彼氏の前でおならが「ぷぅ~♪」出ちゃったとき何とか対処する方法

『どうしてオナラが出るのかな♪ランランラン♪』なんて、独りでいるときなら呑気に歌いながら笑うこともできますが…、彼とのデート中に間抜けなアノ音を聞かれたら?立ち直れない…。

彼氏の前でおならが「ぷぅ~♪」出ちゃったとき何とか対処する方法

「ぷ~ぅ」なら可愛いい?
って…、なぜ今、出ちゃうの…

たまに想像しませんか?『地球上の全人類が同じタイミングでオナラをしたらどうなるのか?』と…。そんな話はさておき本題ですが、この度、取り上げるのは「彼氏と彼女が一緒にいるときに、カノ女が出してしまう”おならの音”問題」についてです(ニオイは別の機会に)。

どんなに美しい女神のような女性だろうと王子さまのようにカッコいい男性だろうと、生理現象には逆らえない私たちはアチラコチラでみんなプープー♪おならを放っています。

でも、彼氏の前では『私も人間ですから仕方ありません』なんて言い訳は通用しません。女にとっては深刻な問題です。

その瞬間たるや『恥ずかしい…』なんてもんじゃありませんね (/ロ\) 可能ならば、一瞬にして彼氏の記憶を消してしまうか、地球の裏側まで穴を掘ってスベリ落ちていきたい気分…。


出してしまったからには、彼の記憶にしっかり刻まれている「音」と『コイツ、屁こいたな…?』と思われている耐えがたい現実と戦わなければ!

きっと、この先、カレの頭の中では「ぷぅ~う♪」と何度もリフレインが続くはず。

オーマイガー…(p_-)何か良い方法はないのか?これまで可愛い仕草やブリッコで築き上げてきた”良いイメージ”が、一気に崩壊。

やっぱり、ココは何とかしなくては!


『人前ではオナラなんてしちゃダメ』って、ちゃんと節操を保つことを意識して我慢しているんです。

でも、好きな人とデートしていると緊張して空気を飲み込んじゃうから、お腹にガスが溜まってパンパンになり、体調や何かの拍子でタイミング悪く「ぷっ」とか「ブッ」とか…、甘い雰囲気を引き裂く”情けない音”がオシリから出ちゃうこともあるんです…。


では、どうしようもない事情で?彼氏の前でオナラが出ちゃったときの対処法を4パターン紹介します。参考になれば幸いです。

1.完全無視してみる

何事もなかったように無視する女性

この作戦を実行するには、かなり図太い神経が必要です。彼と2人っきりの空間に『ぷぅ~~』と、間のヌケた軽やかなオナラの音が響きわたったときに沈黙を貫きとおすのは至難のワザ。

頼りになるのは”根性と演技力”しかありません!


でも、考えてみて下さい。世の中には「気のせい」という便利なモノがあります。

実際には”あったこと”を、”無かったこと”にできるかどうかは、コチラの演技力にかかってます!ツンとすました涼しげな表情を崩してはいけません。

しかし、この作戦にはリスクがある!

何度も実行すると効果がなくなる!

『俺の前でも平気で屁をこくオンナなんだ』と誤解されるので、ご注意ください。

彼にツッコまれたらどうする?

もし『今、なんか音したよね…』と、彼が真実を探り始めて、何となく異臭が漂い気まずい雰囲気になったらどうするか?

『私には聴こえないし、ニオイも全然感じないよ』と、いつも通りの態度で表情を変えず時間が経つのを”根性かけて待つ”のです。

2.イチかバチか誤魔化してみる

自分から『しちゃった…』なんてカミングアウトするのは勇気がいるし、完全無視して黙っている気まずさに耐える自信がない人向けの方法があります。

手っ取り早く”他のことに責任をなすりつける方法”をお試しください。

コレでごまかしてみて!

咳き込む女性

・椅子を動かして”引きずった音”でかき消す
・『ゴホゴホ』っと咳払いをする
・周りをキョロキョロして、他の人が出した音だと思わせる

『椅子が変な音するねー』なんて白々しいことを言っても、この状況では間違いなく彼にバレているはず。

でも、もしかしたら”自分のオシリから出た音”と”椅子の音”が完璧にマッチする可能性だってあるので、やってみる価値はあり!

3.正直に言ってしまう

バレている可能性が高いのに、知らんぷりして、ごまかすことに罪悪感を抱く”正直者”のアナタに最適なのは「潔くカミングアウトする方法」です。

どうやって言えばいい?

謝る女性

『ごめん、出ちゃった…』

恥の告白をするときはシンプルなセリフで!

セリフよりも肝心なこと!

打ち明けた後の”表情や態度”です

開き直った態度はオバサンっぽい印象を与えるのでNG!あくまでも”恥ずかしそうに照れている様子”をアピールして下さい。

中には、恥ずかしがっている姿を見て『可愛いなぁ』と親近感を抱く男性もいるのです。

注意点

この方法も有効なのは初回のみ!

一度、恥ずかしい部分を受け入れてもらった安心感からか、その後、”恥じらい”を忘れてしまう女性もいますが、彼氏が笑っていられるのは最初だけ。2度目以降は幻滅されます…。

お腹が張ってガスが出そうになったら、その場を離れるなどの配慮は継続して下さいね。

4.恥ずかしそうに逃げる

その場から逃げる女性

隠しようのないシチュエーションでオナラが出ちゃったとき、言い訳せずに両手で顔を覆い『やっちゃった…』と思いっきり恥ずかしそうな表情を見せながら、その場を立ち去って下さい。

まずは、彼のいない空間でキモチの冷静さを取り戻しましょう。ジタバタしても現実は変わりません。


そして、ドアからひょこっと少しだけ顔を出し『ごめんね』と言ってしまえば、ほぼ100%お互いに笑顔になれるし、あなたのキュートさが不思議とアップする効果がありますよ

”オナラの音との戦い”は続く

生きていくために不要なモノを排出する必要があるのは理解できるものの、ナゼ「おなら」だけは音が出るのでしょうか?他のモノは割と大人しく体外へと出て行ってくれるのに…。

ガスの溜まり具合によっては「ス~~」っと、とても静かに穏やかに何ごとも無かったように消え去ってくれますが、ジブンの耳を疑いたくなるほどの爆発音とか…、参ってしまいますね。


まぁ、人体の構造上、おならの音やニオイとの格闘は仕方ないのでしょうが、『音を消したい!』と多くの女性が強く願い続ければ、いずれ長い時を経て私たちのカラダも進化する?

…と、いつかこの悩みから解放される日が来ることを信じ、それまでは何とかアノ手コノ手で気まずい最悪な状況を乗り気っていきましょう。