振られそうなときに実行したいこと

彼氏が冷たい。デートしてくれない。電話もくれない。そんな別れのサインが増えたら、今すぐ最近の自分自身を見つめ直してみましょう!決定的に別れを告げられる前なら、まだ間に合う!

振られそうなときに実行したいこと

振られそうなときの対処法

急に連絡が減っちゃったり、会っても態度が素っ気なくなったり…。以前と明らかに様子が変わってしまい、振られそうな予感がする!なんて、嫌なサインを感じてしまうことありますよね。そうならないように別れのサインを感じたら、まずは自分から変わってみるのが大切。彼に振られる前に、自分を見詰め直すポイントをピックアップしました!

「だって!」「どうして?」の口癖をやめる

長く付き合っていたり、とっても気の合う彼と感じている人は、自分が自己中心的になっていないか?振り返ってみましょう。

デートに遅刻しちゃったら言い訳は止めて謝って

いくら気が合うとは言っても何でも一緒に、とはいきません。価値観や趣味、好みは人それぞれ。「だって!」「どうして?」と自分の考えを押しつけてばかりでは、彼も疲れちゃいます。「許されるから」と無意識に口にしているようなら、どんどん嫌われるワガママは加速するので気をつけましょう。

「好きだから」といって押さえつけない

付き合いを始めたばかりのカップルや心配性で不安を抱いている人は、重くなりすぎていないか?振り返ってみましょう。

浮気に仕事、将来のことなど、色々な不安を想像して心配性になるのは、彼のことが好きだからこそですよね。でも、少し連絡が取れなかったら何度も着歴を残したり、相手が何をしているか把握していないと嫌!なんて思っていては、彼も「重い」と感じてしまいます。

見た目の美しさも磨く

同棲カップルや長く付き合っている人なら、その生活に安心しすぎていないか?振り返ってみましょう。

彼のためにも見た目を磨こう

長い間一緒にいたり、生活を共にする時間が増えると、やっぱりリラックスタイムは増えますよね。だからといって、スッピンや緊張感のないスタイル、一目を気にしない服装は、リラックスというよりも「手を抜かれている」と、彼は寂しさを感じてしまいます。見た目のキレイさやお洒落を意識した自分磨きなど、好きな人を喜ばせるの努力は忘れずに続けていきましょう。

尽くしすぎるのをやめる

大好きな彼と絶対に別れたくない!と思っている人なら、尽くしすぎていないか?振り返ってみましょう。

大好きな彼のそばにいたいから…と、自分の時間やお金、手間ひまを惜しまず尽くす女性は多いのですが「心配だから」と仕事が終わるまでジッと待っていたり「喜んでほしいから」と高価な物をプレゼントしたり。相手を想った尽くす行動も、度がすぎると「俺って信頼してもらえていない」と彼は感じてしまいます。大人の女性としての尽くし方ができるように心がけましょう。

トキメキを思い出す

一緒にいることが居心地良くってお互いに当たり前の存在と思っている人なら、ドキドキしているか?振り返ってみましょう。

ドキドキしていたころを思い出してみよう

「子供みたいに笑う姿が、可愛く感じたんだよね」「私が仕事で泣いたら、オロオロしながらもしっかり励ましてくれたっけ」といった、好きになったきっかけを覚えていますか?落ち着いた恋愛の中でドキドキの感情を忘れてしまうと、彼は彼女が家族のような存在に見えてしまいます。形を変えた愛情の中にも、付き合い始めの頃の好きな気持ちを忘れずに、思い出していきましょう。「好き」と改めて気持ちを伝えるのもオススメです。

ありがとうを言葉で伝える

付き合って何度もデートを重ねている人なら、感謝の言葉を伝えているか?振り返ってみましょう。

誕生日やクリスマスといったイベントではプレゼントを交換したりしますが、日々のデートも振り返ってみると、彼にお店を選んでもらったり、車で送ってもらったり、奢ってもらったり…。結構細かい所で、彼に色々してもらっていること多いのでは?小さなことでも、当たり前で終わらせてはダメ!ありがとうの言葉を伝えることが大切です。感謝の気持で終わってしまうと、彼も「伝わっているのかな?」なんて不安を抱くことに…。些細なことでも、感謝の気持ちを言葉で伝えるようにしましょう。

振られる原因は小さいうちに摘んでおく

彼氏の態度が変わったと感じたときは、自分自身がどこか良くない方向に変わってしまっているのかも?と、自分を振りかえってみることが大切です。でも、振られる予感がしてからでも遅くはありません。こっちが変化すれば、きっと彼もまた変わっていく可能性はまだありますよ!

上へ戻る