彼氏ができない原因・惜しいとこで止まる女ほど当てはまる

彼氏ができない原因は、どこにあるのでしょうか?いい感じの雰囲気になった男性が告白してくれない理由は、アナタの性格や習慣にあるかも!恋人ができる機会を逃さないよう、今すぐチェックしてくださいね。

彼氏ができない原因・惜しいとこで止まる女ほど当てはまる

彼氏ができない原因は毎日の習慣にある

20代~40代女性の2人に1人は彼氏がいないというデータがあり、この数字に『良かった、私だけじゃないんだ!』と、ホッと胸をなで、おろしたアナタ!安心している場合ではありませんよ。

友達や会社の人たちには彼氏がいてドンドン結婚していて『どうして私には彼氏が出来ないのだろう…?』と、思いますよね。

様々な「恋人がいない理由」がありますが、あえて彼氏を作らないという人も中にはいるでしょう、でも「彼氏が欲しいのにできない」と悩んでいる人も多いハズ。

『彼が欲しいからファッションやメイクも頑張っているのに、どうして男性からアプローチされることがないの?』『自分からアピールをするなんて、とても恥ずかしくてできない…』と、日々悩みます。

もしかしたら、日頃の行動や生活習慣が“彼氏ができない原因”につながっているかもしれません、男性が寄りつかない女性になる人の特徴を紹介しますので、これを機に自分の生活習慣などを見つめ直して、いい恋愛が舞い込んでくるような「恋愛体質」に生まれ変わりましょう、

1.人間関係や行動がパターン化している

パターン化された人間関係&行動範囲

彼氏ができない人の多くは、季節が変わっても、年が変わっても毎日同じような環境下で同じような生活パターンを過ごしていると考えられます。

平日は学校や仕事と家の往復のみ、休日は外出しないか、外出したとしても行く場所がいつも同じような場所で『あれ?そういえば人付き合いにもずっと変化がない…』と、思い当たることはありませんか?

パターンが限定された人間関係や行動範囲の中で恋愛相手を見つけるのは、なかなか難しいものがあります。変化の無い日常に「ある日突然ドラマのような運命の出会いが!」などの展開はそうそうあるものではありません。

彼氏を作るためには

新しい環境や人間関係を自ら開拓すること

行動範囲が広がるにつれて、それまで0に等しかった“キッカケ”も増えていきます、待っているだけではなく、いつもとは違う場所へ足を運び、いろいろな人との出会いを大切にして、自分からドラマのような出会いをセッティングしましょう。

2.自分の話ばかりしている

自分の話ばかりする

女性同士のおしゃべりって不思議なもので、自分のことばかりをお互いに話したとしても、なぜか会話が成り立っていたりしますよね。でも、男性が相手の場合は違います。

女友達の時と同じように自分のことばかりベラベラと話していると、一方通行の会話となってもれなく彼はあなたと話すことに疲れる瞬間が訪れるでしょう。

男性と上手に会話するコツ

相手にも話を振り「話しやすい環境」を作る

逆におしゃべりが苦手な女性でも、いつも女友達が話しているのを聞くだけの自然体でいては、沈黙の時間が大量発生するので油断は禁物です、会話が苦手でも「相手の話を聞く姿勢や工夫」が大切ですよ。

彼が話してくれたことに色々と質問をするなど「相手への興味」と「話を聞く姿勢」を見せましょう。

3.相手に対しての理想が高すぎる

相手に対して理想が高すぎる

彼氏がいないフリーの間に『こんな彼氏がいたらなぁ…』と考えることもありますよね。あまり意識はしていなくても「理想の彼氏像」はまだ見ぬ恋人への絶対条件となりがちで、結果、無意識の内に恋人の条件を高くするデメリットもあるのです。

出会いの時点では、いい人なのに見た目で判断して損をしたり、付き合ってからも相手に対して自分の理想を押し付けては無理な要求をして相手を困らせたり…。それでは友達から恋人へ発展しにくいのです。

自分の理想を当たり前のように押し付けないようにしてくださいね、誰かと恋人になるためには、相手の気持ちを尊重して、思いやりを持つことがとても大切なのです。

4.過去の思い出に縛られている

過去の思い出に縛られている

過去にとても大好きな人がいて「いまだにその人を超える人に出会わない」という人も中にはいるでしょう。でも、過去の思い出に縛られていては、一向に前へ気持ちが進みませんし、思い出は時間が経つにつれ、だんだんと美化していくことも少なくありません。

新しく出会った人を「時間が経って磨き上げられた昔の恋人」とことごとく比べて、せっかくの出会いを逃すことのないようにしてくださいね。

思い出は心の中に仕舞って前を向くことを意識すると、きっと新しい素敵な出会いがあるハズです。

5.ネガティブ思考で愚痴が多い

ネガディブで愚痴が多くなっている

彼氏ができない原因を悩みすぎていると、どんどんネガティブ思考になり『どうせ私なんか…』などの言葉まで出ていると、永年フリー症候群も末期です。アナタ自身にも気付かれなくなった魅力はどんどん色褪せて、恋愛のチャンスも手の届かないところへ行きます。

他人の愚痴や悪口はなるべく聞きたくありませんよね、男女関係なくマイナスオーラが漂っている人は避けられる傾向にあり、自然とグチをこぼす人の周りには「感じのいい人」は集まらなくなります。

