男が離したくない女の特徴・代わりはいない彼女だけの魅力

男性が離したくない女性は、放置されたり、構ってもらえなかったり、あっさり捨てられる女と、どんな違いがあるのでしょうか?計算高くブリッコであざといのか?その秘密がわかります。

男が離したくない女の特徴・代わりはいない彼女だけの魅力

男性が絶対に離したくない女の特徴

普段は素っ気ない態度をとっていても、心の中では『彼女のことは絶対離したくない』と、男性が思うほど大切な存在の人って、どんなタイプの女性なのでしょうか?

側にいてあげないと心配で放っておくことができない”か弱さ”がある女性?文句ひとつ言わずに三歩下がって男を立てる大和撫子のような古風な女性?

うーーーん、そういう一面も無いわけじゃないのですが、少し違うんですよね。


さて、どうすれば大好きな彼が疲れたときや安らぎたいときに真っ先に会いたくなったり、居心地の良さを与えることできる「離したくない女」になることができるのでしょうか。

あるときは厳しく!ある時は優しく!あるときは可愛く!ある時は素直にヘコたれる!そんな愛される女性の特徴に秘密が隠されているようです

タトゥーをいれた恋人

1.心が広くてサッパリ引きずらない

彼氏に久し振りのデートをドタキャンされて男友達との約束を優先されたとき、アナタならどうしますか?しつこく責めたり怒るのが当たり前になっているようなら、彼はピリピリしたオーラに安らぎどころか「恐怖や緊張」を感じているかも…。

このようなとき「ムカつく!ずっと楽しみにしていたんだから怒って当然でしょ」と、女性はダラダラといつまでも責め続けてしまいます。

でも、男性は『一発、喝をいれたら、その後は引きずらないで許せる心の広さを持って欲しい』と、願っています。

文句は言っちゃダメなの?

何でも耐えて文句を言わないことが、男にとっての安らぎとは限りません。

男性が離したくないと思う女性は、意見を言えない従順なオンナとは違います。ちゃんと不満を伝えた後はサッパリと引きずらないのです。

デートの待ち合わせに遅れた彼氏と時計を見る彼女

2.心の変化に敏感で聞き上手

どんなに寡黙でガマン強い男性でも、愚痴や不満をこぼしたいときはあります。しかし、やっぱりプライドを守るために女性に弱みを見せたがらない傾向があるので、言うことをためらってストレスと抱え込んでいるケースも多いのです…。

そんなとき、彼の様子の変化に気がついて話を引き出してくれる聞き上手な一面を持っているのが女性は 救いの存在なのです。

絶妙なタイミングで心を解放してくれる彼女だったら、男性が『側にいたい。手離したくない』と思うのも納得できますね。

クラスメイトの男子と会話する女子

3.理解力がある

男性にとって大切なものは残念ながら彼女だけではありません。仕事や趣味、友達など優先順位は人によってさまざまで、それは女性も同じですよね。

でも、恋をしていると独占欲が強くなり『私を一番に考えて欲しい!』という想いでいっぱいになってしまうものです。


しかし、男性はやはり”そのときの優先順位を理解できる力”を本命彼女には求めています。

  • 彼女
  • 男友達
  • 仕事

これらを並べて『大切なものはどれですか?』と、聞かれたところで比べようがありません。こんなやり取りがデートしているときや、電話で話すたびに繰り返されたら彼氏はヘトヘトに…。


その点、彼氏の都合や立場などを考えて『自分を優先できないときもある』と、恋をしていても冷静に感情をコントロールして状況を正しく判断できる力を持っているのが、”男性にとって居心地のよい離したくない女性”になる秘訣。

これから仕事場に向かう彼氏と穏やかに見送る彼女

4.かわいく甘えられる

男性は彼女に甘えられると頼りにされていることを実感できるので、男としての自信が湧いてきます。ただし、いつもベッタリと何でもかんでも甘えっ放しでは息を詰らせ逆効果!

「どのタイミングで、どう甘えられるか?」が、可愛い彼女になるポイントに!

いつも甘えちゃダメなの?

駄目です。いつも依存される側にとっては鬱陶しいだけ。

女性が滅多に弱音をはかないタイプなら『少しだけグチを聴いてもらいたい…』と、たまに自分の弱さを見せて、彼にサポートしてもらう程度の甘えが可愛らしさを引きたてます

”何でも”頼らないとは?

