入浴剤の代わりに使えるモノ9選!家にあるアイテムで美を磨け!

私たちが飲んでるあの身近な飲み物や掃除で大活躍のあのアイテム…実はお風呂に入れると美容効果が期待できるって知ってましたか?バスボムが切れたときにピッタリな、お風呂に入れたいアイテム9つをピックアップ!

入浴剤の代わりに使えるモノ9選!家にあるアイテムで美を磨け!

身体ポカポカ、肌はツルツル!
入浴剤代わりにできるモノ9選

一日の終わりにゆっくりと楽しみたいお風呂タイムは、女性にとって心身のリラックスにはもちろん、美肌づくりにも欠かせない習慣。

どうせなら、な~んにも入れないさら湯よりも“美容効果が期待できる湯”にのんびり浸かりたいですよね。

最近では色々な温泉地の入浴剤も簡単に手に入るようになりました。でも実は、自宅にあるアイテムでも、充分な美肌効果が得られるモノがあるのです


低コストで簡単に美容効果のあるお風呂にできる、入浴剤代わりに使える9つのアイテムをご紹介します。

「あ、バスボムがない!」なんて入浴剤をウッカリ買い忘れたとき、ぜひ浴槽にインしてその効果を実感してみて

1.緑茶

緑茶

飲むだけでも健康にいい緑茶ですが、お風呂に入れて体の表面からもいい成分を取り入れることも可能です!

緑茶で得られる効果!

・殺菌効果
・体臭予防
・美白効果

緑茶には、カテキンやビタミンC、フラボノイドなどの成分がたっぷり入っています。カテキンには強い殺菌効果、ビタミンCには美白効果、フラボノイドにはニオイを消す効果と、女性に嬉しい効果が

茶葉をティーバッグに入れて、そのまま湯船にイン!新しい茶葉でなくても、お茶を飲み終えた出がらしの茶葉でもOKです。

2.塩

塩

お肌がツルツルになると話題のソルトスクラブとして、体を洗うときにを使っている人も多いですね。

もちろんスクラブとして使うのもいいですが、お風呂に入れるだけでも美容効果が期待できます。

塩で得られる効果!

・保温効果
・デトックス効果
・むくみとり

塩を溶かしたお湯にしばらく浸かると、普通のお湯と比べて汗がじんわり出てくるのを実感できるはずです。

発汗作用が肌に作用して、むくみ知らずの身体とすべすべの肌を作ってくれます。

ポイントはミネラルなどの栄養素が多く含まれた「天然塩」を選ぶこと!使用する際は、片手で一握り程度の塩を溶かして入れましょう。

3.砂糖

砂糖

発汗作用がメインになる塩のお風呂に対し、『保湿効果がある』と評判なのが砂糖
ソルトスクラブと同様、シュガースクラブとしてもおなじみですよね。

砂糖で得られる効果!

・保湿効果

砂糖の種類は白砂糖でも黒砂糖でも構いません。これも、片手におさまるくらいの量の砂糖を湯船に入れて溶かすだけ

シュガーバスは保湿効果が高く、しっとりと潤いのある美肌を作ってくれます。冬場や季節の変わり目など、乾燥する時期にチャレンジしてみては?

4.柑橘系の果物の皮

ミカンの皮

冬至で、おなじみの“ゆず湯”に浸かったことがある方は多いのではないでしょうか。

実は、食べ終わった後のみかんや果汁を絞った後のレモンの皮でも、充分に美容効果の高いお風呂にすることができちゃいます

柑橘類の皮で得られる効果!

・リフレッシュ&リラックス効果
・保湿効果
・血行促進

みかんやレモンの皮にはリモネンという成分があり、これがさわやかな香りを出して、リラックス効果を高めてくれます

また、肌の保湿や温め効果も期待できるので、ぽかぽかしたまま気持ちよく寝ることができますね。

処理の方法!

  1. みかんやレモンはよく洗い、種など不要なものを取り除いておく
  2. 適当な大きさに切って、天日で乾かす
  3. ネットやパックに入れて完成!

※天気がよければ1週間程度で乾燥します。

5.重曹(ベーキングパウダー)

重曹

掃除に使うものというイメージが定着している重曹は、お料理にも使うベーキングパウダーと同じもの。料理で余ったものを、お風呂に活かすことができます。

重曹で得られる効果!

・体臭予防
・保温効果

重曹は皮脂を分解し、角質をやわらかくして肌をツルツルにしてくれます。浴槽のお湯はいわゆる重曹水なので、入浴後のお掃除も楽チンです

軽く一握りの重曹を入れてよく混ぜます。敏感肌の方は、最初は少な目にして様子を見て入れてくださいね。

6.ワイン

ワイン

貰い物としていただくことの多いワインは、苦手な味だとなかなか1本飲みきれずに困っることも少なくありませんよね。

とはいえ、一度開けたものを置いておくと、酸化が進みさらに美味しくなくなってしまいます…。

そんなときは、残りのワインをそのまま湯船に入れてしまいましょう!

ワインで得られる効果!

・血流改善
・アンチエイジング効果

ビタミンPが豊富なワインは、血流を改善して身体を温めてくれます。また、肌の状態を良くしてくれるタンニンやファハイドロキシ酸により、アンチエイジング効果も期待できるのです。

入れる量は多ければ多いほど効果的。また、白ワインよりも赤ワインの方がポリフェノールを多く含んでいるのでオススメですよ

7.牛乳

牛乳

カルシウム不足の現代人には欠かせない牛乳も、お風呂に入れるにはピッタリの入浴剤なのです!

牛乳で得られる効果!

・肌荒れ改善
・美肌効果
・安眠・リラックス効果

牛乳にはカルシウムやビタミンなどの栄養素が豊富に含まれており、皮膚から吸収することで健康的な美肌が作れます。

また、ほのかなミルクの香りがリラックス効果も高めてくれるというのも嬉しいトコロ。

低めの温度に設定したお湯に、牛乳を1リットル程度加えてまぜます。このときお湯は少なめにするのがベスト!

8.ショウガ

ショウガ

体を温めるアイテムとして人気の高い生姜。食べるのはもちろん、お風呂に入れることで美容効果も期待できます。

生姜で得られる効果!

・体臭予防
・冷え性対策
・発汗作用

風が冷たくなってくる秋冬のシーズンや、風邪気味のときの入浴にピッタリですね季節問わず冷えに悩まされている女性にもオススメ!

処理の方法!

  1. 生ショウガをすりおろしてパックに入れる
  2. すりおろしたときに出る汁をしみこませて完成!

生の生姜だと刺激が強い場合は、薄く切ったショウガを天日干しにして、乾燥したものを数枚パックに入れる方法にチェンジしてみて。

9.りんご

リンゴ

食べ終わったあとに出るりんごの皮や芯。そのまま捨てずに日干しすると、お風呂の入浴剤としても使えます

りんごで得られる効果!

・リラックス効果
・美肌効果

実はりんごには「セラミド」という美肌を作るには欠かせない成分が含まれています。セラミドを直接肌から吸収することで、きめ細かな美肌作りに役立つのです。

香りも爽やかで、リフレッシュしたいときにも効果的!最後まで無駄なくりんごをたのしめちゃいますね

コスパを押さえて美をゲット!

入浴剤専門店が増え始めている中、入浴剤にお金を掛ける女子も多くなってきています。

でも、自宅にあるものを上手に活用すれば、節約しつつもキレイを手に入れることができるのです。

「節約したいけど美容にも力を入れたい!」という際には、ぜひご紹介した8つのアイテムを有効活用して、手軽に美をゲットしてくださいね

上へ戻る