結婚ラッシュに動揺・取り残された感がパッと消える考え方

結婚ラッシュで友人たちの結婚式へ続けて出席すると、独身女性は『結婚できない自分はダメな女だ…』と、心がザワザワしますよね。でも、もし”今”結婚できるとしたら、本当にしたいですか?独身って楽しいですよ!

結婚ラッシュに動揺・取り残された感がパッと消える考え方

結婚ラッシュに動揺する必要はない!

なぜか幼馴染や友達や会社の人などが、結婚間近だというニュースが立て続けに舞い込んでくる時期ってありますよね?

おめでたいことなので祝福するべきなのですが…、肝心の自分自身が付き合っている彼氏との結婚を願っているのにプロポーズされる気配すら無い、または、”恋人さえ出来ない”となると、他人の幸せなんて素直に喜ぶ気分にはなれないし、”行き遅れること”への焦りや不安でいっぱいになります。

特に、世間では結婚適齢期と言われている「アラサー世代」ともなると、友人知人、会社の同僚や後輩などの結婚ラッシュを目の当りにする度に、将来への不安は倍増し、羨ましさからの嫉妬心で心中穏やかではいられませんよね。そんな自分に対して、自己嫌悪に陥ってしまうことも珍しくありません。

不安になる女性

では、結婚という幸せな人生から取り残されたような気がして焦燥感に悩まされている女性が、「周囲の結婚ラッシュに振り回されず、幸せになれる考え方」を紹介します。

1.どうして結婚したいのかを考える

新郎の優しい眼差しで見つめられて、世界中の誰よりも幸せそうな友人の花嫁姿を見て「いいなあ…、羨ましいなぁ…」と、まるで自分には縁がないことのように落ち込まずに、じっくり考えてみて下さい。

アナタは目の前で結婚式をあげているカップルの「何」に対して「羨ましい」と感じているのでしょうか?

これが羨ましいのでは?

  • 豪華な結婚式
  • 綺麗なウェディングドレス
  • 温かい祝福
  • 旦那さまとの新婚旅行

もしかして、結婚することで”一時的に体験できる素敵な部分”にしか注目していないのでは?

夕方の新婚

「式」が終われば、どんなカップルにも普通の現実的な生活が待っています。だから、夢の世界のような演出をしている挙式や披露宴での幸せそうな様子だけを見て、結婚への憧れを膨らませて焦るのはナンセンスなんです。

周りの結婚ラッシュに急かされて”大事なものを見落としたまま”誰かとゴールインしても幸せにはなれません。それに気付くことこそが幸せを手に入れる第一歩

2.「勝ち組・負け組」という視点を捨てる

どんな相手を選んでも苦労が絶えないのがケッコンなので、困難なことを一緒に乗り越えることができる男性じゃないと本当の幸せは掴めません。”高学歴で高収入のイケメンと結婚したオンナは勝ち組だ”という価値観を持っているなら要注意!

男性のココを重視していない?

  • 顔の良さ
  • 年収
  • 学歴
  • 勤めている会社のグレード

表面上だけで勝ち組、負け組と決めることは簡単ですが、それだけでは結婚したあとに降りかかる数々の問題を乗り越えていくことが難しくなってしまいます…。

本当に幸せかなんて結婚してみなければ誰にも判断することはできないので、他人の目を気にするより、自分が心から『彼と一緒にいたい』と思える人と一緒になるほうが、本当の意味での”勝ち組”になれるのです

幸せな新婚

3.”適齢期”に惑わされない

20代前半から後半にかけて結婚適齢期だといわれていますが、やはり友人たちの結婚ラッシュが続くのもこの時期で、30代の入り口が見えてくると女性たちは気持ちが落ち着かず緊張が高まってきます。

しかし、”平均的な適齢期”を基準にしていると、幸せな結婚は遠のくばかり…。

本当の適齢期とは?

自分が『この人!』と思える男性と出会えたとき!

取り残されるのは嫌だからと、焦って適当な人と結婚して後悔するのは自分自身。焦れば焦るほど、判断力が鈍って正しい選択ができなくなるものです。

結婚が決まった幸せそうな女性たちが身近にいると、まだ独身生活から抜けだせる見通しがたたない不幸(?)な自分の境遇を比べてしまものですが、一般的な適齢期が過ぎようが、ゆっくり運命の人を待つ心の余裕があれば、相性のよい人生のパートナーを選ぶことができますよ

夕日の下で愛し合う男と女

4.独身ならではの良さに注目する

結婚ラッシュに遭遇すると、当然ながら幸せそうな新郎新婦たちの姿を目にする機会が増えるので『二人一組になることこそが人生最大の幸せだ』という錯覚を起こしやすくなります。

ここで複雑な気持ちを切り替えるのに重要なポイントとなるのは、独身生活を満喫している人たちにも目を向けること!

結婚には憧れるけど?

独身だからこそ楽しめることもある

家庭を持ち子供ができれば、美容やオシャレに投資したり自分の好きなものを買う機会は減ってしまいますよね。結婚している人にとっては「一人の自由」って得難いものなのです。

それを手放してでもすぐに結婚したいという気持ちが強いのなら別ですが、躊躇いがあるのなら、きっとまだ独身ライフを思いっきり満喫できていない証拠かも?

