【いい女になる方法】すぐ出来る!見た目・話し方・振る舞いチェンジ

「見た目は人並みのはずなのに、何か男にモテない…」それはガサツな行動や男受けすると勘違いしたメイクや独りよがりのお洒落などが原因かも知れません。女性らしい物腰を身につけて男性をクギ付けに!

【いい女になる方法】すぐ出来る!見た目・話し方・振る舞いチェンジ

いい女にイメチェン!男ウケする女性になる方法

女性だって男性にモテたい願望を持っているものです。でも、男性ウケを狙いすぎてセクシー路線に走ってはいませんか?男性が求めている「いい女」の基準は、出会いはあるけど、男性にモテない」、「男性ウケするような女性を目指したいけど、何をどうすればいいかわからない」という女性のために「いい女になれる方法」を紹介します。

ビジュアルを「いい女」に変化させる!

一瞬で男性の目を引き寄せたいときに手っ取り早い方法が「外見のイメチェン」。本来、持って生まれた顔立ちは整形でもしない限りチェンジするのは難しいですが「雰囲気や体型のチェンジ」なら出来ますね。

ヘアメイク編

ヘアケア

ふわっといい香りが漂ってきそうな女性のヘアメイクは「清潔である」「美しくなるために気を使っている」ということが周囲にも伝わることが基本です。自分では「ぼさぼさヘア」もラフな感じで、お洒落だと思っていても、男性に人気が高いのはやっぱり「艶々でサラサラの髪」。

お化粧もマットなファンデを厚く塗るよりも、BBクリームなどリキッドタイプで綺麗な肌を引き立てるメイクが好感度をアップさせる大きなポイント!アイシャドーやグロスも濃い色よりは肌に馴染む薄い色でプルンとした艶やかリップが人気。

男受けもする!いい女のヘアメイク

◆清潔感のあるサラサラヘアー
◆質感が感じられる艶肌&リップ
◆肌に自然に馴染むカラーのコスメ

スタイル編

スタイルの良い女性

細ければスタイルがいいと思っている女性は多いですが、男性は「ただ細いだけ」では魅力を感じないと言います。自分の体を横から見たときに、S字ラインを描いているかチェックしてみましょう。ウエストやおなかの肉が多少ついていても、バストとヒップの間にキチンとくびれができていれば「女性らしいスタイル」と、男性は認識します。

男受けもする!いい女のスタイル

◆丸みと柔らかさを感じさせるライン

ファッション編

品のあるファッション

むやみに足を出したり、体のラインを強調する品のない服は「いい女」のファッションとはいえません。隠すところは隠す!見せるところは魅せる!そのバランスが運命の分かれ道。自分のセンスに自信のない人は、雑誌やマネキンのスタイルをトータルで取り入れてしましましょう。会社や学校にも抵抗なく着て行けるコーディネートを参考に!

男受けもする!いい女のファッション

◆奇抜な洋服より一般的な服装

男に憧れられる「いい女」の立ち居振る舞い

姿勢はピンと背筋を伸ばす

自分の足元を立ったまま見てみましょう。胸の位置が、お腹より前にありますか?胸や腰の位置よりお腹が前に出ている人は、今すぐお腹に力を入れて引っ込めてください。それだけでスラッとしたIライン、くびれのSラインが強調されてスタイルがよく見えます。

膝を伸ばして颯爽と歩く

お腹を引っ込めたまま、足の付け根から足を動かすイメージを持ちながら歩きましょう。ヒールの高い靴を履いて足を前にだすときに、カクカクと膝を曲げたまま歩いているなら即改善を!その姿は男性からの評判も悪く「いい女」にはなれません。

男性の目を引く美しい座り方

お腹に軽く力をいれて引っ込めたまま座ることを意識します。美しい座り方の大きなポイントは、左右の膝頭をくっつけたままにしておくこと。ジーンズを履いていても、疲れていても、常に膝頭をくっつけておくことで綺麗な視線がキープできます。

指先を揃えて物をあつかう

何かを手に持つときに、指先を揃えておくだけで「いい女」度は何倍もアップします。コップを持つとき、書類を揃えるときなどに、指先を揃えておけば綺麗で物を丁寧に扱っている印象を与えます。

物腰の柔らかい話し方をするのが「いい女」

「もっと女性らしくしなさい」と、口調や言葉づかいを注意されたことがある人や、雑な話し方を自覚しているなら少しずつ改善してみましょう。

語尾を柔らかく女性らしく

何かを話す時には、いつも「ね」「よ」「わ」を語尾にプラスすることを意識しましょう。乱暴な言葉を使わないのは基本ですが、この3つを語尾につけるようにするだけで自然と相手に優しい印象を与えることができます。

可愛らしく聞き返す

相手の言っていることが分からない時「えっ?なにっ?」と、強めの口調で聞き返すのはNG。その時の表情はどうなっているか想像して下さい。口角をいつもあげておくことを意識して、可愛らしく聞き返しましょう。「はぁっ?」という聞き返し方は完璧に女を下げます。「なに?」を「どうしたの?」「もう一度お願い」という表現に変えれば改善も簡単。

丁寧な言葉を選んで話す

「長い」を「長っ!」、「短い」を「短っ!」など、略した言葉を使う大人も増えていますが、何かを説明したり話をするときは、できるだけ丁寧な言葉を使うように意識してみましょう。せっかく良い話をしていても言葉の端々に荒っぽい略語が入っていると、軽い印象を与えてしまいます。

上へ戻る