好きな人の気になる女性になれる「恋の射程距離70m以内を確保!」

自分の存在を意識的に好きな人にアピールすることが「気になる女性」になる秘訣!片思いを両想いにするために、いつもの定位置を抜け出して賢く恋の小細工を試してみましょう。

好きな人の気になる女性になれる「恋の射程距離70m以内を確保!」

70メートルが恋愛射程距離の理由

「片思い中の彼はモテる人だから告白しても振られるかも知れない。何かいい方法は無いかな……。」と悩んでいるなら、彼の気になる存在の女性になれる70メートルの法則を活用しちゃいましょう。「何だか最近、気になる」と彼が感じ始めたら恋のチャンスは確実に近づいています。

自分の半径70メートルの範囲を想像してみてください。職場や学校、通勤・通学の途中など色々な人が思い浮かびますよね?

過去にある心理学者が行った実験では、自分の半径70メートルの範囲内にいる人を好きになったり、恋人になる確率が高いという結果が!

お互いが言葉を交わしたり触れ合う機会も作りやすく、70mは心理的に相手と親密になれる効果がある「単純接触」も行ないやすい距離なんですね。

確かに「彼氏や彼女がほしい」と合コンや街中に繰り出しても、結局、身近な場所の学校や職場での恋愛のほうが発展しやすいかも!

図書館に似るカップル

職場や同じ学校に好きな人がいるならチャンス

この70mの恋の法則は会社や学校に好きな人がいる場合、すぐに実践したくなる恋愛テクニックです。チラッチラっと自分の姿が彼の視界に入るように、今から恋の小細工作戦を練りましょう!

結婚するカップル多数!
半径70メートル効果はすごい!

まず、このデータは、結婚した夫婦が出会うキッカケとなった場所や環境を国立社会保障・人口問題研究所が調査したもので「職場」は圧倒的に恋愛が発生しやすい環境であることが判りますね。

フロアが何階にも分かれている大企業のビルで務めている場合、好きな人の半径70メートル位置に身を置くのは難しいですが、ワンフロア―の会社であれば日常的に接近のチャンスは巡ってきます。

学生たち

学校は10%と職場より数値が低いのですが諦める必要はありません。同じクラスの方がこの法則上は有利ですが、別のクラスや学年でもお昼休みや部活など何かしら好きな人の近くに登場して接触する場所や環境は作れます。

出会ったキッカケ 結婚に至った比率
職場や仕事 30%強
友人や兄弟の紹介 30%
幼馴染や学校、サークル 10%

※国立社会保障・人口問題研究所調べ


好きな人の「視界」に入り込もう!

彼の記憶の中にあなた存在をインプットさせるために、彼の視界を意識することから始めます。例えば、あなたが通勤や通学途中で知らない人だけど毎日のように一緒になる人、何人か記憶にありませんか?それと同じです。

よく見かけるようになると、自然と彼の記憶の中にあなたが刻み込まれるのです。

オフィスでは、これまでとは違うルートでコピー機へ向かい、いつもと違う向きでコピーをとる、向かい側の席に座っている彼に存在アピールをするために椅子の高さをチョッと上げてみる、時には彼の前でワザと書類を落としてみるなど、何かしらの小細工をして彼の意識へ入り込みましょう。

「視界」の次は「会話」に持ち込む

会話する女性

あなたの存在が刻み込んだら、次は軽く挨拶をしてみましょう。最初は、すれ違ったときに笑顔で「こんにちは」とか、軽く会釈をするだけでもOKです。

そうして挨拶だけでも言葉を交わせるようになったら、少しずつ長く会話できるように、「今日も暑いですね」とか「毎日忙しそうですね」など、他愛もない内容で構わないので、挨拶以外の話題も投げかけ会話に持ち込んで行きましょう。

少しずつ「何となく気になる女性」に!

この70メートルの法則は「急速に距離を縮める」のではなく「ふと気がついたらいつも近くにいる、何か気になる存在になっていく」という点がポイントです。

日常生活のなかの自然な流れで気になり出したものは、突然「好きです」と告白するよりも相手にとって受け入れやすいものだからです。

「存在」をインプットさせた後は、彼に今彼女がいるのかどうか、好みのタイプなどの情報を収集し「チャンス!」と思ったなら「ランチ行きませんか?」とサクッと誘って更に距離を縮めていきましょう。