周囲の結婚ラッシュに一喜一憂して独身時代を目いっぱい楽しむことを忘れてしまってはもったいない!まだまだ男性との恋愛や趣味や長期の旅行など結婚しなくても夢中にはなれることはいっぱいあるハズですよ

旅行を楽しむ女性

5.他人と自分の幸せを比べない

結婚する知人たちを見て焦ったり動揺する原因は、他人と比較していることにあります。本来、”自分にとっての幸せ”は、自分自身にしか分からないものですよね。だから、友達などと比べられるものではないのです。

それなのに『あの子は幸せそうなのに、私は相手もいなくて不幸だわ…』と、勝手に”自分と友人の今の状況が違うということだけ”で不幸だと思い込み焦ってしまうんですよね…。

お金持ちで裕福な家庭で育った女性と、ビンボーな家庭で育った女性とでは、幸せの価値観が違いますよね。今いる環境が違えば幸せに求めるモノも変わるので、比べても意味がないのです。

もしかしたら、結婚していった人の中には『独身で気楽に暮らせるなんて羨ましいな』と、アナタと比べて自分を悲観している女性だっているかもしれませんよ。 ”隣りの芝生は青い”のです。

結婚したカップル

6.本当に“今”結婚したいのか考えてみる

身近な人だけでなく、芸能人の結婚ラッシュにも心が乱されることってありますよね。そして『私も“今”結婚しなきゃ、余り物になっちゃう』という考えになりがちですが、本当にそうなんでしょうか?別に結婚は何歳になってからだってできます。

それに、アナタは“今”のタイミングで結婚するのがベストなのか真剣に考えてみてください。よく考えると、今はもっと結婚の他にやりたいことがあったり、もしくは現実的に無理だったりするのではないでしょうか?

今じゃなきゃ駄目?

仕事でやり残したことはない?
家庭を持って親になる覚悟はある?
気軽に友達と遊べなくなるけどいいの?
結婚するためのお金は貯めた?
実家から離れて暮らすけど寂しくない?

※どれか1つにでも、チェックが入りませんか?

女性は結婚することによって環境がガラリと変わる場合が多いのですが、その変化にアナタは今の環境で耐えられそうですか?

まだまだ独身時代にやるべきコトが残っているのに、結婚ラッシュに感化されて『結婚もしなくちゃいけない』という強迫観念に囚われ、自分がやるべき大事なことを忘れて現実が見えなくなっているのかも知れません。

自分の”今”を正しく見極めることが、後悔のない結婚生活に繋がりますよ

考え込む女性

7.親族に結婚を急かされても気にしない

  • 『私はあには子供がいたわよ』
  • 『隣の○○ちゃんは、来月結婚式ですって!』

久しぶりに実家に帰って親や親せきに会うと、絶対に言われるのが『結婚はまだ?』というお決まりのセリフ。ウンザリすると同時に『やっぱり、まだ結婚できてない私ってヘンなのかも…』と、肩身が狭い思いをします。

でも、いくら親族の言葉だからといって、それに左右され人生の一大事を決めるべきなのかといったら違いますよね。

もちろん、親心で心配しているから口を出すこともあるのでしょうが、結婚するのは自分自身なのだし、それは家族だろうと無理強いする権利はありません。

世代にもよりますが、女性は学校を卒業したらすぐに結婚することが当たり前だった時代に生きていた親と、ほとんどの女性が就職をして、結婚後に共働きすることが珍しくない”現代”をリアルに過ごしているアナタとの価値観は大きく違って当然です。

だから、親たちとは、結婚への意識や時期への捉え方がまったく違うもののだとアナタが自覚できれば、どれだけ周りから結婚を急かされても気にも止めなくなり、焦りも収まります。

焦りは”その場限りの脆い幸せに手を出す原因”にもなるので、冷静になって不幸を回避して下さいね。

本を読む女性

アナタの適齢期”今”じゃなく”来年”かも?

  • 『うらやましい』
  • 『私だけ何で?』
  • 『一生、独身かも知れない』
  • 『私のほうが可愛いのにどうして?』
  • 『彼氏にプロポーズされない私は魅力がないの?』

度重なる他人の結婚の知らせに対して、心の底からよろこべる独身オンナなんていません。ニッコリ笑って『おめでとう、私も嬉しいわ。幸せになってね』なんて余裕のあることを言っていても、腹の中では、羨ましさ、焦燥感、怒りを募らせているものです(笑)

でも、今後の幸せの行方を左右するのは、そういった状況に置かれた自分を嫌になるか、肯定的に捉えることができるかなのです。

いつまで経っても自己嫌悪ループから抜け出せずにウジウジするのはもちろん、将来的に結婚したくて堪らないのに『私は仕事に生きる!』なんて意地になって、結婚願望を押さえつけるなんてもってのほか。

今一度、自分の中にある”結婚に対する価値観”を見つめ直すことで、素直に友人を祝ってあげられるようになったり、何よりも自分の気持ちに正直になれるので心も落ち着きます。

世の中には「出会ってすぐに運命を感じてスピード結婚!」なんて実例も多いので、良縁はもう目の前まで来ているのかも知れませんよ。だから、結婚ラッシュのプレッシャーなんかに振り回される必要はないのです