彼氏ができない女の特徴・何かとやり過ぎなのが悪いらしい

彼氏ができない女の共通点とは?好きな人への愛情が強すぎたり、負のオーラを放ち過ぎたり、正直過ぎるキツイ発言が多いなど、何かと「過ぎる一面」が災いして恋愛を遠ざけてしまうみたい…。

彼氏ができない女の特徴・何かとやり過ぎなのが悪いらしい

彼氏ができない女の共通点

「いつも好きな人に振られる」「気持ちが届かない」「女子力だって高いはず」「一生懸命やっているのに自分の良さが伝わらない」「なんで彼氏ができないんだろう…」と、彼氏ができない悩みを抱えている女性には、もしかしたら男性を遠ざけてしまう共通の特徴があるのかも知れません。

「追いかけ過ぎ」「尽くし過ぎ」「気をまわし過ぎ」など、心当たりはありませんか?では、彼氏ナシ歴の更新を避けるために「彼氏ができない女の特徴」をチェックしてみましょう。

グチや噂話が多い

噂話をする女子

「あの人の話、知ってる?」「ちょっと聞いてよ!頭に来ちゃった!」「もう、こんな仕事やってられないわよ」など、顔を合わせれば「噂話、悪口、愚痴」ばかりで聞いていても面白くない話をエンドレスに続けるのも、彼氏ができない女に見られる特徴です。

誰かに話を聞いてもらってストレスを発散したくなることもありますが、それは「たまに」だから許されることであり、それが「いつも」なら人格を疑われて恋愛対象外に…。

また、愚痴をこぼしているときは眉間にシワが寄ったり口元が「への字」に曲がったりと表情が醜くなっているので、男性の目に魅力的に映ることはありません。

ネガティブ思考を表面に出しすぎる

  • 「でも」
  • 「どうせ、私なんて」
  • 「絶対に無理」

口を開けばマイナスワードを連発…。自己評価が低すぎて否定的思考が強い女性は、一緒にいる相手を疲れさせます。誰でも落ち込んだり悲観的になることはありますが、彼氏ができない女は、自分だけでなく周囲までもネガティブな空気で包んでしまうのです。

また、ネガティブ発言をしているときの表情も最悪です。笑顔が消えて仏頂面や無愛想になり、お洒落してメイクやファッションに気合いを入れても可愛く見えません。当然、恋愛も遠のいてしまうのです。

非を認めず責任転嫁する

喧嘩しているカップル

失敗して注意を受けても「私は悪くない」「あの人が余計なことをしたせいだ」と、「彼氏ができない女」は、自分の過ちを認めず他の誰かに責任をなすりつけます。

ミスをしたからといって、即、嫌われ者になるわけではないのに、彼氏ができない女は見栄っ張りで「完璧でありたい」「良いところを見せたい」という意識が強いため、他人を巻き込もうとしたり、ミスを指摘されるとイライラするなど、過剰なまでに失敗を取り繕うとします。

その醜い行動が仇となり、彼氏がほしくてもできない状況に陥ります。

いつも友達とベッタリしている

友達と抱き合う女子

気心が知れた仲良しな友達と一緒にいる時間は、充実した毎日を過ごすには欠かせません。しかし、片時も友達と離れようとしないのなら、未来の彼氏候補との出会いを逃しているどころか“依存的”な印象を与える恐れがあります。

「付き合ったら四六時中ベッタリされるのかな…」と、悪いイメージを連想させます

おひとり様フットワークを軽くして独りでも行動範囲を広げたり、男性と話す機会や他のグループとの交流を増やして、声を掛けやすくなる空気づくりが必要。

何でも自分の思い通りにしようとする

恋愛、仕事、プライベートと、全てに於いて、自分の思い通りにいかないとイライラした態度をとって欲求を通そうとする人は注意が必要です。

意のままに男性をコントロールしたいという欲求は、彼に自分のことをよく知って理解して欲しい…というキモチの表れ。自分の感情と向き合って素直に男性と接すれば、彼との距離が縮まって自然な恋愛関係に発展していきますよ。

他人には自己中に見えるだけで、カリカリ尖がった態度は恋愛チャンスを遠ざける大きな要因です。男性は寛容で穏やかな雰囲気に安らぎを感じて寄って来るものなのです。

彼氏できない女かチェック!

