自尊心が低い女子は男にナメられる!改善したい6つのポイント

自分に自信がない人間は一見謙虚な気がしますが、実際は仕事や恋愛でネガティブになるばかりで、人生において失敗を極端に恐れている場合が多いもの。失敗を恐れない勇気を持てば、今より物事が発展的になりますよ!

自尊心が低い女子は男にナメられる!改善したい6つのポイント

このままじゃ損する!
自尊心が低い女性が改善したいこと6つ

 相手の顔色を見て媚びを売る
 ハッキリと自分の意見を言えない
 全て相手の言いなり

もし、自分に対して恋人がデート中にこんな態度ばかりとっていたら、アナタはどう感じるでしょうか?

何をするにも自分が主導権を握れるので、確かにラクな部分もありますが…正直なトコロ、自分をしっかり持っていないその性格に、イライラさせられる方も多いハズ。


男性はもちろんのこと、女性にとっても自尊心を高く持つことはとても大切です。

仕事だけではなく、プライベートや恋愛においてもプライドが低い女性は、男性から安く見られてしまう可能性大!

言いなりになった挙句の果てに浮気をされるなど、完全に主導権を握られてしまいやすいのです

浮気された女性


うぬぼれ屋さんで自信満々すぎるのは流石にドン引きされますが、自信家だと思われない程度に自己評価を高く持ち、凛としている女性はやはり素敵ですよね

今回は、自尊心が低い性格が女性の恋愛に与える影響&改善方法を紹介します!

1.承認欲求が強い

『こんなに頑張っているのに…』
『せっかく優しくしてあげているのに…』

誰かにこんな言葉を言われたらいい気分になるでしょうか?なんとなく、善意や努力を押し付けられている自己中な印象を受けますよね。

自己評価の低い女性は、他人から認められたい願望が強いのに自信がないので、いつも自分が理想とする姿と現実での扱いの違いに、大きなジレンマを抱えて悶々としています。


男性との交際中には、付き合っている彼氏に対しても『私の気持ちを理解してくれない』という不満がたまりやすく、デート中に急に不機嫌になったり、彼に理由を聞かれても無言で対応してしまうことになるのです…

デート中に不機嫌になる女性

改善方法は?

自尊心が低いと、つい周囲の評価を気にしてしまいがち。まずは心の底から『自分でジブンを認めて、褒めてあげること』からスタートしてみて。

2.他人の意見に振り回される

『あの人が言うならそうなのかも?』
『みんながそうするなら私も!』

常に他人の意見によって自分の考えや行動を決めてしまう方は、一見素直で従順そうに見えますが、実は自分で考えることを拒否してしまっているだけ。

『他人と同じことをしていれば安心…』というのは、思考に怠け癖がついている証拠でもあります。

口癖になってない?

『いっぱいいっぱい』
『何だかよくわからない』

答えが『YES』なら、自分に降りかかっている問題解決に向けて、分析して考えることを面倒くさがっているのかも?

『どうせ自分の意見は通らない…』と思い込んでいるうちに、自分の意見そのものがなくなってしまっているのです。

そういう心構えでいると、付き合っている彼氏にもその意思の弱さすぐに見抜かれて、良いように利用されるハメになってしまいます。優柔不断な態度は、男性に押し切られてしまう危険を高めるのです

改善方法は?

まずは『自分がどうしたいのか』『どう考えているか』を明確にする癖をつけましょう。

考えがまとまらないのなら、頭でボンヤリ考えるよりも紙に書き出す方法をオススメします。自分と真剣に向かい合い、自分の意見を持ちましょう。

紙に思いを書く女性

3.自分の意見が言えない

仮に『ワタシはこうしたい!』と、確固たる自分の意見を持っていたとしても、それを言葉にして言えない(言わない)女性もいますよね。

周囲を気遣って遠慮している繊細なココロの持ち主とも言えますが、自分の意見に反対され傷つくことを怖れている場合も…。


自分の意見をしっかりと相手に伝える勇気を持てば、男性に翻弄されることも少なくなります。

『彼女はどんなことでもオレの言いなり…』と、彼に甘く見られないためにも意思表明は大切なのです。

改善方法は?

会話する男子と女子

自分を信じて、反論されることを怖れずに自分の意見を言葉にする勇気を持ちましょう。

どんな人でも間違えることはあるので気をラクに持ち、自分の本音をさらけ出すことも大事ですよ

4.感情のコントロールができない

情緒不安定で急に不機嫌になって怒り出したり泣いたりすると、オトコからも子供扱いされて信用を失い、もっともな意見を主張しても『彼女の言うことだからアテにならない…』と尊重されなくなってしまいます。

大人になっても感情のコントロールができないということは、何らかの原因があるハズ。

付き合っている男性に言いたいことを言えずに我慢しているうちに、それがストレスとなって感情が揺れてしまうこともあります。

改善方法は?

無理をしないで、自分が一番安心できる状況に自分を持っていきましょう。

もし、彼が原因で感情過多になるようなら、カレとは少し距離を置いて気持ちを落ち着けるのもひとつの手段。

独り落ち着く女性

5.他人の目を気にしすぎる

『あの人…私のこと嫌いみたい』
『私ってダメダメ女に見えるよね?』

自分に自信のない女性は、常に周囲の目を気にしてしまいがち。そうするとだんだんと気持ちが萎縮して、人と触れ合うことが億劫になってしまいます…。

恋愛において心配なのは、「他人の目=彼の目」、「他人の意見=彼の意見」と混同してしまい、彼に対しても常にビクビクして対等の関係を築けなくなるということ。

改善方法は?

自分が気にするほど、他人はあなたのことを気にしていません。自分が恐れているから他人の目が怖くなるのです。少しずつ素の自分を出せるようにしていきましょう。

6.かまってちゃん意識が強すぎる

いつも自分に注目してほしくて仕方がない『かまってちゃんタイプ』は、精神的成長が未熟とも言えますね。

パーティーや合コンといった初対面のシチュエーションでは、自分からは決して話かけることができず、ひたすら話かけられるのを待っているような女性です。

思うように話ができないと、『あのパーティーはつまらなかった…』なんて、自分の社交性の無さを反省せずに、パーティーそのものが良くなかったと他に非があるように結論づけてしまうのです


最もストレスを溜めやすいのは、かまってちゃんとお付き合いしている男性。

自分がどうしたいのかを明確にさせないと何も発展しないので、彼氏もリアクションに困ってしまいます。

改善方法は?

自分ばかりが『かまってほしい』と思わずに、『かまってあげたい人』との出会いがあると、少しずつ考え方が変わっていきます。

もし異性との出会いが期待できないのなら、ペットを飼ってみるのもアリ。(最後まで責任は持って下さいね)

猫

 ご飯を食べること
 排泄すること
 お散歩してストレス解消すること

これらのことは飼い主のサポートが不可欠。あれこれ手をかけることで、ジブンのこと以外に大事なことが見えてくることも多く、精神的な成長に繋がりますよ

自己肯定力を身に付けて
恋愛でも「イイ女」に!

『私なんて…』と遠慮して控えめにしている女性ほど、『評価して欲しい』『人にかまわれたい』『自分に注目して欲しい』と潜在意識の中で願っているもの。

すべてが『自分中心』となっているので、他人の目を気にしている割には、自分の内側にかまけてばかりで周囲を見渡せていない…なんてことも珍しくありません。

自分で自分を縛るのはもうやめて、『YES』『NO』をはっきりと表明していくうちに、男性からの見る目もいい方向へと変わってくるはずですよ