【角質培養の9ヶ条】シンプルスキンケアでお肌が生まれ変わる!

「角質培養」というスキンケアをご存知ですか?肌に良いと聞くとあれこれ試してみたくなるという人は必見!
過保護にケアされるよりも、肌にとってはシンプルなスキンケアの方が心地良いことなのかもしれませんよ。

【角質培養の9ヶ条】シンプルスキンケアでお肌が生まれ変わる!

角質培養でターンオーバーを急がせない?!

最近、注目を浴びているスキンケアが「角質培養」です。
角質を培養するということは、一体どういうことなのでしょう?

肌のターンオーバーのしくみ

私たちの皮膚は、表皮によって表面を覆われています。
表皮は、下から順に「基底層」「有棘(ゆうきょく)層」「顆粒(かりゅう)層」「角質層」に分けられます。

その表皮では、古くなった角質が角片(アカ)としてはがれ落ちる「角化」を繰り返しています。
肌のターンオーバーとは、角化によって古くなった細胞が除かれて、新しい細胞と入れ替わる新陳代謝。一般的に、4週間(28日)周期で行われるといわれています。

「角化」のサイクル

  1. 基底層で、角質化細胞が細胞分裂によって生まれます。
  2. 角質化細胞は、2週間かけて徐々に有棘層→顆粒層と押し上げられます。
  3. 角質層に達した角質化細胞は、2週間とどまった後で、垢となってはがれ落ちます。

角質培養ってどんなスキンケア?

角質培養というと、“角質を育てて増殖させる”みたいなケアをイメージされるかもしれませんが、そんな面倒なことではありません。
逆に「特別なケアをしないスキンケア」というのが、角質培養の考え方なのです。

肌は、マッサージや化粧品などのスキンケアによってターンオーバーを促されると、どんどん角化を急かされた状態に。
そうすると、正常に角化が行われずに、角質層のキメが崩れたり、肌の潤いが逃げやすくなってしまいます。

そこで、自然のサイクルでの肌のターンオーバーのために、できるだけ何もしない「角質培養」というスキンケアが注目されるようになったのです。

角質培養の9ヶ条!

できるだけ何もしないというのは、やってみると案外難しいものです。
角質培養では、クレンジング・洗顔・スキンケアの際、「こすらず」「やさしく」が重要になります。

1-クレンジング編

■ 肌への負担が大きいオイルタイプやシートタイプのメイク落としの使用を避ける
■ ミルクやクリームタイプのメイク落としをたっぷり使う
■ 肌をこすらないよう、やさしくメイクに馴染ませる

2-洗顔編

■ 洗顔料の泡立ちを良くするために、洗顔の前に手を洗っておく
■ 洗顔料の泡をやさしく顏になじませ、こすらないように洗い流す
■ ゴシゴシこすらず、やさしくタオルで水分を吸い取る

3-スキンケア編

■ 行き過ぎたお手入れはしない
■ 保湿のための基礎化粧品を選ぶ
■ クリームや乳液を塗る際はこすらず、やさしく肌になじませる