男を落とす方法!計算づくの電話テクニックが効果的

恋愛初期やもうすぐつき合えそうな男性とはいつまでも話していたいものですね。
彼の声を聴きたくなったり、話をしたくなって電話をかけるまえに参考にできる「気になる男性を落とす方法」です。

男を落とす方法!計算づくの電話テクニックが効果的

好きな男性ともっと話したい!
ちょっと我慢が落とすコツ

気になる人と電話番号やメアドを交換して、日常的にコンタクトが取れるようになると恋人へステップアップする日も近づきますね。しかし、電話のかけ方ひとつで「男性を虜にする女性」になるか「ただの知り合い」で終わるかの分かれ道。

電話テクニックを駆使する女性

恋を掴んで好きな男性を落とすためには「計算づく」だってカワイイ女性には必要です。

1. 話が盛り上がってきたときに切る

ちょっとがっかりな彼

スムーズに会話がすすんで楽しさがピークに達してきたら、そろそろ電話を切るタイミング。「話が盛り上がって楽しい!まだ話していたい!」という彼の願望をシャットアウトします。

「もうちょっと食べたい」という欲求をあえて断つことで、「また食べたい」と次回の行動へ繋げることが可能。満たされなかった彼から「もっと話したかったな」など、後追いメールが来たらシメタもの!

2. 聞き上手を心がける

聞き上手すぎて話まくる彼

話題が豊富なのは会話がつづくメリットがありますが、自分と相手の男性との話題の持ち出しにはバランスも大切です。こちらには興味のない話を次からつぎへと続けられてウンザリした経験はありませんか?「しゃべり過ぎてる」と気づいたら、すぐに相手の男性の興味があることをふって、彼に話をさせるなどの対処を!

「話す」「聞いてもらう」行為は気持ちが良いものです。自分が「話す」「聞いてもらう」比率をすこし少なくしてみましょう。

3. 電話でミステリアスさを失ってはならない

気になる人や好きな男性とやっと電話やメールで連絡を取れるようにまで関係が進展すると、会話が嬉しくて楽しくて仕方ないものですね。しかし、嬉しいと舞い上がってしまい相手が聞いてもいない過去の恋愛話や日常のことなど、ベラベラと喋ってしまうのは大変もったいないことです。

情報は小出しにして「もっと知りたい」と思わせるほうが恋愛成就には効果的!

4. 用事がないときに掛ける

電話は話したい用件があるから掛けるものですが、「別に用はないんだけど、チョッとだけ声聴きたくなってかけてみた」など、明るく伝えて「急にごめんね、じゃあね」と切ります。恋愛初期やもう少しでつき合えそうな時にたまに実行すると効果的な方法です。やり過ぎには注意!

「いたずら電話かけてみたよ!」と、相手の男性も「えっ?なんだよ」と笑える冗談も効果があります。早めに切る、は鉄則ですよ。

5. 定期的にかけて会話は短めにする

気になる人とつき合う一歩手前の場合は、毎日電話をかけるのは控えましょう。週に2~3回程度、「曜日と時間」を決めてかけます。恋人同士へと関係がステップアップしたら、もう少し回数を増やして「この時間には彼女から電話が来る」と、彼の生活のなかに定着しはじめたら電話をかけるのを止めます。

電話をかける頻度が増えるので、ウザくならないように会話は絶対に短めに!

「あたりまえの習慣」がプツッと途切れると「どうしたんだろう?」と彼も気になります。再度、こっちが優位に立って彼を惹きつけるときに使えるテクニックです。

上へ戻る