恋人依存しやすい女の特徴4つ&幸せを手に入れる2つの方法

自分の中で恋人こそ大切な存在と位置づけてしまうと依存度が上がってしまいます。恋愛以外の様々な経験を積んで視野を広げ、恋人への依存を適度にし、距離感も適度にとることが大切です。

恋人依存しやすい女の特徴4つ&幸せを手に入れる2つの方法

恋人への依存度が強過ぎる女性って?

あなたは恋人や気になっている男性に対して『彼は私がいないとダメ』という思いを持っていませんか?片思い中でも彼への気持ちがいつの間にか突っ走って、次第に『私、彼がいないとダメなの!』と恋愛感情が逆転しがち!

知らない間に“自分を見失っていく”というパターンがダントツなんです…。

人間は多かれ少なかれ恋愛相手に対して依存するもの。しかし依存度が高くなり過ぎると本当に幸せな恋愛をすることが出来ない可能性も高くなってきます。自分の生活や彼以外の人間関係に支障が出てきてしまうためです。

泣き崩れる女性

このように彼への依存度が高い女性に、当てはまる可能性が高い典型的な4つの共通点があります。恋人に依存することが多い女性の特徴とはいったいどんなものなのでしょうか?

不幸な恋愛をしないためにも、恋愛依存をしやすい女性の4つの特徴と2つの幸せになるための恋愛法を紹介します!

1.ものすごく恋人を束縛する!

彼と一緒にいると安心感がいっぱいで幸せ…。でも、彼がいないことを考えると不安を覚え寂しくて寂しくて仕方がないというような女性は『常に彼と一緒にいたい』という思いから男性を束縛するようになりがちです!

彼への気持ちが強すぎる女性の特徴は?

・1秒でも離れていたくない
・とにかく彼の全てを知りたい

という気持ちから、束縛をしがち!

鎖を手に掴む女性

恋人同士であってもある程度の距離感は必要です。ですが、恋人依存をしがちな女性は彼と会っていないと寂しい気持ちが増してしまうためSNSを利用して彼と繋がっていたいと思う人が多いのです!

男性からは常に行動をチェックされている気分になるので『窮屈(きゅうくつ)に感じる…』という意見もあります。

彼の行動パターンを分析したり把握することで、彼への依存度がどんどん上がっていきます。

彼の家族や友達と過ごす時間まで嫉妬を感じて彼を“自分だけのもの”にしようとしている場合は自分を見失い始めている可能性も!気がついたら友達がみんな離れていってしまった…という事態になりがちなので要注意です!

2.メールの返信を強要してしまう!

恋人に送ったメールに対して返信がこないと不安になり、『早く返信してよ!』と連絡を強要する行為は彼に依存している決定的な証拠

返信を催促してしまう理由は?

・不安感からソワソワしてしまうため!
・嫌われたのかな…?とネガティブ思考になるため!

スマホを持ち悲しむ女性

『そのうち見捨てられてしまうかも…』という不安を心の奥に持っているので、目の前に彼がいないと妄想ばかりが膨れ上がり、どんどん悪いことを考えてしまいがち。

彼の性格や今置かれている状況を考えずに、ただメールの返信だけを強要してしまうのは、寂しさなど自分の心の隙間を埋めようと必死なだけ。こうして彼への依存度がグングンと上がっていくのです。

3.何があっても彼が最優先!

どんな予定が入っていても、『今から会えない?』と彼から連絡がきたら、瞬間的にその日の予定をキャンセル。彼に依存している女性は「彼と過ごす時間を全面的に優先させる」ためなら“友達との約束”や、ずっと前から決まっていた予定さえ変更をしてしまいがち!

彼への依存度が高くなるほど、他の大切な予定をキャンセルしてでも彼との予定を優先してしまいます。

毎回彼との予定ばかり優先しているとどうなる?

周囲の人からの信頼が失われ、自分の時間までなくなる!

彼に依存するだけの生活に満足している女性は、結局自分の幸せすら見失ってしまうことになる可能性がありますので注意してください…。

友達と楽しく食事をする女性

4.彼の意見は全て正しいと思う!

最初は違う意見を持っていたとしても、彼の話を聞いた途端「そうだよね!」「私もそれがいいと思う!」なんて彼に合わせていませんか?

意見を合わせ続けているとどうなる?

“自分の意思”がない人と彼に思われてしまう!

彼と反対の意見を言って嫌われたくない…、嫌われたら別れられてしまうかもしれない!なんて考えてしまいついつい彼の意見に従いがちな女性は、恋愛依存をしている可能性大!

でも“自分の意思がないつまらない人”なんて彼から思われてしまったら、更に嫌われてしまうと思いませんか?自分という存在も見失いがちになってしまい、彼に従っているのでは対等な恋人同士という関係とは言えません!

彼の意見に従うだけの“都合のいい女”になってしまいがちなので気をつけてくださいね?

彼氏の手を引っ張る買い物中の女性

“恋愛依存”にならないようにする対抗策!

自分は恋人に依存していないから大丈夫!と思っているあなた、これからも依存しないとは限りません。自分の中で恋人を最も大切な存在と思ってしまうと依存度が上がってしまい“恋愛依存症”となってしまうのです。

恋人に依存するようになると自分自身の生活まで変わってしまう可能性が大いにあります!

彼氏依存への対策とは!?

・恋愛以外の様々な経験をする!
・恋人との距離を適度にとる!

「彼氏と一緒にいる」以外で、あなたにとって楽しいことを見つけると彼に依存することも少なくなってきます。

そうすることで、彼氏の事で一杯だった頭の中に別の“楽しいこと”が入ってくるので段々と適度な距離感で恋人に接することが出来るようになります!

恋人に依存し始めた女性のほとんどが、『今日の予定は?』『今、何してるの?』などと彼に何度もしつこく質問するようになります。回数が増えれば増えるほど依存度がアップしていると言えるので気を付けて下さいね。彼への依存度をちょっとずつ少なくしていくことが大切ですよ~!

上へ戻る