彼氏に浮気をペロッと自白させる!誘導尋問テクニック

どうやら彼氏が浮気しているらしいので、自白させたい。だけど、ズバリ聞いても口を割るとは思えない。そんなときに、効果的な誘導尋問です。その方法を分かりやすく解説しています。

彼氏に浮気をペロッと自白させる!誘導尋問テクニック

これで彼氏も白状する!誘導尋問テクニック

「真実を知りたい」と行動する前に気をつけておきたいのは「必ずしも真実が幸せにはつながらない」ということです。浮気をした事実を隠しているのは、彼はそのことをこのまま封印して、あなたとの関係を続けたいのかも。浮気を暴きたてることで、彼とあなたの仲が決定的に壊れてしまう可能性があります。

誘導尋問で浮気を暴こうとする際は、そういう危険性を重々承知した上で行ってください。浮気した事実を告白して深く反省し、あなたを大事にするようになる。その可能性がゼロであるとはいいませんが、必ずしもそうはならないのです。

浮気している男と女

・・・でも想像してしまうともうだめ!という方は誘導尋問を試してみましょう。

怖そう!!誘導尋問って何?

誘導尋問とは言葉の通り、あらかじめ尋問する人が答えを用意していて、相手がそれを言うように導くことです。しかし相手が認めたくない場合、「浮気したわよね!」と言っても「YES」というわけがありません。ですから、相手が答えやすいように警戒を解かせる。また、思わず答えてしまうような仕掛けを用意することが必要なのです。

実践!誘導尋問のやり方

こちらに余裕がなければ相手を誘導することは出来ません。何度かロールプレイングをして、準備万端で挑みましょう。

1.まずは肩の力をぬいて

ピリピリしてはいけません。相手にあなたの心中を悟らせないように。また、あなた自身の力が入りすぎると上手くいきません。あったかいお茶などを用意してリラックスしましょう。

2.ハードルを下げる

自白しやすいように、まずは前もってハードルを下げてあげましょう。方法としては、例えば友達の彼氏が浮気したことなど、他人の話を持ち出して「一回や二回の浮気は仕方ないよね」とか、「浮気を乗り越えて今はラブラブなんだって!」などと言っておきます。

会話するカップル

3.間接的に尋ねる

このように根回しした後、直接ズバリではなく、間接的に浮気相手のことを尋ねましょう。例えば、先週の日曜日に彼が浮気デートをしたと疑われるなら「先週の日曜日は誰といたんだっけ?」と尋ねる、または「最近○○君、ちょっと冷たいね。何かあったの?」と寂しそうにいってみましょう。

誘導尋問のその他の例

  • この公園昔来たよね!いつきたんだっけ?
    彼: 去年のクリスマス?
    (彼への回答例:だれときたのよ。)
  • 昨日きょうこがあそこであなたを見かけたって。仕事だったの?
    彼: そうそう、プログラムにバグが見つかって。
    (彼への回答例:海の家でそんな仕事あるかい!)
  • 先週みかこがあなたを見かけたって。一緒にいた人って誰?
    彼: 職場の同僚だよ、俺いま教育係でつきっきりなんだ。
    (彼への回答例:ふーん。あ、でも一人でいたって言ってたかも?)
  • 助手席にピアス落ちてたけど、ワタシこんなの持ってたっけ?
    彼: え?ピアス?助手席に!?あったの?
    (彼への回答例:これは私のよ。ピアスなんて落ちてなかったのよ。)

じっくり時間をかけて自白させる余裕を持つ

残念ながら彼が罠にかからなくても、怒りだしたり、慌てたり、いつもと違う反応を見せたら「クロ」と思っていいでしょう。その際は、さらに優しい態度でハードルを下げて、じんわりと自白まで持ち込みましょう。

その後、どう料理するかはあなた次第。雨降って地固まるか、あるいは…。いずれにしても、あなたにとってハッピーな結末になることを祈っています。