物は控えたほうが良いかもです

上へ戻る