片思い中のメール内容「恋の優しさプラス」が両想いの近道!

片思いしている彼とのメールのやり取りは「恋愛初期だからこその思いやり」が、両想いになるための決め手になるかもしれません。

片思い中のメール内容「恋の優しさプラス」が両想いの近道!

片思い中のメールは内容が恋の行方を左右する

片思いしている彼のメールアドレスを手に入れたら、それだけで距離が近づきそうで嬉しくなりまが、いざメールを送ろうと文章を考えると…、何も浮かんで来なくてもどかしくなります。

しかし、メールというツールで彼との関係を前進させなければ勿体ない。メールの内容次第で、彼の気持ちに火がつき、両想いへの道が拓かれるかも知れません。片思い中のメールの内容は彼への思いやりを最大限に表現しましょう。

恋にドキドキしながらメールを送る女性

「好きですオーラ」控えめに

メールは相手の顔が見えないせいか、会っているときには言えない大胆な内容のメールを送ってしまったり、現在の2人の関係を飛び越えて馴れ馴れしいことを書いてしまうことがあります。

片思いしている彼へのメールに、はじめから誘うような男女の艶めかしい感じを露わにしてしまうと、彼は戸惑いを感じて避けられてしまう可能性が高くなります。

片思いメール内容のポイント

◆ 彼の気持ちを探っているうちは?
あなたから届くメールが「楽しい」と思ってもらうことが大切。

片思いメール内容のポイント

◆ 男女と言う雰囲気を漂わせないようする。
彼が警戒してしまいます。

メールはポジティブ内容が基本

片思いしている彼との距離を縮めるために「何かを相談する」という方法も有効ですが、深刻な悩みや他人に対する愚痴などは絶対にダメ!

彼が職場つながりなら「会社の仕事が忙しいけれど、やりがいがある」とか、学校なら「授業やサークルの話」など共通の話題を選び、プラス方向で話を終わらせることがポイントです。

片思いメール内容のポイント

◆ 噂話や悪口は避ける。
◆ 締めくくりはポジティブな内容にする。

やりとりの頻度は「あと少し」の余韻が大切

メールに限らず、電話でも言えることですが、片思い中は相手と連絡を取っていることに大きな喜びを感じるせいか、彼からの返信がくるとエンドレスにメールを続けてしまうことも!

しかし、これには要注意!相手が「もっと話したかった」と物足りなさを感じるくらいが丁度良いのです。

また、伝えたい内容のポイントが掴めないメールを毎日送るのもNG!片思い中は「何らかの口実」をちゃんと作ってからメールをしましょう。

片思いメール内容のポイント

「もう少しメールしたかった」と思われる程度で切り上げましょう。

◆ メールの時間は早朝や深夜は避ける(相手への気遣い)
◆ メールのやりとりは短めに!
◆ イベントのお誘いなど、口実を作ってからメールする。

相手の情報収集をして自分磨きに役立てる

片思いの相手のことは、いっぱい知りたいものです。メールを活用して上手に彼の好みや近況をリサーチすることは、自分を磨くためのツールとして使えます。

ただし、送信されてくるメールが質問ばかりでは彼を疲れさせてしまうため、情報収集の仕方にも工夫が必要。

片思いメール内容のポイント(彼に直接、メールする場合)

「私はサスペンス物の映画が好きだけど “あなたは?”」
◆ 自分のことも伝えつつ、相手の意見や好みを上手く引きだせる表現。

いつか近いうちに彼の彼女になれることを想像しつつキャッチした情報を活用し、映画や面白い本をチェックしておくことは、自分の感性が磨かれます。

片思いメールに活用する情報収集のポイント

友人に協力してもらう
◆ 彼にとって良い話題なら
「○○さんが話していたけど、すごいね、良かったね」と、一緒に喜ぶ。

◆ 彼にとって悪い話題なら
「私も先週、こんなことがあってね」と、自分の弱みを見せて彼も弱音を言いやすいようにする。

メールを受け取る男性

良いことにも悪いことにも単純に「彼女も共感してくれている」と彼が感じてくれたら、これまでより身近な存在と認識してくれるかもしれません。

「相手を100%気遣える」のは片思い中ならではのメリットです。相手をビックリさせるようなアプローチを避けたり、時間帯や話題選びなども相手を想うからこそのチョイスが大切。ぜひ、メール内容にも優しさを反映させて両想いを目指して下さいね。