仲直りの仕方・彼氏とケンカしてもすぐに元通りになる秘訣

仲直りの仕方は、最初に謝って彼に自分の意見を聞き入れてもらう体制をとらせてから、感情的にならず気持ちを話していくだけで、仲直り出来ることがほとんど!喧嘩のあとのフォローも忘れないことがポイントです。

仲直りの仕方・彼氏とケンカしてもすぐに元通りになる秘訣

ケンカした彼と仲直りの仕方

あなたにとって大切な彼氏なら『1秒でも早く仲直りがしたい!』と、はやる気持ちはとてもよく分かりますが、慌てて涙ながらに彼にあなたの感情をぶつけてはいけません。

彼氏と喧嘩してどうしても仲直りがしたいなら、まずは冷静になって、あなた自身を変えることが一番の近道です。

喧嘩した原因や「どっちが悪い」ことにこだわり過ぎると、結局お互い譲らずにギクシャクした雰囲気が一向に収まりませんし、原因になった問題を冷静に2人で話合う場を作るためにも、まずは、お互いに怒りを鎮めることが大切です。

言い争いは意地になって長引かせずに、早く上手に丸く収めたほうが勝ちで、この秘訣を忘れずにいるだけでスムーズに元の2人に戻れるハズ。

日頃の不満がたまり、些細なことでケンカになった彼氏との仲直りの仕方を紹介します!

1.自分から先に謝る

恋人に謝る女性

明らかに相手が悪いとしても、とにかくケンカを収めたいなら「どちらが悪いか」にこだわらず大人になって自分から先に謝り、相手の意見を聞く姿勢を見せると彼も落ち着いてアナタの意見も聞き入れてくれるハズ。

謝る時のポイント

「言い過ぎてごめんね?」と、態度について謝る

原因に対してではなく、態度について先にこちらから謝ることで感情的になっていた彼を心理的にもいったん、落ち着かせることが出来るのです。

怒りで感情のボルテージが上がっているうちは、収拾がつかなくなるだけですので先手必勝で謝っておいたほうが勝ちですよ♪

2.お互いに価値観が違うことを認める

『普通、○○するでしょ』
『○○して当たり前でしょ!』

と、言われても違う親から産まれてきて育ってきた環境も違う他人同士では、物事に対する常識や価値観が違って当然です。

そのことを理解しておけば相手を許すことも出来るし、そもそもケンカになることが少なくなるハズ!

お互いを否定せずに『私は○○だと思うけど、どうかな?』『彼がそう思うなら、私もそうしようかな』と、歩み寄る努力が平和な毎日へと実を結ぶのです。

彼に謝るチャンスを与えるコツ

一歩譲ってあげること

比較的女性は、柔軟な考え方ができるハズなので女性から歩み寄ってあげることで、彼に謝るチャンスを与えることが出来るのです。

3.相手を責めず自分の気持ちを冷静に伝える

彼氏に思いを伝える女性

男性は感情を思いっきりぶつけられることが苦手で、彼女が感情的に迫ってきたら反省するどころか、ウンザリして逃げ出したくなり、別れを選ぶ方向に行くこともあるのです!

そこで、まずは感情的にならないためにも、自分の気持ちを文章に書いたり、信頼できる友人に話してみると、感情に整理がついて冷静になることが出来ます。


相手の立場や態度を責めることで、溜まっているストレスを吐き出したりアナタの気持ちがスッキリしますが、逆に相手を怒らせたりして仲直りが出来ないことに繋がります。

彼と確実に仲直りをしたいのなら「自分がなぜ怒っているのか」「自分の考えは○○なんだ」と、冷静に伝えてくださいね。カッカしながら相手を責めている内は、絶対に相手は耳を貸してくれません。

考えがうまく伝えられない時

言葉で表現するのが苦手なら、メールで送る

メールなら納得するまで書き直して伝えることが可能ですが「面と向かって上手く話せないからメールで伝えるね」など、フォローも必要です。

また、キチンと自分の考えを相手に伝えることで、それまで彼が気づかなかった部分や怒っている理由を知ることが出来て、いまよりもっと2人の仲が深まるハズです。

4.翌日に持ち越さないこと

どんなに激しいケンカをしたとしても翌日まで引きずっていては、仲直りも出来ないまま何日も冷戦状態が続くパターンとなります。

そのうち、相手の態度にイラッとすることも増えてきて、そもそもの喧嘩の原因からポイントがズレて「彼の全部がムカつく!」状態になる傾向があります。

2人が救われるルールをつくろう

ケンカを翌日に持ち越したら罰金を払う
その日に解決しなかったら、お互いに謝る

これからの2人のルールとして、仲直りしている時に決めておき、喧嘩をした時は「まだ寝ぼけている翌朝」が仲直りのチャンスタイムですよ♪

5.ケンカした後にはフォローを忘れないこと

恋人を慰める女性

トラブルがあった時は、相手の欠点をズバリ言いすぎたり、必死で伝えたことが理解されずに何だかモヤモヤして不完全燃焼なんてことがあるかもしれませんが、それはきっと相手も同じ気持ちのハズ。

  • 『喧嘩したけど好きだからね』
  • 『アナタのことが好きだからこそ、怒っちゃった』

など、相手のことを想っている気持ちがあることを、必ず伝えるようにしてくださいね。

6.目標を持って前向きな自分になる

無事、仲直りが出来たあとには『喧嘩をして彼に嫌われたかも…』と、ネガティブになっている自分の気持ちを変えてみましょう。

かといって、ただ「ポジティブに明るく!」と、唱えてもそうはなれないし、ヒマさえあれば彼のことばかり考えてウジウジする気持ちになりますよね。

やっぱり一歩踏み出さない限り負のループから抜けられないので、彼とは関係のない「自分のためだけの目標」を持ち、それに夢中になって打ち込むことがオススメです。

具体的な目標

苦手科目のテストで100点を目指す
仕事の作業効率アップの方法を考える

もちろん趣味でもOKで、ただ漫然と楽しむのではなく必ず目標を作ってくださいね。

すると生活にも張り合いが持てるようになり自然と心が前向きになってきます。目標を達成した際は自信が湧いてきて、ネガティブな感情にもサヨナラできているハズですよ。

ケンカを終わらせる秘訣は謝ること

仲直りしたカップル

ケンカでは「相手に頭を下げさせたほうが勝者」という風潮もありますが、本当は逆です。先に「ごめんなさい」と、言えたほうが勝ちなんです。

冷静にその状況を把握できているから謝ることができるのであって、意地になっているのは感情的である証拠。

冷静になった方が相手をコントロールできると思いませんか?

また、他人を変えることはできませんが、自分を変えることは必ずできますし、相手を説得しようとするのではなく、まずは自分をメンテナンスすることが喧嘩した彼氏と仲直りする方法になります。

前向きですっかり明るくなったあなたのことを『あれ、楽しそうにしてるな!前とは違うぞ!』と、彼は以前よりも増して好きになってくれますよ♪