『アレもして!コレもやって!』と、次から次へと要求を投げかけていると距離を置きたいと思われる原因になります。『なんだか寂しいから今日だけ駅まで送ってもらっていい?』などと、お願いごとの的を絞って甘えてみて下さいね


この2点を意識しているのが、男性にずっと大事にされて一緒に居たいと思われる彼女の特徴。また、彼氏の仕事が忙しいときは甘えるのを控えるなど、タイミングにも気を配ることが上手いのです。

車で迎えに来た彼氏と笑顔で歓迎する彼女

5.家事を手際よくこなせる

料理・洗濯・掃除などの家事は男性にとって女性らしさや家庭的なイメージが強くなる大きなポイントに!手際よくこなせるということは、”普段からやっている証”でもあり、家事に関して心配ないと安心感を与えるので結婚を意識させることができます。


中でもやはり男心を掴むのは”料理の腕前”。確かに、ご飯作りが苦手でも自分のために一生懸命作ろうとしてくれる姿には彼氏も感動するのですが、男性をノックダウンするのは”味”なのです。

家事を苦にせず、ササッと美味しいご飯を作ってくれる彼女は自慢でもあるし、”自分の食を支えてくれる大事な存在”なので、離したくないと思うのは当然のこと


もちろん、家事全般は”女性だけがやるべきもの”ではなく、男性の協力も必要ですが「できることが多くて損はしない」のです。

もし、家事が苦手なら、すべてを完璧にこなそうとせずに『手を抜くことは悪いことではない。手際よくこなすためのひとつの方法だ』と、気楽な考えで取り組んでみることから始めてみて下さいね

料理をする女性

6.謙虚である

『どうせ私なんて…』と、周囲の空気まで重くしちゃうほどネガティブな発言を繰り返しているよりも、自分に自信を持つのは良いことです。ポジティブな考えや行動が身についている女性は、周囲にも安心感を与えて好感を持たれます。

しかし、自信過剰はNG!自慢話を繰り返したり『私がやってあげている』と、高圧的で横柄な態度をとっていると、一緒にいる彼氏は安らぎや寛ぎを味わうことができません。


その点、駄目なところやカッコ悪いところがあっても卑屈にならず、自分自身を肯定的に捉えてより良くなるために努力をすることができる女性は、自然と付き合っている男性に対する言動も謙虚になります。

だから、自分のプライドを守るために意地になったり虚勢を張ることがないので『ありがとう』や『ごめんなさい』を素直に言うことができ、彼氏とも円満で穏やか屋な関係を築くことができるのです。

彼氏に「ありがとう」と言う彼女

7.安心感をもって人に紹介できる

『嫌いな人とは何があっても話さない!』と、悪い意味での強い信念を人の集まる場所で貫き通すような性格のカノジョだと、同伴している男性はヒヤヒヤするので家族や職場の人などにも紹介するのを躊躇ってしまいます。


でも、彼にとってなくてはならない存在になる女性は、好きな人や男性に対してだけ愛想を振りまくのではなく、誰に対しても同じよう接することができる本物の気配り上手。

友達や親に会ったときなど、どんなシチュエーションでも彼にヘンな緊張感を与えたり気を遣わせることなく自然に溶けこむ様子は、まさに”理想の彼女”として彼氏も鼻が高くなるのです。

彼氏の友達と会話する彼女

8.自然体でいられる

いつも笑顔でいてくれる女性は、男性に”癒しと活力”を与えてくれる貴重な存在。でも、恋人として付き合ってからずっと「作り笑顔」を見せられることを男性は望んでいません。

何故って、それは不自然だし彼自身も気を抜けないからです。


男性に好かれる女性の特徴として必ずピックアップされるのは「笑顔」ですが、実はカンタンなようで一番難しい条件。学校や仕事のこと、友人や家族などとの人間関係など、日常のなかに感情を揺さぶる要素はたくさんあり「いつも笑顔でいる」って、意外と大変なことですよね。ツラいときに「笑顔でいなきゃ!」と、気負い過ぎていると心が追いつかなくてパンクしちゃうことも…。


だからこそ、彼氏は自分と一緒に居るときぐらいは無理をせずに『今、悩んでる事があるんだぁ』『今日は疲れてるの』などと、素直に不安やそのときの気分などを吐き出して欲しいと思っています。

2人で居るとき彼女にナチュラルに接してもらうと、彼氏もホッとして自分らしく振る舞うことができるので、何ともいえない居心地の良さを感じ『この先もずっと一緒にいたい』という気持ちが深まるのです。

愛し合うカップル

男が参るのは”彼女だけに感じる価値”

『オマエは離したくない女だ!』と思われるのは、その男性にとって代わりのきかない特別な存在だということ。付き合っている恋人がいても、世の中には彼女より外見がよくて魅力的で可愛い人や性格の良い女の人はゴロゴロいるものなのに、そんな中でスペシャルな感情が湧きおこるのは、ひとつの運命かも知れませんね。

ただし、一時の愛情にあぐらをかいていると2人の間で育った”愛”は、すぐに劣化をはじめ「離したくない」から「二度と会いたくない・顔も見たくない」と想いが変化して、愛されていたのは過去のことになってしまいます…。

これからも好きな人と向き合う日々の中で、相手への思いやりや素直な可愛らしさを忘れずに”特別なご縁”を大切にしていけますように

上へ戻る