『おばちゃんっぽい…』ボクが年上彼女にBBA臭を感じるとき!

年上彼女の魅力は、憧れや大人の女性らしさなど色々。そんな想いを抱く年下男子だからこそ、彼女の方はより厳しい目でチェックされているみたい。他の彼女よりも、立ち振舞や行動は気をつけたいことがあるのです!

『おばちゃんっぽい…』ボクが年上彼女にBBA臭を感じるとき!

年下彼氏が嫌がる「BBA臭」
年上彼女にがっかりしたこと!

年下彼氏×年上彼女のカップルって、少し前は珍しく思われていましたが、今ではよくある組み合わせ。

———-

  • 年下の彼氏なんだけど、けっこう頼れる存在
  • 年上の彼女だけど、放っておけない幼さがある

———-

なんて、お互いが相手から感じるギャップを楽しめるのも魅力的ですよね。

でも!

やっぱり歳の差があるのは事実!

思わぬ彼女の発言や行動から、彼氏が「おばちゃんくさい…」と感じる瞬間があるんです!

悪い意味で【彼が歳の差を痛感する】のは、避けたいところ…。
年上彼女からオバサン臭なんて、そんな直球は痛すぎですよね。

———-

年下男の心の声に耳を傾けると『オバサンっぽい…』と、ガッカリさせないための注意点に気づくことができます。年上女性のみなさま、これはイカん!

実は今まで2人の間に存在していた”温度差”を埋めちゃいましょう!

1.年代の差がありすぎる言葉をつかう!

何と言っても気をつけたいのが言葉のチョイス!

同年代の友達相手には通じても、年が離れた彼には『理解不能~』なんてことも。

彼女の”BBA”エピソード♯1

彼女のメールで「今日も残業でブルー」と一言…。最初、雨でも降ったのかと思いました。気分が沈んだ時に使う言葉みたいですね…。(24歳・Y.Tさん)

———-

年上女:「ブルーくらい通じるでしょう!」

年下男:「いやいや、それはさすがに死語だわ」

———-

なんて賛否両論ありそうですが、彼に通じなかったのは確かな話。
さらには、こんなエピソードも…

彼女の”BBA”エピソード♯2

彼女はボケたつもりで「当たり前田のクラッカー」と言ったみたいだけど、ガチかと思って突っ込めず…。なぜか逆ギレされました。(27歳・S.Kさん)

冗談のつもりで言った言葉ですら、カレに気を遣われてスルーなんて悲しすぎる…。

特に、同年代の友達で通じる言葉を彼に使うときは、気をつけた方が良さそう…。いつもの口癖から、彼氏にオバサンぽいと思われないようにしないと☆

2.流行りの言葉がわかってない!

今でしょをやるドイツ人ハーフ

新しい言葉にだって注意が必要です。

———-

  • 流行のフレーズ
  • 芸人の一発ギャグ
  • テレビやネットで使われている言葉

———-

彼がサラッと言ってきたときに『え?何それ?』みたいな表情を彼女がしていたら…。彼氏も「え?知らないの?」なんて、驚いてしまうかも!

彼女の”BBA”エピソード♯3

ウケ狙って会話中に「ダメよ~ダメダメ!」って彼女に言ったら、「オネエ?何それ?」と真顔で返されました…。なんだか俺が恥ずかしい…!(25歳・N.Aさん)

特に”今が旬”の話題や言葉を『ワタシ、それ知らない…』と言われたら、彼氏は『やっぱりオバちゃんだからなのかな?』って感じちゃいます。

普段テレビはあまり観ない人でもトレンドチェックはしておきましょう☆

3「昔はよかった」と過去の良さを語る!

宝石を持つ女性

歳の差カップルだと、何気ない会話でジェネレーションの違いを感じるのは、よくある話。

普段は、お互い笑って終わったり、世代の違いに驚くではないでしょうか?

