素直じゃない女「それお別れ一直線だよ」ダメダメ行動5パターン

『嬉しい』『幸せ』『大好き』など、聞いているだけでハッピーになれる言葉を意識して使うようにするだけで意地っ張りな性格に「可愛らしさ」が芽生え始めて愛され上手になれるかも!

素直じゃない女「それお別れ一直線だよ」ダメダメ行動5パターン

素直じゃない女のままでは彼の気持ちが離れていく!

男性にとって『こうしたい』『こうして欲しい』など、素直に感情や要望を伝えられる女性は可愛らしくて魅力的に映ります。

でもプライドが邪魔をしたり、相手に気を遣いすぎて「素直になる方法」やタイミングが分からずに『私って可愛くないオンナだな…』と悩んでいる女性も多いですね。

『ホントは彼に甘えたい…』という気持ちがある時に意地を張ってしまうと損をしちゃいますよ。

男性に愛される”かわいい女”になるために「素直じゃない女」の可愛げのない行動パターンを客観的に見てみましょう。自分の気持ちもラクになって幸せになれる秘訣に気づくはずですよ。

1.ツラいときでも『何でもないよ』と強がってしまう!

悲しい顔で何でもないと言う女性

男性は頼りにされることで自信湧いて頑張れるものなのですが、彼女が甘えたり頼ったりしてくれないと『俺ってそんなに頼りないの?』と次第に自信を失くしてしまいます。

『大丈夫だよ』という言葉には、彼に迷惑をかけたくないという気持ちが込められているのかも知れませんが『悲しいな。しんどいな…』と思った時は我慢しないで頼ったり甘えた方が彼も嬉しいハズ。

甘えることで「ギャップ効果」を狙おう!

☆いつも意地になっちゃう性格なら「たまに」彼へ頼ることで「可愛い一面」をアピールすることが可能。

普段から「助けて!」と、抵抗なくすんなりヘルプ要請をだせる女性とは違って「チョッとイジケタ女性」が少し勇気を出して甘えてみることで『意外と可愛いとこあるじゃん』と良い感動を彼に与えることが出来ますよ。

2.プレゼントを貰っても喜べない!

特別な記念日でもない「いつも通りの日」にサプライズとして彼がプレゼントをくれたとします。そんなとき本当はすごく嬉しいのに『どうしたの?まさか魂胆やうしろめたいことがあって罪滅ぼしのつもり?」と、クールに言い放ってしまうのは猜疑心が強すぎて素直になれない女性の行動パターン。

片手を差し伸ばしながら貰っておくと言う女性

『ありがとう』と言葉にできない原因は?

☆不満や言いたいことを抑え過ぎるクセがついている!
—–
※何かをキッカケに溜めこんでいた思いが吹き出してしまうため、大事なときに素直になれない可能性アリ。

彼は「ただ彼女を喜ばせたい」という思いで頑張ったのに、疑いを含んだ責める態度で反応されると『何だよ!喜んでくれると思ったのに…。嫌なオンナ』と、やりきれない気持ちになるのも理解できますよね。

3.記念日でも『一緒じゃなくて平気』と言う!

ベロを出しながら記念日なんて平気という女性

クリスマスや誕生日などの記念日はカップルが『一緒に過ごしたい』と思う日のはずなのに、マジメすぎる彼女はやはり相手の忙しさを気遣ってしまい『Xmasだからって一緒に過ごす必要ないんじゃない?」と、本心とは正反対の言葉を口にしてしまうことも…。

仮に彼がホントに忙しかったとしても『せめて記念日ぐらいは…』と、彼女と2人きりで過ごしたいと思い努力することだって苦にならないはず。

それなのに『一緒じゃなくていい』と言い切ってしまうと、彼は『本当に俺のこと好きなのかな?』と彼女のキモチが信じられなくなる可能性も。

『一緒に過ごしたい』と言葉にできない原因は?

☆拒絶されるのが怖いのかも!
—–
※過去にすっぽかされた悲しい経験をしたせいで本心を封印するクセがついてしまった可能性アリ。

心の古傷をいつまでも引きずって意地を張ってばかりいると「本当の幸せ」は手に入りません。『今度こそ!』と、再トライする図太い精神力で「かけがえのない時間」を大切に!

4.デート中に手をつなぐことを拒絶する!

単純にシャイな性格で『恥ずかしい…』という理由や『長く付き合っているのに今さら…』と、街でデート中に彼が手をつなごうとしたり寄り添って歩こうとするとサッと距離を置いてしまう。

手で静止しながら離れてと言う女性

本当は好きな人と腕を組んだりピタッとくっつきながら「守られている感じで歩く」ことへの憧れがあるのにキッカケも掴めず素直に手を伸ばすことも出来ない…。

デート中に手を繋ぎたいなら!

☆1回だけ勇気を振り絞る!
—–
※「1回目の壁」を乗り越えれば抵抗がなくなる。

手つなぎデートもカップルにとっては大事なスキンシップ。いつも拒絶してばかりでは彼が愛情不足状態に…。2人の仲を円満に長続きさせるためには肌の触れ合いも大切!

5.ケンカすると『もう連絡しないで!』と終りを告げる!

彼氏と喧嘩したときの「素直じゃない女性」の定番セリフ。本当は心配して連絡して欲しいのに、彼の気持ちや愛情を確かめるためについ口にしてしまうフレーズです。

よくあるのが『連絡するな!』と、ビシッと命令された彼が『彼女がそう言うんだから…』と様子を見るために言われた通り連絡をしないと『本当に放置するなんて…。もう私のことなんてどうでもいいのねっ!』と怒り狂うパターン。

この展開にはオトコも参ってしまいます。この状況を客観的にみると『連絡するなって言ったのは自分だろ!もうウンザリだ」と、彼の気持ちがトーンダウンしてしまうのも理解できますね。

状況を悪化させないために!

☆ケンカ中は白黒ハッキリさせる要求を出さない!
—–
※結局、自分が苦しくなって後悔するのがオチ。

連絡のこと以外にも「別れる宣言」も同じように自分の首を絞めてしまうアウトフレーズなので、心のどこかで『別れたくない』という想いがあるのならグッと我慢を!

「遠慮」&「彼への想い」にちょっとブレーキを!

可愛げがない発言や態度をとってばかりいる素直になれない女性になってしまう原因は『彼に甘えると迷惑かも…?』とか『彼が好きだから逆の気持ちを言って反応を確かめたい』というチョッと複雑な女心なのかも。

でも残念ながらその「本心」は彼にほとんど伝わらないと考えた方が良さそうです。

また最悪の場合「別れの原因になってしまう」こともあるので、好きな人に愛されてずっと一緒に居るためには「素直な女になる」ことは大切な条件のひとつなのです。