・自分の意見が通らないとイラッとする
・上手くいかない事があると機嫌が悪くなる
・話題の中心は自分じゃないと嫌だ
・知らない間に物事を進められると腹が立つ

世界の中心は自分だと思い込んでいる「女王様気質の彼氏ができない女」は、周りの意思が尊重できないので同性にも疎(うと)まれ、結果的に彼女候補になりにくいのです。

人間的な魅力がアップすれば、彼氏ができる確率がアップしますよ♪

相手に尽くして自分を犠牲にする

ハートのプレゼントを渡す女

好きな人の誕生日には、付き合っていなくても「正式な彼女」が贈るようなプレゼントを選んだり、彼が飲み会だと知れば「何時でもいいから迎えに行くよ」と、送迎係に名乗りをあげたり、金欠だと知れば「遠慮しないで遣ってね」と、惜し気もなくお金を貸すのも「彼氏ができない女」の特徴。

残念ながら必死に尽くして男性の要望を叶えても、歪んだ上下関係ができるだけで「便利で都合のいい女」に成り下がってしまうのです。さらには、自分が本気になるほど相手の気持ちは冷めていって距離を置かれるようになります。

受け身に徹してアプローチを待っている

自分はシャイな性格だからと、積極的に行動しないで周りの友人や男性側からのお誘いを待っていては彼氏候補と出会うチャンスは巡ってきません。

彼氏ができる女性の多くは、自主的に行動を起こしています。

彼氏できない女かチェック!

・自分からデートに誘えない
・返信するけど、発信はしない
・相手が黙ると、自分も黙る
・告白をしたことがない

男性は気になっている人にアプローチをする際に、相手に脈があるかどうかを無意識のうちに確認しているものなので、全然アクションを起こすことなく受け身に徹してばかりいると「脈ナシ」と判断して付き合う前に諦めてしまうことがあるのです。

嫌われているのではなく、むしろ好かれているのに恋が叶わない残念な展開を避けるためにも勇気が必要です。

自分の話しかしない

会話しているカップル

他の人が話しているときに「私もそこ行った!」「私も食べた」「私も知ってる」と、他の人が話しているときに「自分の話をしたがるタイプ」も彼氏ができない女の仲間です。

彼氏できない女かチェック!

・相手の話を我慢して聞いていられない
・自分の話は納得するまでしたい
・他の人の話を、すぐ自分に当てはめる

相手だって「自分の話をしたい」と思っているので、話を遮られたうえにペラペラと自分のことばかり喋られる会話パターンは、相手にとっては苦痛だし「つまらない時間」に…。

会話が弾まない人と恋愛関係に発展するのは難しく、必然的に「彼氏ができない女」になってしまうという訳なのです。

無神経すぎる

自分だってたいしたことがないのに「やっぱり男はイケメンじゃなきゃ」「お金の無い男には魅力を感じない」など、思わず「あんた何様??」とツッコミたくなる理想を”そうではない男性の前”で語るタイプ。

経済力や見た目など、コンプレックスを刺激するようなことを平気で言い放つ無神経な女性に対して「オマエの理想像なんて興味ないよ」と、反感を抱く人はいても「彼女にしたい」と願う男性はいません。

彼氏ができない女はサジ加減がヘタ

「加減」さえ気をつければモテに繋がる「気遣い」や「勇気ある恋愛アプローチ」等も、やり過ぎると「重い」「めんどくさい」と思われ逆効果になってしまいます。

彼氏ができない女性は、男性心理をくすぐる「ほどほどのサジ加減」が下手くそな傾向があります。また、相手が傷つくことや嫌な思いをすることを平気で言っちゃうのは、もしかしたら「どうせ、私は彼氏できないもん」と、どこかで恋を諦めていたり卑屈になっているのかも…。

自信過剰になって調子にのり過ぎるのもNGですが、自暴自棄になり過ぎるのも恋のチャンスを手放す原因になってしまうのです。