今までとは違う30代女性の恋愛の心構え5か条【仕事と結婚と親】

仕事に遊びに忙しくしていたらあっという間に20代は過ぎ、いつの間にかやってくる30代。気付けば私は独身組…そんな中恋愛にも焦ってしまいがちだからこそ、深呼吸してゆっくり考えてみたいことがあります。

今までとは違う30代女性の恋愛の心構え5か条【仕事と結婚と親】

20代とは違う、30代からの恋愛

大学を卒業し、就職して社会人になって、今までがむしゃらに働いて頑張ってきたけど、ふと気づけばいつの間にか30代…。恋愛をしたい気持ちはあるのに、なかなかうまくいかず、それなのに次々と結婚、出産していく周りの友人たちの姿に、ますます焦りが隠せなくなってはいませんか?

実は、「30代の恋愛」は、10代、20代の気持ちのままでは思うようにいかないことは多いのです。将来が少し不安に感じてしまった女性のために、30代女性に必要な恋愛に対する心構えを紹介します。今一度、立ち止まって自分の恋愛や幸せについて考えてみませんか。

30代女性の恋愛のキホン1
他人と自分を比べないこと

30代女性の恋愛を焦らせる友人の結婚

30代に突入すると、周りの友人達は既に結婚、出産を終えていることも多い時期。周りにある変化が自分にはないという環境にいると、どうしても周りと自分と比較してしまい焦ってしまうことが多いでしょう。しかし、焦ってもただ空回りするだけでいいことはありません。こんなとき、まず自分は、何を優先させていくのかを明確にしましょう

例えば、「やりたい仕事があるため今は仕事を優先させて、落ち着いてから彼との結婚を考える」なのか、「子供を持つことを優先させたいので、彼が結婚に踏み切ってくれないなら思い切って見切りをつけて婚活する」など、焦りを生み出している原因へアプローチすることが大切。自分が考える幸せな将来を実現させるためには、今自分がすべきことを明確にすることで、他人の環境に振り回されることなく自分のペースを保っていけることができます。

30代女性の恋愛のキホン2
受け身の恋愛を続けないこと

積極的に恋愛する30代女性

特に30歳からの恋愛では、男性からの誘いを待っているだけではなかなか恋愛に進展せず、無駄に時間を過ごしていくことになりかねません。

そうならないために、30代に突入したら恋愛に対して積極的になることがとても大切です。しかし、「とにかく恋愛しなくちゃ!」と焦ってしまわないこと。焦る気持ちというものは不思議と相手にも伝わり、中にはガツガツした雰囲気になんだか「恐怖」さえ感じてしまう人もいるかも知れません。でも、大丈夫。焦る気持ちは、恋愛を楽しめるようになると消えてくれます。恋愛ドラマや映画などを見て、少しずつ恋愛体質になることで自然と恋愛を楽しむことができるでしょう。

30代女性の恋愛のキホン3
高くなりがちなプライドを抑えること

女性社会人としてキャリアを積んできた人にとって、プライドを持つことは大事なことですが、恋愛においては高すぎるプライドは相手に「近寄りがたい」という印象を与えたり、「面倒くさい女」という風に思われかねません。恋愛する上では、余分なプライドは抑えて、「素直なかわいい女性」でいることを心掛けましょう。また、仕事と恋愛のメリハリを上手につけていければ、そのギャップが30代女性の魅力になっていくはずです。

30代女性の恋愛のキホン4
彼に自分の価値観を押し付けないこと

30代では男女ともに自分の考えや価値観が定着していても不思議はありませんが、反面、なかなかその視点を変えられないことも増えてくるでしょう。悪く言うと、「考えや価値観が偏りがち」になってくる時期でもあるのです。そのため、自分と違う彼の意見や価値観が受け入れられず、恋心まで冷めてしまうようなこともあるかも知れません。

しかし、人それぞれ考えや価値観は違うもの。最低限の意見の合致は必要かもしれませんが、ある程度の違いは許容し、相手の考えを尊重することで今まで見えてこなかったものが見えてくるかもしれません。それに、そこが恋愛の素敵な所でもあるのです。相手に自分の価値観を押し付けずに、相手を認める心の余裕を持ちましょう。

30代女性の恋愛のキホン5
親の心配に流されて恋愛を考えないこと

30代娘を心配するお母さん

同じ30歳代でも、今現在の30代とその親の世代の頃と比べると、やはり時代背景が違ってくるものです。親の世代が経験した「30代」は、経済的にも安定しある程度の余裕があり、結婚して子育てをしていたという人は今よりも多かったため、焦りはより強いのかもしれません。そのためか、親は子供と自分の頃とを比較してしまい、「結婚はいつなのか」などつい言ってしまう人も…。

しかし、結婚・出産は人生の中でも重要なライフイベントでもあるからこそ、ここは親の気持ちに流されずにあなたの気持ちを明確に伝えたいところ。本当はまだ仕事をしたいのに、「孫の顔を見せてあげたい」と無理をして婚活してみたりしても、苦しむのは目に見えています。なにも、親の言うままに願いを受け入れるだけが、親の気持ちを汲む方法ではありません。それに、自分の考えをきちんと親に伝えることは、大切な親との関係を保つ上で大事なことです。