彼氏が喜ぶ「おやすみメール」恋人にすぐ会いたくなるメール内容

メールで彼と“おやすみなさい”をやり取りしていますか?彼を幸せにするメッセージを送れば、彼は眠るまで彼女のことで頭がいっぱいに!可愛い彼女になれるメールの内容をOKパターンとNGパターンで伝授します!

彼氏が喜ぶ「おやすみメール」恋人にすぐ会いたくなるメール内容

彼氏が喜ぶ「おやすみメール」って?

夜ねる前に、恋人とメールやLINEのやりとりをしてから眠っていますか?彼女からの愛が込められた『おやすみなさい』のひと言で、彼はとても幸せな気分で眠ることが出来ます。

『やっぱり俺の彼女可愛い!早く会いたいなぁ』と、眠る直前まで彼に愛おしいと思わせることが出来る“おやすみメール”と、彼を悩ませ眠れなくさせてしまう“NGメール”を紹介します。

携帯でメールを送る女性

“恋人と長続きするカップル”かそうでないカップルかの分かれ道にもなってしまう、ポイントがわかりますよ。

1.「今日はありがとう。楽しかったよ」

デートをした日の夜なら、彼が食事をごちそうしてくれたり、車の運転を頑張ってくれたことなどに対して“ありがとう”の気持ちを素直に伝えることができます。

彼は、お礼を言われ褒められることで…?

・また早く会いたいな
・今日はデートをして良かった

など、彼に嬉しさを感じさせることが出来ます!

具体的に「楽しかったこと」「嬉しかったこと」を伝えるのも効果的です。

例えば…

 今日行ったお店美味しかったから、また行こうね
 運転している横顔カッコよかったよ

彼も、ベッドに入って眠る前に楽しかった瞬間のことを思い出して、幸せな気分にさせてあげることが出来ますね♪

2.「まだ眠りたくないけど…」

メッセージのやり取りが楽しくて「本当はもっともっと話していたい」ことを彼に伝えることもオススメします。

メールが途切れて残念な気持ちを伝えることで…

彼にあなたの愛情を伝えることが出来る!

寝ることでメールが一旦終わってしまうことが寂しい気持ちを彼にアピールすることで、あなたの愛情の度合いを恋人に教えることが出来ます。

彼の仕事や学校のことを思いやって『まだメールで繋がっていたいけど、早く寝たほうがいいね…』と、優しさもアピールしてもいいですね♪

3.「本当はそこにいたかったな」

スマートフォンを胸の上で握りしめる女性

ダイレクトに『会いたい!寂しいよ!』と、伝えることよりも少し控えめな表現で“2人が離ればなれで眠る現実”を彼に認識させて、寂しがっていることをアピールすることが出来ます。

女の子らしい表現で彼に伝えることによって…

彼にあなたの存在を強く意識させることが出来ます!

「彼女が近くにいないと物足りない」「彼女が恋しい」「一緒にいてあげたい」と、彼に思わせる効果もありますよ。

4.「今度、いっぱい話せたら嬉しいな」

彼氏が忙しくてデートをする機会がなかなか取れないときに『いつになったら会えるの?』と、責めるような内容を送るのではなく『会えなくて寂しいけど、頑張って耐えているよ』という気持ちをさり気なく彼に伝えることが出来ます。

「メールだけじゃ言えないこともあるんだろうな」「我慢させてゴメンな」と、彼も感じて「何とか会えるように頑張ろう!」と、彼も努力をしてくれるハズ。

5.「絶対、しっかり休んでね」

彼が風邪を引いた、ものすごい疲れているなど、体調を気づかうときによく使う「ゆっくり休んでね」という定番のフレーズに“絶対”を付け加えると“大好きな彼氏には心から身体を休めて欲しい”という気持ちが伝わるのです。

「こんなに心配してくれているんだなぁ」と、彼も嬉しくなり早く元気になって会いに行こうと思えるものです。

絶対にダメ!彼が眠れなくなるNGメール

眠そうに携帯電話を見る男性

彼氏が喜ぶどころか「おやすみメール拒否」になってしまう危険性がある“NGメール”です。

この内容を見た瞬間に彼は、焦りや不安で眠れなくなり眠れずに朝を迎えてしまうかもしれません…。

1.「なんで昨日連絡くれなかったの!?」

昨日は仕事や勉強に追われていて、ようやく終わっても接待や塾に行っていたのでケータイも確認する暇がないくらい忙しかった彼。

メールを返せなかったことが申し訳ない気持ちでいっぱいで、お詫びの気持ちを伝えようとしていたのに責め立てられるような内容のメールが来ていたのでガッカリしてしまいます…。

彼の都合も考えずに…

一方的に責めるのは止めてください!

会議中や、塾で勉強をしているときなど、どうしてもメールをチェックできるような雰囲気ではないときだってあります…。

わざと返していなかったわけではないのに、こうも責め立てられてしまうと彼は“おやすみメールを送ること自体”負担に感じてしまいますよ。

2.「明日の準備は大丈夫?」

次の日に、重要な試験やプレゼンなど緊張をしてしまう場面があるのなら、それを眠る前に思い出させてしまうことは彼の安眠にとってマイナスなことになってしまいます。

事前に『もう準備はバッチリだよ!』と、彼から聞いていたのなら終わるまで緊張を呼んでしまうようなことは避けることをオススメします!

3.「さっきの態度はないと思うよ」

昼間にあった彼の不満を“寝る直前のおやすみメール”で伝えることはNG!

言われた彼も「いまさら言うのかよ!」と、イライラしてしまいますし謝ろうとしても彼女は寝てしまっているので言葉を言うことも出来ずにもやもやしてしまい、気持ちよく眠ることが出来なくなってしまいます。

眠るまえは「愛」を届けるメッセージが一番!

恋人が気分よく眠りにつくことができるようにグチや文句はグッと我慢して、短いメッセージでも彼に愛情が伝わる言葉を選んで下さいね。

眠る直前に見たものや感じたことって、夢として表われることもあるので、大好きな彼に二人で仲良く過ごしている夢を見てもらえるかも知れませんよ。

毎晩、彼に『早く彼女に会いたいな~』『やっぱり彼女が大好きだ~』と、一日の終りに幸せを感じてもらえますように♪

上へ戻る