「愛されてるか不安だなぁ…」と思う瞬間&愛されて嬉しい瞬間

どんなに相思相愛のカップルでも「彼氏の愛情が足りない!」と不安になる女性はいます。「もう、私は愛されていない」と落ち込むだけじゃなく「変化はあるもの」と心を軽くしてあげることも大切です!

「愛されてるか不安だなぁ…」と思う瞬間&愛されて嬉しい瞬間

私は彼氏に「愛されてる?」「愛されてない?」

大好きな彼と付き合っていると、何をしても幸せでキラキラした時期もあるし、愛を感じられなくて心細く寂しい気持ちになる時期もありますよね。

「気持ちは変わりゆくものだ」なんて思っていても、彼氏のことが好きでたまらないほど、少しの変化でも不安に思ってしまいます。

そこで、女性が思う「彼の愛を感じるとき」と、彼はもう気持ちが冷めちゃったのかな…。なんて「愛されてないと感じる」瞬間を5つずつピックアップしました。

「彼氏に愛されてる」と感じるとき

自分の気持ちが変わりゆくことは「仕方がない」と片付けられても、大好きな彼氏には一生自分だけを愛し続けて欲しいと願うものですよね。

「私は彼氏に愛されてる」と感じられることは、女性が感じる幸福感が内面からあふれ出て美しく見せてくれます。

幸せそうな顔をしている彼女のことを彼がもっと愛おしく感じてしまうのは、このためだったのですね。

1.手を暖めてくれたり、頭を撫でてくれたりする

冬の寒い道を歩いているときや、水仕事をして冷えたとき、彼氏が手を包み込むように暖めてくれるシーンはキュンキュンしてしまいますよね。

彼女の手を温める男性

彼の優しさに思わずほっこりしてしまい、心まで暖かくなってしまいます。

また、拗ねている時や何か嬉しいことがあった時など、彼に「頭をナデナデされる」と彼氏の愛情が全身に行き渡るようで癒されます。

2.他の男性にやきもちを妬いてくれる

職場の飲み会へ参加すると伝えたり、イケメンの店員さんと少しだけ話したりした時など、日頃ぜんぜん意識をしていない男性に対して彼が心配をしたりヤキモチを妬いてスネてしまう様子をみると、思わず彼氏が可愛いって思ってしまいますよね。

少しだけの束縛や嫉妬なら…

「他の人に奪われたくないんだ!」と女性も思う!

彼女もちょっとした優越感に浸ることも出来て、完璧と言っていいほどの愛情表現ですよね。

3.忙しいのに会いに来てくれる

仕事で帰宅する時間が遅く、休日もろくに取れない状況が続いている中でも、彼氏が『ほんの少しの時間でも会いたい』『顔だけでも見られれば元気になって仕事も頑張れるから!』と、会いに来てくれたら嬉しいですよね。

『私って、こんなに彼氏に愛されてるんだ!』と感激してしまいます。言葉よりも行動で示してくれると安心感が違いますよね。

4.メールや電話にすぐ返事をくれる

電話をする男性

男性は興味ない内容の連絡には、メールや電話を後回しにして返信をしてくれなかったり、折り返しの連絡が遅れたりするものです。

ですが、緊急事態でもないメールも嫌がらずに、『いま忙しいから、あとでまた連絡入れるね』の一言だけでもすぐに返信をしてくれる彼氏だと、「彼女を不安にさせないように」という気持ちが伝わって来てきますよね。

とても「彼氏に大切にされている」という実感が出来て嬉しくなってしまいます。

5.すっぴんが好きだと言ってくれた時

付き合っている彼氏相手でも女性がメイクを完全に落とした素顔を見せるのは、かなり勇気が必要ですよね。

ですが、温泉デートの帰りに『すっぴんも可愛くて好きだな』なんて言われたら「本当の自分も好きでいてくれる」ようで嬉しくなってしまいますよね。

決して心の中では違うことを思っているのではなく…

彼の「愛情あふれる優しさ」からの言葉です!