だけど

———-

  • 『昔の方が良かった!』
  • 『これだから、今はダメね…!』

———-

なんて、昔の自慢や今を否定するような話を延々と続けるのはいけません!笑って終わる歳の差話も、だんだんと空気が悪くなってしまいます…。

彼女の”BBA”エピソード♯4

僕の彼女の口癖は「昔は良かった」「昔はねぇ」です。最初は、知らない話で面白く聞けたけど、今では正直おばちゃんの長い話的な感じです…。(29歳・T.Iさん)

どんどんヒートアップして、昔の思い出話が止まらなくなる年上カノジョも!だけど、その暴走したアツい想いは彼氏にしてみれば、年上特有のウザい習慣に感じるだけ。

この展開じゃあ、おばちゃん臭がプンプンですね…。

4.必死過ぎるケチっぷりがすごい!

気をつけたいのは、会話だけじゃありません!

彼女の行動も、もちろん彼氏はチェックしてますよ~。

彼女の”BBA”エピソード♯5

デートの途中で「化粧品を買いたい」って彼女が言ってきたから付き合ったんですが、割引がどうとかで、お店をハシゴして…。なんだか母ちゃんの買い物みたいでした…。(26歳・K.Wさん)

彼女の”BBA”エピソード♯6

彼女がスーパーで買い物するのに一緒についていったら、袋詰めでビニール袋を大量にお持ち帰り…。その姿、正直セコすぎ…。(31歳・H.Nさん)

これは厳しい!

———-

  • 買い物上手
  • 節約家♪
  • しっかりした奥さんになりそう

———-

なんて、年下の彼女なら良いポイントを稼げそうなことでも、年上が同じようなことをすると「必死なケチ」に映ってしまうということでしょうか?!

実は、この行動に年下彼氏が幻滅しちゃうのは【彼女に対して憧れ】が強いため。年下や同年代の彼女なら気にならない行動も”インパクト大”に見えてしまうのです…。

年齢が上ってだけで風当たりが冷たい気もするけど、ケチなおばちゃんには思われないようにしたいですね…。

5.おしゃれより機能性や値段で選ぶ

カバンを持った女性

言動や立ち振舞だけではなく、見た目から「オバサンぽい」と彼に思われるのは…大ショック!

とは言え、顔や体型といった話ではなくファッションについてです。

———-

  • デザインは可愛くないけど、とにかく機能性バツグン!
  • 色の展開がないけど、セール価格で安い!

———-

このような基準でファッションを選んでいるのは…、女性らしさ的にはナシかも…。

彼女の”BBA”エピソード♯7

彼女がどう見てもアンマッチなバッグを持って、待ち合わせ場所に登場。聞けばポケットがたくさんあるから気に入ってるそうで…。オシャレに気を抜いたらダメですよね。(32歳・Y.Uさん)

ついつい、使い勝手の良さや便利さ、そして値段などでファッションを選ぶこともありますが、やっぱり全体的なコーデが大切。

———-

いかにも【機能性・値段>>>>>全体のコーデ】っていう感じのスタイリングは、年下男性から見ると大きなマイナスポイント!

特に、彼女が年上の場合は「女性らしさ」を求められることが多いから、しっかり気をつけないと☆

年上カノ女の身を守るものは程よい緊張感!

年下カレの嘆きエピソードから見えてくるのは、意外に同年代でも年下の彼女でも起こりそうな「チョッとしたことがオバちゃん化に繋がる危険因子になり得る」ということ。

そして、同じことをしても”年下カノジョ”なら「健気・ドジ・天然」なんて許されることであっても、”年上カノジョ”がやっちゃうと、途端に「オバさんくさい…」と評価ダウン…。ううぅ…。

なんだか納得がいかない感じもしますよね。

でも、彼にしてみればそれだけ「彼女にはいつまでも、キレイなお姉さんでいて欲しい」ということ!

悪い意味で「歳の差」が目立ってしまわないように「ピン」と心にハリを持たせて、いつまでも彼を魅了するオンナでいられますように。