恋愛心理テクニック・恋の駆け引きがうまくいく確率アップ

気になる人とご飯を食べに行きたい!もっと距離を縮めて仲良くなりたい!という願いが叶う、恋の駆け引きに使える方法を紹介。好きな人が思わず「うん」と返事をしてしまう質問の仕方などコツを覚えれば簡単!

恋愛心理テクニック・恋の駆け引きがうまくいく確率アップ

恋愛心理テクニックでこっそり彼を誘導しよう!

効果があるのはわかっていても「恋愛の心理戦はどうも苦手…」という女性でも、簡単に試すことができて、好きな人を振り向かせる効果がある「恋愛心理テクニック」を6パターン紹介。

「心理学や営業術」で、実際に使われている「心理作戦」は、恋愛でも使えるテクニックは、ちょっとしたコツを掴むだけでOKなので、気になる男性を落とすためにチャレンジを!好きな人との距離を縮めたり、デートや食事に誘うなど、色々なシチュエーションで使えるので覚えておいて損はナシ!

「ダブルバインド」

「二重(にじゅう)拘束(こうそく)」という意味を持つ「ダブルバインド」は、特にデートに誘いたいときにピッタリな心理テクニック。相手に質問を投げかけるときに、2つの選択肢を「YESかNOか」ではなく、最初から「両方ともYES」という答えになるように罠をかける小悪魔的な恋愛心理テクニックのひとつ。

好きな人を上手く誘導して質問に答えさせることで、自分の思い通りにコトを運ぶことができますよ。

Yes or Yesの文字を持つ女子

「今日の夜にイタリアンのお店に行かない?」
・このセリフで質問すると「YESかNOの返事」になって、ダブルバインドの作戦が失敗に終わります

「今日は止めておく」と言われたら、それで終了しましょう

これが「ダブルバインド」です。
「今日は中華かイタリアン、どっちの気分かな?」と選ばせることで、必然的に「ご飯を一緒に食べる目的が果たせる」ように事が運ぶようになっているんです。

※「行かない」という選択肢が、実は用意されていないというのがポイント!

ミラーリング効果

類似性の要因と繋がりがある「ミラーリング」は、二人になれたときに実践すると効果を発揮する恋愛心理テクニックです。

同じ画面を見つめる男女

人自分と同じ行動をとったり仕草をする相手に関心を抱き、仲間意識が強くなる心理的作用を逆手にとって、恋愛アプローチに活用しましょう。女性側から進んで男性の動きを自然にマネすれば「もしかして、これって運命なの?」と、相手に思わせることが可能です。

恋愛心理テクニック・成功の秘訣

彼の動作を自然にマネる。彼の動きをジッと観察して、動きをピッタリ合わせる必要はナシ!むしろ、ワンテンポ遅れて真似するくらいが自然です。

ミラーリングを上手に繰り返しているうちに、相手は居心地のよさを無意識のうちに感じるようになります。

「フット・インザ・フェイス

営業術としても有名な「フット・インザ・フェイス(foot in the face)」は、彼を上手に誘導するのに役立つ心理テクニック。

「大きなことを提案した後に、小さな提案をする」この方法は、最初は「大きな壁」を感じた提案を断った相手も「小さな提案」に対しては「ハードルが低い」と感じさせる効果があるため、比較的、簡単に受け入れちゃうのです!

現実的ではない「海外旅行の誘い」に対しては、ほぼ100%「そんなの無理だよ~」と、断れてしまうはず。

そこで!「近場で遊ぶ」という「妥協案」を持ち出すと「それならできる」と、相手もスムーズにOKしちゃうのです。

「ローボールテクニック」

「一慣性の定理」に基づいた心理効果を活かしたのが「ローボールテクニック」。これは、相手が納得して選んでいるかのようにみえるのに、実は後から条件を提示しているという「上級クラス」の駆け引きテクニック!「しょうがないね」と相手が答えれば、そのテクニックにハマッてる証拠!

ポイントは「みんなでご飯を食べる」という誘いに、相手が一度OKしていること。

その後、他のメンバーの予定が揃わず二人きりの食事になってしまっても、一度納得している彼は「しょうがないね」と二人でその約束を果たそうとするのです!

「ボッサードの法則」

彼とトランプする彼女

「単純接触の原理」として有名なのが「ボッサードの法則」。一方が転勤や引越しをして、突然、遠距離恋愛になったことが原因で、長く付き合ってたのに別れちゃった!なんてカップルの話、聞いたことありませんか?

実は「男女間の距離は恋愛感情を左右する」というのは、心理学の実験結果にも出ている現象のひとつ。逆に、距離を近づければ恋愛感情を刺激するのに役立つので、使いこなすしかありません!

普段のちょっとしたやり取り、飲み会や食事会の席などで気になる彼と話すときは、パーソナルエリアと呼ばれる「半径50cm以内のスペース」に入り込むのが目標!

心を許せる相手だけが立ち入れる距離に近づきながら、恋するハートも奪っちゃいましょう!

「ラポールトーク」

フランス語で「信頼関係」という意味を持つ「ラポール」という言葉を使った「ラポール・トーク」は、まさに心の橋渡しになってくれる、便利な心理テクニック。

相手との親密度を高めるために、聞きたいことは色々ありますよね。そんなとき、ただ質問を投げかけるだけではなく「納得したり興味や共感を示す」ことで、男性も「気が合うな」「話していて楽しいな」と感じるようになります。

相手の好みを知るために質問ばかり繰り返していては「インタビューを受けているみたい」と、相手に違和感を抱かせます。

※相手から見たら距離はまったく縮まっていませんよね。

相手の趣味や好みに関心を示したり、共感できる話なら深く掘り下げて会話を進めて!話を聞いてくれることに相手も嬉しさを感じ、お互いの距離も縮まります。

※まずは1つの質問を掘り下げていくのがポイント!

上へ戻る