本当はメイクをした顔が彼氏の好みかも知れないのに、中には彼女が安心してノーメイクでいられるように優しさから言ってくれる男性もいます。

「彼、もう愛していないのかなぁ…」と、感じる時

春のような温かさを感じるラブラブの時期が過ぎて、2人の関係にもピューピューと寒い秋風が吹き始めると切ない気持ちになってしまいますよね。

絶対に感じたくなかったのに「彼氏に愛されてないなぁ…」と、思ってしまう5つの瞬間を紹介します。

1.スキンシップが激減する

手を繋いでちょっと寄り添いながらテレビを観るなど、どこか少し触れているだけでも女性は安心するものです。

ですが、彼がまったくと言っていいほどスキンシップをしてくれなくなると、「…あれ?」なんて心に隙間風が吹いているような寂しい気持ちになってしまいますよね。

スキンシップがないカップル

「もう、自分はオバサン化してしまったのだろうか…」と、不安でいっぱいになりますよね。

2.他の用事を優先して謝りもしない

彼女との食事やデートをする約束をした後に入ってきた予定や、男友達との遊びを優先して「ごめん」ではなく「仕方ないだろ」の一言で、彼女とのデートも平気でドタキャンするようになってきた彼には、あきれてしまいますよね。

やっぱり「もう愛情がなくなってしまったのかな」なんて感じてしまいます。

3.彼から電話やメールが来なくなった

ラブラブしていた時は1日に何回もくれていた連絡が、「2日に1回から、1週間に1回…」と、右肩下がりで連絡の回数が減っていく毎日です。

他にも「メールや電話をするのはいつも彼女から」という状況が続いているのなら、浮気しているのかな?と、不安になってしまいますよね。

しかも!駆け引きのつもりで何日から連絡をするのを止めてみても焦る様子もない…。ここまで来てしまうと「自然消滅」への恐怖心も出てきてしまいます。

4.話も聞かない!面倒くさそうに突き放される

せっかく彼と一緒にいるのに、ゲームやテレビばかりに夢中になって『ねぇ、この前ね~』って話かけても『ふ~ん…』ってカラ返事ばかり。

女性を面倒くさそうに無視する男性

悩み事があって、相談を持ちかけても…

『自分で決めなよ』と、言われてしまう!

平気で突き放されるようになると「あぁ、私のことを心配してくれなくなるほど、愛がなくなったんだなぁ」と、実感してしまい悲しくなってしまいますよね。

5.他の女性を褒めて彼女と比べる

昔は「誰よりも彼女が一番好き!」って言ってくれたはずなのに、いつの間にか他の女性と容姿や性格を比べられるようになると落ち込んでしまいますよね。

「あの子みたいな服とか着てみたら?」「あの子みたいな彼女がいたら幸せだろうな~…」など、あからさまに他の女性を褒められるとショックを受けてしまって悲しくなってしまいます。

いっそのこと「それならあの子と付き合えば?」なんて言ってやりたいけど、言えないのが悔しいところです。

恋愛にゴールはない!だから変化を楽しもう!

大好きな人とは「付き合ってカップルになる」「結婚して夫婦になる」と、望んでいたことが叶ってもそこがゴールではありません。

彼の愛情を感じたり、感じられなかったりするのも、彼女側の心の状態や「マンネリ」という避けられない「時期的な問題」ということもありますよね。

彼の行動や言動に一喜一憂するのも恋愛の醍醐味です!彼氏に愛されていると実感できる時は「心から幸せを満喫」して、愛されていないと感じる時は「こんな時もあるさっ!」と、気軽に受け止めることをオススメします!

必ず、倦怠期は抜け出せます。「もうダメなのかな、私達…」なんて落ち込まずに平常心を取り戻し彼と向き合ってくださいね♪

上へ戻る