マンネリ防止!ラブラブカップルが実践している4つのこと

仲良しカップルでもデートプランがワンパターンになってしまうと、「ドキドキ感」を味わうことができません。ラブラブカップルに学ぶ、恋愛が長続きする秘訣を紹介!ポイントは“新鮮さ”と“愛情表現”みたい。

マンネリ防止!ラブラブカップルが実践している4つのこと

マンネリ化になってしまう原因は?

彼氏との付き合いが長くなって落ち着いてくると、付き合い始めにあった「ドキドキ感」が薄れていっていつの間にかマンネリカップルに…なんてことは良くあるパターン。どんなに仲のいい恋人同士でも初々しいキモチをいつまでも保つのは至難の業…。

同じことを繰り返していると熱中していたころの気持ちが落ち着き、冷静に物事を考えてしまうことが恋愛におけるマンネリです。

「彼氏のことが好き!」という想いがなくなってしまったわけではないものの、マンネリ化が続いてしまうと「他の刺激を求めてしまうこと」、「些細なことでもイライラしてケンカしてしまうこと」が増えてきてしまいます。

マンネリ防止のためにも、ラブラブカップルがやっている4つのことを試してみませんか?

1.いつもは行かないデートスポットに行く

デートコースがワンパターン化してしまうとデートが同じことの繰り返しになってしまい、「デートがつまらない…」「なんか飽きてきた…」と思ってしまうことがマンネリカップルンネリの特徴。そんなときは、思い切ってお出かけ!

自転車デート

オススメデートスポット

◆テーマパーク
◆アミューズメントパーク

いつものデートでは味わうことができない「ドキドキ」「ワクワク」という感情を体験できる珍しいイベントを2人で共有して楽しい思い出ができると、まるで付き合い始めのような新鮮なキモチが蘇ってきてオススメ!非日常的な経験はマンネリ解消の一番の近道なのです。

2.いつまでも美しい女性でいる

二人の関係が親密になり安心しリラックスできると、いつもの「素の自分」がオモテに出てきてしまいます。一緒にいても気を使わなくて良い彼氏はとってもラクだとはいえ、あまりにも気を緩めてしまうと思わぬ失敗をしてしまうことも…。

ストレッチする女性

これNG!

彼氏を自宅に呼んだのに部屋が散らかったまま
だらしのない格好で彼氏に会う
—–
これが日常茶飯事になってしまっては、
ロマンチックな関係ぶち壊し…。

彼氏からも「最近、実家のオカンとそっくりだわ…」と冷ややかな意見が出てきてもおかしくありません。これではマンネリ化まっしぐら!待ったなし!

「女性にいつでも美しく綺麗でいてほしい」というのが男性の願い。手を抜かないよう魅力的な女性で居ることを忘れずに!

3.気持ちを「言葉で」ハッキリと伝える

見詰め合うカップル

付き合って時間が経つほど、「愛している」「好き」という“愛の言葉”を口に出して言うのが恥ずかしくなり、「言わなくても彼に伝わっているっしょ!」と思いガチ…。でも彼からしてみると、「もしかして。もう好きじゃないのかな?」と愛情が薄くなったと感じてしまいます。

“愛の言葉”を口に出して伝える

愛のセリフを言われて嬉しくない人なんていません。彼女から「好き」というキモチを受け取った彼は、「こんなに大切に思ってくれる人がいるなんて、自分はなんて幸せ者なんだ!」と彼女のことを愛おしく想うキッカケになるかも!?

4.一人の時間も大切にする!

家が近所にある、同棲している…などの理由で、いつも一緒にいるカップルなら少し距離を置いてみるというのも1つの手段。彼と過ごす時間が長いとチョットしたことが気になり、「イライラしてしまう」ということはよくあるパターン!

彼氏のいないときも充実した時間を過ごす

テニスする女性

「趣味や習い事に没頭する」「友達と楽しい時間を共有する」なんてこともいいでしょう。自分を磨きや友達と過ごすと改めて彼の存在を見つめ直して、「また彼に会いたい」というキモチが自然と湧いてきますよ。

マンネリ打破の秘訣!「愛情表現」と「新鮮なキモチ」

付き合い始めてから日が経つと、最初の頃のような「ドキドキ感」から彼と一緒に居る「安心感」へとキモチが移り変わってきます。気心の知れた恋人も大切な存在ですが、あまりにも気が抜けてしまっては、「マンネリコース」一直線!

長続きするカップルの秘訣は2つ

◆彼を想うキモチをストレートな言葉で伝える
◆デートはいつもとちがうサプライズを演出

目指せ!ラブラブカップル!