思わず愚痴を言いたくなるような環境に置かれたとしても、ポジティブに考える人はとても魅力的に見えるものなので、いい男性の印象に残るように明るい雰囲気を保つようにしてくださいね。

6.自立しすぎて甘えることを知らない

誰の助けもいらないという逞しさ

男性はここぞというときは頼られたいという思いがあり、肝心なところで頼られ役に立ち、男らしい自分でいたい気持ちがあります。

精神的にも経済的にも自立してなくて頼りっぱなしのぶらさがりガールは当然NGですが、全く誰にも頼ることなく、もはや無人島でひとりでも生き抜くスペックも備わっているたくましい女性では、男性には立場も出る幕もなくモテにくいのです。

自立した女性がモテるコツ

女性らしさを忘れないこと

自立した女性は魅力的に見えますが、あまりにも精神的にもタフに仕上がっていると「女性らしさ」が欠如して『俺がいなくても生きていける』と思った男性に恋愛対象から外される傾向があります。

逞しさにも女性らしさを見せるには「自分でやった方がはやいことでも意識してお願いする」など、男性に美味しい所を持っていかせ“頼られたい気持ち”を満たしてあげ、上手に男性の気持ちをコントロールしましょう。


また、何をやらせても完璧で有能な女性は、男性にとって少し近寄りがたい存在でもあり、特に仕事が男性よりも出来るタイプの女性は、男のプライドを刺激して毛嫌いされるうえ「仕事で勝ちたい対象」になり「恋愛対象」ではなくなることもあります。

よほど自分に自信がある男性でもない限り「格上の女性」よりも「立ち位置が同じような女性」の方に近づいていくことが多いのです。

虫や雷を怖がってみるなど「男の守りたい本能」をくすぐるベタな行為や『ちょっと疲れちゃった…』と、ポロッと弱音を吐いてみる、苦手なことをカミングアウトするなど、男性に普段の姿とのギャップを感じさせる部分を見せることが効果的です。

『弱い部分もあるんだな』と、ちょっと安心できた彼はあなたに声をかけやすくなり、次は彼から近づいてくれる可能性が高くなりますよ。

7.飲み会で羽目を外しすぎる

飲み会で羽目を外す

恋人になる人との出会いの場の1つに「合コン」や「飲み会」などがありますが、女友達との飲み会のノリのまま羽目を外しすぎると、思わぬ醜態をさらす結果となりがちです。

特に合コンなどのチャンスは気をつけないと彼氏を作るどころではありません、ほろ酔いにとどめておけば男性には可愛く見えていい雰囲気を作り上げることができます。

お酒が好きな人には少々ツライかもしれませんが「女子会以外の飲み会は飲み会に非ず、フイにしてはいけない出会いの場」と心得て、お酒に飲まれたことが1度でもあるならば、出会いが期待できそうな時には2杯くらいに留めておくのが丁度いいのです。

8.自分の都合ばかりを優先する

自分の都合ばかり優先させる

恋人同士になりそうな雰囲気がある時に、彼からの食事の誘いなどを受けることがあるでしょう、でも『その日はちょっと都合が…』という日もあると思います、1度や2度ならともかく、いつも自分の都合を優先させて誘いを断っていると、彼に『もしかして、遠まわしに断られている?』と、思われても仕方がありません。

「時には彼に合わせて時間を作る」など、自分から努力して彼に合わせる姿勢を見せることが重要ですが、逆に彼にばかり合わせて“都合のいい女”にならないことも注意しましょう。

9.素の自分を見せられない

素の自分を見せられない

男性を意識するあまりに身構えているため、無口になり過ぎたり、しゃべり過ぎるタイプの女性は、男性を遠ざける仕草をしているかもしれません。

男性にしてみると何を考えているのか分からず『自分といても楽しくないのかな?もしかして嫌われてる?』と、誤解されて単に「うるさい女だな」という勘違いをさせてしまう場合があります。

緊張をせずにリラックスしたくても出来ない場合は、素直に『どうしてか緊張しちゃうんですよね~…』と、気持ちを言葉に出して伝えるようにしてください。

すると、あなたの考えていることが相手にも理解してもらえるので、彼から距離を縮めてくれるアプローチをしてくれることがありますよ。

男性に「ちょっとだけ頼る」仕草をすることで、彼も『焦らないでゆっくりでいいからね』と思ってくれて、男性と話すことが苦手なあなたをリードしてくれる立ち振る舞いをしてくれるハズですよ。

気持ちの上で対等な関係がモテる秘訣

男性は女性に話かけるときに、見た目や性格のイメージや普段の態度から「話かけやすい女性かどうか」を判断していて、浮かぶイメージが「暗いマイナスイメージ」であったら、途端に『話かけづらいなぁ…』と、思われるのです。

自立しすぎている女性のイメージ

・ヘタなこと言ったらツッコまれそうで怖い
・完璧すぎて俺が話かけても釣り合わない

素の自分を見せない女性のイメージ

・何を考えているのか分からなくて怖い
・目が合っても避けられるし嫌われているのかな

そこで「完璧すぎる女性でも、どこか隙がある人」「ツンツンしてる性格なんじゃなくて、俺と同じく緊張して話せないんだ」と、彼に思ってもらうことでアナタに対しての「親しみの気持ち」がわきます。

「近づきづらい女性」よりも「親しみのある女性」と思って貰えるほうが、話かけられやすいのは当然ですよね♪これが分かれば、すぐにでも恋人作りへの第1歩が踏み出せますよ。