社会人の彼氏が学生のカノ女に持っている「不安&不満」8つのこと

仕事を理由にデートを断られたとしても、将来を見据えて「カレは仕事をガンバっている」ということを忘れないようにしましょう。甘えるだけじゃなく、彼の支えになる包容力も大事!

社会人の彼氏が学生のカノ女に持っている「不安&不満」8つのこと

恋する社会人の彼氏は悩んでいる!

社会人と学生のカップルの場合、デートの時間が取りにくいなど恋を阻害する課題も多いのですが、お互いの立場を尊重し合い2人の間のミゾを埋めていくことで上手く行きます。

彼が大学生や高校生など、学生の彼女に対してどのようなことを「不安に思っているか?」を知ることが出来たら、ちゃんと彼を支えてあげられそうですよ。

1.「寂しい」の連発…。

寂しい彼女

仕事の忙しさは「忙しさの質」が、学生の頃とは違います。「彼は仕事だと解っていてもメールやLINEの返事が来ないとさみしい‥。」その気持ちも解ります。

しかし、彼の方も「返事も出来なくて彼女が怒っている」or「心配しているのでは?」と、気がかりなはずなのです。そこで、どちらからも相手を思いやるアクションを起こさないままでいると「ミゾ」が出来てしまうのです。

解決策

・忙しいときこそコミュニケーションをとる!
・短い時間でも気持ちをしっかり伝える。
————–
※「少しの時間で良いから話したかった。」と彼にしっかり伝えて!

二人で連絡が取れる時間を作って、5分だけでも話すとかメールやLINEは○○時頃なら返事が出来るなど決めておきます。

2.「恋人と仕事どっち?」と、究極の選択をせまる

メールや電話さえ出来ず、彼女が「仕事と私のどっちが大事なの?」なんて古典的なセリフで怒りだし、彼の方は「比べられることでは無い」と、理解して欲しいけれど納得してもらえず、結局いつもケンカになってしまうパターン。

頭を抱え込んで怒る彼女

解決策

仕事が忙しそうな時は連絡を我慢する。
※「仕事が一段落したら連絡を待ってる」と、伝えておきましょう。

今の仕事が忙しくて余裕が無さそうなら、しばらく我慢して様子を見守ることも良い関係を保つためには大切なこと。

3.「子供扱いしてるでしょ?」と、怒る!

「学生には理解できないだろう」と、仕事のことを全く話してくれず、ただ「忙しい」の一言だけで彼氏に放置されているのは悲しいですね。どんどん置いて行かれそうで不安が募り、寂しさから感情が爆発してしまうことも…。

解決策

「きちんと話してくれたら放置されても怒らない」と伝える。

業務上の内容は守秘義務があるので家族にさえ言えないことも多いのですが、彼氏が「忙しい」という事実をきちんと話してくれたら「理解して待つ」と、建設的なルールを伝えておくと彼も安心して仕事を片付けられます。

4.仕事が終らずデートに遅刻…
なんて、絶対に許してくれない!

仕事が時間どおりに終わらなくて彼氏がやむを得ずデートに遅刻をしてきても、頭ごなしに怒ってしまうと「会った瞬間からケンカに発展」してしまいます。グッと怒りをこらえて、まずは「カレの言い訳」を聞いてあげましょう。

腕組みをして許さない彼女

解決策

「忙しいならデートを無理しないで」と伝える。

その後で「私は会いたかったから楽しみにしていたんだよ。」と、いじらしい様子で可愛らしさを見せておきましょう。彼がスピードを上げて仕事を片付けて、デートにも駆けつけてくれるようになりますように…。

5.仕事でクタクタな時に「相手をしろ」と言わる!
体がツライのよ…

激務が続いてやっと取れた休みは、デートにだって行きたい気持ちはあるけれど、とにかく休養をとって「カラダを休めたい」と、思っている彼氏に対して「ずっと休み待っていたんだから遊園地に連れてって!」と、せがんで「NO」と言わせないのは酷です。

「デートもしたいけれど外出する気力がない」と、彼氏は彼女を気遣うからこそに言い出せないでいるのです。

解決策

おうちデートを提案しましょう。

どうしても彼と一緒にいたいのなら、お出掛けばかりではなく自宅でのんびり過ごすのも楽しいものです。外出先ではなかなかゆっくり話せないことも、心からリラックスできる家デートでは、お互いの本音も出やすく親密度もアップさせる良い機会に!

6.先を考えない「無駄遣い」が多い

社会人になって給料をもらうようになると、家賃、光熱費、食費など、それで生計を立てていきます。そのため学生である、彼女の浪費が気になり始めます。将来を考えているなら、堅実な経済感覚を身につけて欲しいと願っているかも。

解決策

・家計簿を付けているとアピールしましょう!
※本当につけましょう(^_^;)

ファッションやメイクにお金をかける分、食事は自炊でバランスよく食べて頑張っていると伝えましょう。忙しい彼に差し入れしても喜ばれます。

7.いつも「おごって当りまえ」と思われている

働いているのだから、毎回デートでも奢ってあげたいけれど会社の付き合いもあるし、お金がピンチの時もあります。でも、学生の彼女にはカッコ悪くて言い出せないことかも。そして、どんどん気持ちやお財布に負担がかかってしまうのです。

ごちそうさまの彼女

解決策

・自分もバイトをしているなら「今日は私のおごり」もアリにする!

仕送りだけなら、おうちデートに招待して節約するのも良いアイデアです。
彼だけに負担をかけないようにしましょう。

8.仕事について弱音が吐けない

カレは仕事について悩んでいても弱音が吐けなくて、デート中に「暗い顔をしているのではないか?」と、心配になることもあるようです。

決して、カノジョのことを「学生じゃ、わかんないよな」と、馬鹿にしているのではなく「こんなこと聞かせるのは悪いな…」という「大人の気づかい」でもあるのです。

解決策

・「元気ないな?」と感じたら、気分転換に誘ってリフレッシュさせてあげる!

仕事の事情など深いことが解らなければ「今日は映画を観よう!」などと、カレが息抜きできるようなデートプランを提案してあげるだけでも十分、気持ちは伝わります。

働いている彼氏との温度差は埋められる!

社会人と学生では立場がまったく違います。仕事をしている彼氏でも時間的な余裕があれば彼女のフォローも出来ますが、アチコチ得意先を抱える営業職や激務のシゴトについている場合、愛していても彼女のフォローに手が回らないことも多いのです。

デート出来ない寂しさから、彼の気を引こうと「他のオトコと遊びに行ってくるから」と、不安にさせたり「どうせ私は子供ですから!」と、投げやりになって怒りをぶつけたりせず、より良い関係を保つために自分に出来ることを探してみましょう。

だからといってガマンばかりする必要はありません。理解してほしいことがあるときは、できるだけ冷静に伝えて話合うことで解決できることもありますよ。