本命の彼女になれる!もっと愛される!たった3つの恋愛セオリー

目には見えない彼の気持ちが信じられずに、つい彼の目を盗んでスマホを覗いたり、男性の予定を根ほり葉ほり問いただしていませんか?「本命の彼女」でいるためには、ドンと余裕で構えていたほうがいいみたい!

本命の彼女になれる!もっと愛される!たった3つの恋愛セオリー

愛されてることを実感できる本命彼女になる!

  • 『自分がホントに本命なのか?』
  • 『付き合っているのに片思いみたい…』

既に好きな人と恋人として付き合っている女性でも、彼を信じ切れず「不安定な彼女の座」に心が揺れ動き悩んでいることがあります。


また、つかず離れず友達以上恋人未満の微妙な関係で『彼には選ばれないじゃないか?』と、常に不安に怯えて自信を失っている女性もいます。

 彼女たちの願いはひとつ!「愛される本命彼女になること」。


せっかく、誰よりも好きな人の側にいるというのに「行動・態度・考え方」がズレてしまうと、幸せの道を踏み外してしまうことがあります。

愛し合うカップル

『私は愛されてる』『彼はワタシを恋人に選ぶはず』と、自信を持って彼との日々を安心して心から楽しく過ごせるようになるために守りたいことが3つあります。

1.「言葉」での愛情表現は控えめに!
「表情や態度」で想いを伝える

いつまでも彼の気を引きつけておくためには「あなた以外にもアピールしてくる男性はいるんですよ」と、多少のモテ盛り話や態度も必要。

相手に安心感を与えすぎないことが何より大切なこと。


しかし、サジ加減がわからず、彼に追いかけてもらいたい一心で不安ばかりを与えてしまうのは逆効果。愛情を疑われたり、彼を疲れさせ愛想を尽かされてしまうことも…。


「彼女は完璧にオレのもの」と、安心させないために「たま~に」いつもとは違うタイミングでメールを返信してみるなど、彼に「あれっ?」と一瞬だけ心配させる小ワザをかけてみて下さいね。

メールを送信する女性

LINEやメールの返信は?

■時々、わざと遅くする

 たまに彼へ不安を与える「刺激」を忘れない!

彼への愛は?

■「表情」や「態度」で伝える。

 ダイレクトに想いが伝わるので、冷たくした後のフォロー効果あり!

愛の言葉は?

■乱用しない。

 『好き』と言われる頻度が少ないほど、愛の言葉を聞きたくなる男性心理を煽る(あおる)ことができる。

2.彼を信じる!
不安に負けて「やり過ぎな束縛」をしない

つき合っている男性のことが大好きなほど『彼氏のことは全て知っておきたい!』という独占欲が強くなり、過剰な束縛に走ってしまう女性も少なくないですね。

でも、相手の行動を制限し過ぎると結果的に男性を疲れさせ、どんどん「本命の格」が下がり、その確固たる地位が危うくなってしまいます。

彼を愛し過ぎると湧いてくる願望

  • 携帯電話の中身を見たい
  • 「誰と」「どこで」「何のために会うのか」「何をしたのか」細かく知りたい
  • ○月○日○時は何をするのか(していたのか)、過去も未来のことも知りたい

少しでも彼からの連絡が遅れたり、デートをキャンセルされると『自分が知らないだけで、実は他の女性と会っているのかも…』と不安になり、ムリな要求や質問を彼にして困らせたことがあるのなら要注意!

 本命の彼女になるには、彼を信じてドンと構える心の余裕が大切です。

デートをしているカップル


しかし、年がら年中、彼の顔色を伺って『はい、ワタクシはアナタを信じております…』と、しおらしく「聞き分けのよい女」に徹する必要はありません。

どうしても不安な時は「誘導質問で真実を見極める」

 第1ステップ
まずは素直な本音を伝え、可愛げのある前置きする。

 第2ステップ
彼に身辺調査していることがバレないように、自然な流れで話を聞きだす。

以下は、例文です。

ごめん。信じていないようで嫌な気分にさせちゃうけど…、最近デートしたいとき、いつも仕事で会えないし…、

けど何だか大好きだから不安になっちゃって…

忙しくて大変そうだね。体調が心配だなぁ…。今、どんな仕事に取り組んでいるの?

会えない理由が「仕事」というなら?

はじめは信じて受け入れる

 「いつものこと」じゃなく、「はじめてのこと」「たまたまのこと」なのに、彼を疑って激しく責めるのは”避けられる原因になる”のでNG。

知りたい!という気持ちが抑えられないなら?

素直な気持ちを打ち明ける。

 「問い詰める」のではなく「状況を理解したい」というスタンスで接してみてください。

3.彼氏オンリーの自分を卒業する!
自分の時間に楽しみをみつける

趣味でも勉強でも、ひとつのことを深く探究して知識やスキルの向上を目指していると「彼にベッタリ」の状態を防ぐことが出来ます。

恋をすると「彼氏が趣味」になってしまうのは女性のサガなのかも知れませんが、それは恋を早く終わらせてしまうキケンを自ら招いているようなもの。


恋愛初期は、お互いに一秒でも長く一緒にいることを優先しますが、時が経つと仕事や勉強、友人や家族との付き合いなどに時間を割くようになるのが普通のこと。

 適度な距離感を保てるようになったほうが、恋愛も長続きしやすくなります。


本命の彼女としてずっと君臨するためには、彼氏以外のことで夢中になれる対象をつくり、恋人と一緒じゃないときでも心や生活を充実させられる自分になることが大切。

砂浜でバカンスを楽しむ女性

24時間カレが最優先では?

お互い苦しくなります。

「彼が知らない、彼女だけの時間」を過ごして精神的に自立できたことを実感できるようになると、自信も湧いてきて男性に対しても「良い意味での安心感」を与えることが出来るようになりますよ。

彼を愛する労力をムダにしない愛し方を!

好きな人を振り向かせたり気持ちを繋ぎとめるために、普段は冷静沈着でクールな人でさえ必死にさせてしまうのが恋の魔力。

また『愛してる』『大好き』というハッピーな感情の裏側には、必ずと言っていいほど負の感情がセットになるものですね。


  • 不安になる
  • 疑う

コレらの「負の感情」が強くなりすぎると?

  • 攻撃的になる
  • ネガティブになる

愛する人に嫌われる行動や思考になってしまいます。


愛し合う恋人

これでは、彼に大事にされる本命彼女になる夢は叶わなくなってしまうかも知れません。負の行動や感情も「彼を愛するがゆえ」のことなのですが、せっかくなら「彼を信じる」「明るい未来を考えてみる」など、良い方向へ進むために愛のパワーを使いたいですね。

そうすれば、きっと不安も少しずつ消えていき、彼との幸せな未来に辿り着けるハズ。

上へ戻る