門限アリでも彼氏と上手に付き合いたい!時間と戦う4つのルール

帰宅時間に厳しい家庭であるということは、それだけあなたのご両親があなたのことを想ってくれているということ。二人が上手に付き合うためには、両親にあなたと彼氏を信頼してもらうことが大切です!

門限アリでも彼氏と上手に付き合いたい!時間と戦う4つのルール

門限が厳しくても恋は楽しみたい!

念願の彼氏ができたら、いろんなデートスポットに行って思いっきり楽しみたいですよね!もちろん、遠出したり旅行に行ったりというのもお付き合いの醍醐味

ところがそんな二人に立ちはだかる大きな壁…。それが門限です。


大事に育てられているお嬢様っぽい印象を与える門限ですが、実際に好きな人と付き合うようになると困ることが多いもの。

親の愛情の証だとは頭で理解していても、二人の感情が盛り上がっているときでも帰らなければならないとなると…やはり辛いですよね。

あまりにも厳しすぎると彼に引かれてしまいそうだし、面倒なオンナと思われそうで不安になってしまいます


時計と女の子

ただでさえ仕事で自由時間が限られている社会人や、夜の飲み会の多い大学生であれば、尚更門限の厳しさが影響するのではないでしょうか。

「いいトシして外泊禁止&門限アリなんて悲し過ぎる…」と嘆く女性に、厳しい門限を乗り越える4つの方法を紹介します

「長く我慢すればいつかは…」とのんびり構えているより、まずは行動あるのみ!二人で協力して、門限という障害を乗り越えていきましょう。

1.門限=悪いことではないことを理解する

あなたの知らないところで、あなたを危険から守っていている騎士(ナイト)のような存在…それが門限です。

これまで門限があって危険な目にあわずに済んだからこそ、男性に対して恐怖心を抱くことなく、今こうして彼氏と出会うことができたともいえるでしょう。

こう考えるのがベスト!

門限は女性にとってのボディーガード!

門限は恋する女子のボディガード

あんまり門限があることを悲観的に捉えてしまうと、限りあるデートの時間を思い切り楽しむ気力もなくなってしまいます…。

また、どうして門限があるのか…根本的な理由はやはり、あなたの両親の愛情深さにあります。

好きな人との時間が満足に確保できないと、娘としてはつい「いくらなんでも心配性すぎる!」とその愛情をはねのけたくなってしまいがちですが、まずはあなた自身が親の愛情を素直に受け入れることが大切なのです。

2.会えないことを利用する

『帰りたくない!』
『このままずっと一緒にいたい!』

刻一刻と迫る時間。二人の気持ちが燃え上がるほど、門限が邪魔に思えてしかたなくなってしまいますよね。

でも、二人の間に程よい障害がある方が、恋愛は燃え上がりやすくなると思いませんか?

こう考えるのがベスト!

時間が限られているからこそ、門限内で会える時間を大切にできる!

門限があるからこそ恋に刺激がある?

羨ましくなってしまいますが、実は “何の問題もないカップル”の方がマンネリ化するのは意外と早く、すぐに別れてしまうものなのです。

限られた時間をどう過ごすかを考え、門限という障害に二人で立ち向かっている間は、別れの心配もする必要はありません。なぜならそれはお互いを好き合っている証拠だから

 諦めずに二人で協力して朝早い時間からデートするなど、お互いを思いやることでさらに二人の関係は深まります。そう考えると、門限という存在はカップルに少なからず必要なものなのかもしれませんね。

3.親と彼氏とそれぞれ意見を話合う!

「やっぱり…この門限設定おかしい!」そう感じ始めたら、親や彼氏とそれぞれ話合う場を設けましょう。

親と話合うポイント!

 今のこの門限は本当に適切なのか?
 彼氏を信用していないのか?
 なぜ危険だと思うのか?

彼氏と話合うポイント!

 門限に対して不満はないのか?
 何時まで一緒にいたいのか?
 限られた時間でもっと工夫はできないのか?

キッチリ話合いの場を設けないと、お互いの考えを共有できず、門限問題を解決することもできません。

不満を感じているのはアナタだけなのか、家族や彼氏は本当のところどう考えているのかをしっかり把握する必要があります。

また、両親といっても、父親と母親の考えもそれぞれ違うかもしれません。個人の意見を聞き出すことが肝心です。

 胸に引っかかっていることをトコトン話合うことで、門限だけでなくお互いの家族のことや、二人の将来のことまで真剣に話せる良い機会になりますよ!

4.彼氏を親に紹介する!

恋人を紹介する女性

親がアナタに恋人がいることを知っていても、カレを親に紹介していない場合、あなたの門限がキビしいままなのはそれが原因かもしれません。

秘密が多すぎる男性だったら、親の立場としては万が一の危険を考えて、娘に門限を決めるのはごく当たり前のことです。

親に彼氏を紹介することで?

信頼関係が生まれる!

親だって、いつか子供を手放さなければならないときがくるのは承知の上。信用できる相手だとわかれば、両親の門限に対する厳しさも少なからず緩くなるハズ!

しっかり面と向かって話合うことで、今すぐは無理でも二人で決めた門限を認めてもらえるようになります。

 ただ、その後約束を破ってしまえば、また門限が厳しくなってしまう可能性も…。決めた門限はしっかりと守ることが前提です。

門限改善のためには
話合いの場が必要!

キビシイ門限を前に、出てくるのは不満や愚痴ばかり。

「でも、親の言うことだから仕方ないのかな…?」と、カレとの付き合いも諦めがちになってしまいますよね。

門限と上手に付き合っていくには?

・門限がある意味を理解する
・あなたの不満をわかってもらう
・彼氏と両親の不満も受け入れる
・冷静に話合う


※以上の4つが重要なポイント!

そのまま自分の本音や不満を心の内にためこんでいるようでは、問題を先延ばしにしているだけにすぎません。

気まずさもあって気乗りしないかもしれませんが、彼氏とだけではなく、家族とも冷静にじっくり話合うのが一番の解決方法です。

「時間に限りがあるから…」と恋することを諦めずに、家族からも祝福される素敵な関係をカレと築いてくださいね!