本当はモテる女なのにモテない女性「高嶺の花」が男を引き寄せる方法

「近寄りがたい」って、ある意味、褒め言葉のようにも聞こえますが、男達が近づけない状況が続いてしまうと「彼氏がほしくても出来ない女」に、なってしまいます。男にモテるために「親近感」を意識してみましょう。

本当はモテる女なのにモテない女性「高嶺の花」が男を引き寄せる方法

「本当は高嶺の花じゃないのに…」
「モテるはず」なのに「モテない」女性の改善点

「なんとなく話かけづらくて近寄りがたい」と思われて、なかなか男性から誘われることの少ない「高嶺の花の女性」が、男性に具体的なアクションを起こさせて「私はモテている」と、実感できるようになるために実践したい5つの方法。

1.意識して隙をつくる

「高嶺の花」と、言われる女性が男性からの誘いを受けにくいのは「近寄る隙がない」というのが一番の理由。そのため、意識的に男性が声を掛けやすくなる「スキ」をつくることが重要。

毎日「相手を受け入れる笑顔」で挨拶することはもちろん、時々、あえてドジをする姿を見せたり、失敗談を語ることで親近感を与えることが出来ます。

意識して隙をつくる

男を引き寄せるために「完璧じゃない」というアピールは必須!

2.リア充アピールを控えて自分から誘う!

彼氏がいなくても仕事に趣味にと毎日が充実している様子は「彼氏がいなくても満足した生活を送っているんだろう」と、周囲の男性にも捉えられてしまいます。

それが実は、単なる「誤解」であっても、彼らが頭の中で思い描いている「彼女の楽しそうな生活の中」へ、男性は足を踏み入れることに戸惑いや恐れを感じてしまうことがあるのです。

facebookなどのSNSの投稿を見直す

・男を遠ざけるのは「リア充投稿」
・男が近寄ってくるのは「地味目な生活ぶり投稿」

3.男への理想は高くないことをアピールする!

男への理想は高くないことをアピール

これは極端な例ですが「年収は5000万円以上・家持ち・高級車持ちが理想の男」と、夢のような理想を掲げてしまうと、多くの一般男性はその望みを叶えられないため「黙って身を引く」ことになるのです。

女性が「普通の生活に幸せを感じている」と思っていても、手が届きそうもない女性に男性が勝手に抱いている「男性に求めている理想も高いはず」と、いう思い込みと印象を覆すことで男を呼び寄せましょう。

会話中に男へアピールしておきたいこと!

・「物質的なものより、精神的な幸せを求めている」ということ。
※本心とは違っても、男を引き寄せるために言っておく。

4.外見に変化をつけてみる

今まで、隙のなさを感じさせる服装や濃い目のメイクをベースにしていたのなら、ナチュラルメイクにしてみたり、ジーンズにTシャツなど「ラフな服装」も試してみるのもおすすめ。

「パーフェクトな印象」を与えている可能性が高い女性は、ファッションやメイクを工夫して「抜け感」のある雰囲気を演出すると「親近感」を与えることが可能に!

5.好きな人の前では弱さを見せる

好きな人の前では弱さを見せる

見た目が良いと「すべてが完璧な人間」と誤解されやすいのですが、普通の女性と同じで弱いところもあり、ツラく悲しい時は「誰かに頼りたい」という願望もあるはず。

だから、好きな人の前では弱い自分をたくさん見せるのです。職場や学校で気になる人ができたときに相談にのってもらったり、たまに弱音を吐く姿を「恋愛アプローチとして活用」してみて下さい。

男に弱さをみせるコツ!

不特定多数の男に「弱さ」をアピールするより「好きな人にだけ見せる」ことで効果を発揮します。