かわいい顔と美人顔の条件!整形せずにぷっくり涙袋をつくる方法

整形しなくても涙袋の作り方はとっても簡単!ほんの少し、下まぶたをプックリさせるメイクをするだけで見違えるように可愛い・キレイな顔に大変身!涙ぶくろをつくりたい女性は必見!

かわいい顔と美人顔の条件!整形せずにぷっくり涙袋をつくる方法

涙袋は綺麗な人・可愛い人の共通ポイント

「アイバッグ」とも呼ばれる「涙ぶくろ」が、ぷっくりしているのがセクシーでカワイイというのが最近の「可愛い顔や美人顔の」条件。

でも、残念ながら女性全員にこの「涙袋」があるわけではないのです。「涙袋」をつくるために、整形手術をうける人も増えていますが、リスクがありそうで怖いという女性の間に大浸透中の「整形しなくてもメイクで涙袋をつくる方法」を紹介します。

涙袋メイクはとっても簡単!効果もバッチリ!

メイクをする女性

ドラッグストアでは「涙袋用ライナー」「涙袋シャドウ」が人気を集めています。使い方がとっても簡単なのも人気のヒミツです。

涙ぶくろアイテムの使い方

涙袋をイメージしながら下瞼にシャドウやライナーを引くだけ!

さらに可愛く見せるプラステクニック!

目元が可愛い女性

涙袋メイクに限らず仕上がりを「ナチュラル」にすることが美しいメイクの鉄則。ラメやパールの配合量なども自分の顔立ちや雰囲気に合っているかしっかり確認しましょう。

シャドウやライナーの色選び

自分の肌色とトーンを合わせて、綺麗に見えるカラーをチョイスするのが色選びのコツ。

小麦色の日焼け肌

シャンパンゴールド系でラメがしっかり入ったモノでも肌から浮くことなく綺麗に見えます。

色白な肌

色はピンクベースのホワイト系で、パールたっぷりのシャドウがしっとり綺麗になじみます。

涙袋メイクをキレイに仕上げるコツ!

涙袋シャドウを塗ったら手鏡で近くから見るのではなく鏡を離してみたり、全身鏡を使い遠くからも確認することが美しく確実に涙ぶくろを作るコツ!

  • 涙袋メイクの塗りすぎは近くで見られるとギョッとされる
  • 控えめ過ぎると目立たない

これではせっかくの涙ぶくろ効果が得られません。何度か練習してシャドウやライナーの効果的な濃淡を見極めましょう!

涙袋のサイズが可愛い&美人顔のポイントに!

涙袋を持った女性

自分の目のサイズに合った雰囲気で涙袋を書かないと、とても不自然な雰囲気に仕上がってしまいます。涙袋メイクで「かわいい顔・美人顔」を実現するなら、ファッションや他のパーツのメイクと合わせてバランスよく仕上げるのが成功への近道。

何度かトライすると自分のベストバランスが掴めるようになりますので、積極的にチャレンジしてみましょう!

目が細くて小さ目

涙袋も小ぶりでかわいい感じにするのがバランス良し!

大きくパッチリした目

幅を広めに、たっぷりぷっくりした涙袋がセクシーで、おすすめ!