彼氏が冷める女性のNG行動5選・破局を招くタブーはコレ

互いに完璧で短所を知らないカップルはいませんが、改善点や女性としての品格を保つポイントは最低限把握しておかないと、喧嘩トラブルや二人の破局を招くことに…。当てはまらないかどうかしっかりチェックを!

彼氏が冷める女性のNG行動5選・破局を招くタブーはコレ

「コレはないわ…」
彼氏から彼女への気持ちが冷める瞬間!

「彼氏とはとっても仲良しでこれまで喧嘩らしいケンカもしたことがないほど。それなのに、カレから突然別れを切り出されちゃった…

こんな苦い経験した女性、意外と少なくないのでは?原因にあまり心当たりがない場合、アナタが無意識の内に取っている言動や行動こそが、相手の気持ちを冷ましていたのかもしれません。

「付き合ったものの、理由が曖昧なまま相手と別れる」という恋愛パターンを放置していては危険!次の恋、現在進行中の恋こそ成功させるためには、破局の原因を徹底的に追求することが大切なのです。


しっかり彼氏が冷める原因となる5つの行動をチェックしておけば、相手に愛想を尽かされることなく二人のカップル関係も長続きするハズ◎彼氏持ちもフリーの女子も、今後のためにぜひチェックを!

1.女性らしさを感じない行動

オトコは「オンナはこうあるべき!」という、これまで築いてきた自分の理想を無意識に彼女に押し付けている場合があります。そのため「理想の女性像」を打ち砕くような彼女の行動や発言が彼の心をピキッと凍らせる引き金になることも…。

例えば?

スカート姿でガニ股歩き
平気で男言葉や乱暴な言葉遣いをする
ガサツでうるさい笑い方

こんな行動によって付き合う前や付き合い始めに抱いていた彼女のおしとやかなイメージがぶち壊しになり、「理想と違った…」と、一気に気持ちが冷めてしまうワケです。

気持ちが冷めた男

「勝手に幻想抱いてるオトコが悪い!」と一言で片づけてしまえばそれまでなのですが、この幻想とのギャップで別れを決意されると考えるなら、やはり女性側が意識して行動を改善すべきかも?特に言葉遣いに関しては、家族や友人に紹介できるかどうかのボーダーラインともなる要素なので、しっかり敬語やTPOをわきまえて話せるよう日頃から努力しておきたいものですね。

2.食事のマナーが悪い

彼女の育った環境を物語るのが「お食事中の作法」。あまりにも女性の食事マナーが酷過ぎると、男性はシラケて気持ちも離れてしまいます。

例えば?

カチャカチャと食器の音を出す
箸の持ち方が不自然
食べ物を口に入れたまま平気で話をする

恋人や夫婦になると一緒に食事をすることは日常的なものなので、一度、拒絶反応を起こすだけでも「ご飯食べている姿を見るだけで鳥肌が立つ」「イライラする」など、二人の関係に溝を作る原因となりかねません。

親しくなる前はコレにも要注意!

サラダなどを勝手に取り分けること
「好きな量を食べたい」「人が使った箸で取り分けられるのは嫌だ」という人もいます。
「一口ちょうだい!」と言うこと
シェアすることを嫌う男性も少なくありません。
ワザとらし過ぎる「う~ん!美味しい~!」という反応
⇒ まずそうに食べられるよりはマシでも、「わかりやすいぶりっ子行動にイラッとする」という男子多数。

合コンや飲み会などでついやりがちなこれらの行動は、相手の反応や性格を慎重に見てから合わせるようにしましょう。また、一緒に食事に行っているのに、ダイエット中だからといって全く料理に手をつけようとしないのも男性から嫌がられる行動なので気を付けて!

3.携帯を勝手にチェックしている

スマホを見る女性

どんなに正当な理由があっても、信頼関係を壊すことにつながるのが“スマホチェック”。例え「彼氏が怪しい…」と思っても、彼の携帯を無断でチェックする行動はプライバシーの侵害そのものなのです。彼氏が席を外したスキに無断でチェックしているとき、その様子を彼氏に目撃されたらドン引きされることは避けられません。

無断でスマホチェック中の彼女を見て…

もう彼女を信じられない…

信頼関係が根底から崩れたと感じ、今後付き合っていく気持ちを失ってしまう男性は多数!

また、彼氏が他の女性とご飯を食べに行っているなど、こちらの読み通りに怪しい行動をとっていた場合、「携帯を勝手にみた行動」をまんまと別れの切札にされてしまうリスクも…。真実を知って別れる覚悟がないなら、束縛したい気持ちがあったとしても相手の携帯を勝手に見てはダメだと心得て。

4.お金遣いが荒い

お金遣いの荒い女

生まれる場所や年齢、家庭環境が違う男女が付き合えば、価値観の相違に悩むケースは少なくありませんよね。とはいえ、あまりにもお金の使い方に問題があると男性の気持ちが冷めてしまうのも無理はないかも…。

心当たりない?

買い物はコンビニ
近場でも自転車や徒歩を使わない
ブランド品以外は買わない

将来、結婚を意識する女性に対して、男性陣は常識的な金銭感覚を求めています。ケチになり過ぎるのも考えものですが、家庭のお金を安心して預けられるような女性を目指すためにも、まずは自分のお金の使い方を見直してみましょう。

5.過去の喧嘩を掘り返す

喧嘩する男と女

ケンカの内容や原因を全て記憶している女性は多いのですが、それを新たな喧嘩の最中に掘り起こそうとするのはNG!

男性の気持ち!

昔の話と今の話は別物でしょ?

いつまで経っても解決しないし進展しない

根に持つそのしつこさに一気に冷める

そのときも昔も、確かに相手に非があるのかもしれません。しかし、2つのケンカを混同して「アナタっていつもそう!あの時だって…」とネチネチ言い続けてはキリがありません。また、彼女の追求にウンザリした男性が原因と真剣に向き合ってくれるかといえば…はなはだ疑問ですよね。

カップルでケンカをした場合には、「過去は過去、今は今」という当たり前のことを忘れずに、目の前に立ちはだかる問題にだけ向き合いましょう。

「親しき仲にも礼儀あり」を胸に行動して!

長い期間カップルの関係を続けていると、どうしても馴れ合いになってしまうことがあります。「これぐらいなら許されるかな…」と甘えが出るものですが「一線を保つ努力」がなければ、彼氏も気持ちが冷めてしまう瞬間を招いてしまうことも。

油断しちゃダメ!

女性らしさを忘れない
最低限の食事マナーを身に付ける
相手のプライバシーを尊重する
お金の使い方を改める
あくまで「今」のケンカの原因と向き合う

「親しき仲にも礼儀あり」という言葉を意識して実践すれば、それが「彼女としての魅力」につながり、多少のことがあっても「まぁ、これくらいなら仕方ないか…」と、彼も気持ちの折り合いをつけられるようになるはずですよ◎