男が嫌いなプライドの高い女!特徴はこの6つ【これはモテない】

「一番カワイイのは自分!」「仕事も勉強では誰にも負けたくない!」「何が大事って、プランドが大事!いわゆるステータス!」と、心の中でひっそり思っているだけならセーフですが、態度に出すと確実にアウト!

男が嫌いなプライドの高い女!特徴はこの6つ【これはモテない】

「男が嫌いなプライドの高い女」評判ガタ落ち!

男性でも女性でも、自分を良く見せたい願望が強くて扱いづらい「無駄にプライドの高い女性」を苦手とし、嫌う傾向があります。では、どんな所が「プライド高いわ」と見極められるポイントとなり、モテなくなってしまうのでしょうか?

ガッチガチに「自尊心の塊」で身を包んだ誇り高い彼女たちがモテない理由を「男が嫌いな女性の特徴」から探ってみましょう!

1.どんな話でも自分の自慢話につなげてしまう!

おとなしすぎたり、自分の話ばっかりしている女性とは会話が盛り上がらず、男性もつまらなく感じてしまいます。「聞き役・話し役」をバランスよく心掛けることがモテる女子の秘訣!

自分大好き度チェック!

気がつけば自慢話ばかりしていませんか?

自分大好き女子

自慢話ばかりしている女性は相手の話をよく聞いていないため、悩みごとを相談してもアドバイスや励ましてくれる気配がゼロ!男性も「結局、大事なのは自分なの?」と感じてしまうことに…。自然と男性から距離を置かれてしまいます。

2.自分がミスをしても素直に謝らない!

仕事や約束事など、思わぬ失敗やうっかり忘れてしまって起きたミス。良くないことですが、誰でもこんなミスは経験してしまうものですよね。そんなときは、まず素直に謝るのが一番。

むっとした表情の女性

これでプライドの高さがバレる!

・「自分のせいじゃない…」
・「タイミングが悪くて…」
※なんて言い訳を並べて謝罪しない姿に男はドン引き!

男性は、とにかく「自分は悪くない」とアピールして自分を守ろうとする女性に、カッコ悪いプライドの高さを感じとってしまいます。ミスをごまかして自分を守る姿はバレているっていうこと!もちろん、男性から好かれるわけはありません。

3.空気を読めない…じゃなくて空気を読まない?

周りと一緒に協力して何かを始めたり手伝ったりするとき「私には関係ないんだけどぉ…」と空気を読めない発言をしたり、わざと足並みを揃えないことで目立とうとして「あえて空気を読まない行動」をする女性。一緒にいる男性はもちろん、女性も含めて全体の雰囲気は悪くなっちゃいます。

鼻をつまむ女性

自分に構って欲しいの?

・協調性のないワガママな行動が多すぎる!

こんな悪目立ちする女性に対して、男性はそのプライドの高さを痛感!一緒にいると疲れそう…なんて思われて、振り回される自分の姿を想像してしまいます。

4.謙虚さゼロ!常に勝負の戦闘モード

ネガティブで自己評価の低い人は、時として損に見られてしまうこともありますが、ある程度の「謙虚な姿勢は大切」ですよね。人に威圧的な態度をとったり、高飛車に振る舞ってばかりの女性から謙虚さは感じられません。

女王さま気取り…

・「私がエライけど、他はクズ!」と、戦闘モードの空気を漂わせている。

常に人と勝負をしているかのような、ピリピリとした空気の原因はプライドの高さからくるもの。男性もしっかりそれを見極めて、一歩引いてしまいます。「一緒にいても張り合って来られそう…」と、そっと恋愛対象外に。

5.ブランド・学歴・仕事内容!ステイタスが命!

「○○のブランドで見つけた財布なんだけど♪」「△△大学出身で□□会社に勤めてる友人がね」と、ブランドや学歴、仕事内容など、会話の頭に「冠」をつけて話す女性。

大事にしてるものって何?

・「肩書きとか、とにかくステイタス!」
※それだけで人や物を判断してしまうなんて人も…。

ステイタスを手に入れるためには、確かに努力が必要で立派なことですが、だからといってそれだけで「すべてを判断してしまう」ようでは、男性も「彼女のプライドを満足させるために利用されているのでは?」と、見透かされてしまいます。

特に男性にステイタス求めすぎると「俺をきちんと見てくれなそう」と、距離を置かれることになってしまいます。

6.努力の証?見下してる?
常に自分が1番じゃないと嫌!

仕事や勉強で努力して成功を収めたり、結果的に1番やトップの座に輝くのはとっても素敵で憧れちゃいますが、人を見下していて「自分が1番じゃないと納得できない!」という気持ちが強い女性は、ちっとも憧れの対象にはなりません

2番じゃダメなんですか…?

・何でもかんでもトップに立ちたがる!
※「プライドが高すぎる女」と、男は冷静に判断します。

男性だって努力を実らせた女性を素直に尊敬することもできますが、1番になれないとお酒を飲んで荒れ狂う、不平不満をぶちまけるなどの行為が激しいようなら「もし付き合ったら…」なんて想像するだけで疲れてしまい「彼女にしよう」なんて思えないのです。