恋のキューピットになりたい!友達カップルを成立させる5つの秘訣

友達の恋を積極的に応援しない人にだって恋を手伝う役割がやってくることがあります。そんなときは、焦って失敗しないためにも冷静になって、友達の気持ちをよく理解して行動するようにしてください。

恋のキューピットになりたい!友達カップルを成立させる5つの秘訣

友達の「恋のキューピッド」役
上手にこなす秘訣!

仲のいい友達が『最近、気になる相手が出来たの…』と教えてくれたら、つい釣られて自分も嬉しくなってしまいますよね。

しかも、その恋の相手が自分も知っている男友達だった!それなら自分が恋のキューピットになって、友達の恋を応援してあげたくなってしまいます。

でも…、ちょっと待ってください!

もしアナタだけが勝手に暴走を始めてしまっては、友達の恋を実らせるどころかジャマをして傷つけてしまうことだってあるのです  

「あなたのせいで、○○君に嫌われちゃった…、もう大嫌い!」なんて言われて、絶交されたくないですもんね。

そこで、大好きな友達のためにもキューピット初心者に、気をつけて欲しいポイントを5つ紹介します。

1.むやみに協力者を増やさない

口が堅い女性

友達の恋でも応援をしようとすると、張り切り過ぎてしまって『じゃあ、あの人にも協力をしてもらおう!』と、色々な人に相談を持ちかけて協力を募ってしまいがちですが、それは絶対にやってはいけないことです!

これでは『ねぇ聞いて!○○ちゃんって、あの人のことが好きなんだって!』と、言いふらしているようなもので、周りにウワサが広まってしまい、本人同士が気まずくなる状況を作り出してしまう恐れがあります

キューピット役の心得その1!

周りに相談する前に慎重になる!

友達が恋の相談をしてくれたのは、「あなたを信頼しているから」
他の人には言えないし、知られたくもないハズ。

どうしても他の人に相談をしたい場合は、先に本人の許可をもらうことが必要です。

2.『協力するよ』と、無理に気持ちを押しつけない

友達の恋を絶対に実らせてあげたい!という気持ちが強すぎると、ときには友達の意思を無視して行動をしてしまうこともあります。

そうならないためにも「押し付け」にならないように注意して下さいね。

押し付けにならないためには…

・友達の希望をしっかりと聞く
・友達にお願いされたときにだけ動く

事前に「これはして欲しくない」ということがあれば言ってもらうなど、友達の気持ちを尊重してあげてください

恋の相談を受けると「私がどうにかして両想いにされてあげなくちゃ!」と、使命感が生まれてしまいますが、それでは友達も戸惑ってしまいます…。

恋のキューピットは、あくまでも「アシスト役」です!必要以上に出しゃばらないように気をつけてくださいね。

3.長いスパンで友達の恋を見守る

友達の恋となると、「なるべく早くカップルになって幸せになって欲しい!」と思ってしまいますが、焦りは禁物です。

だって、恋はタイミングが命だもの。

第三者である橋渡し役の女性がそのタイミングを見極めることで、ステキな恋のキューピットになることが出来ますよ♪

恋をしている友達は…

恋愛に夢中で冷静になれないことが多い!

だから、アシスト役のキューピットが冷静になって、お互いの気持ちを分析してあげてくださいね。

アシストのサポーター

タイミングを見極めるには時間が必要です。

だから焦らずに「今が告白のチャンスタイムだ!」と、思えるタイミングが来るまでじっくりと見守ってあげてくださいね

4.ときには大胆に動く

冷静に控えめな行動が一番大切ですが、ここ一番の勝負トコロだと思うポイントでは「大胆さ」も必要になってきます。

例えばどんな時に…?

・すれ違いが起きているとき
・友達が告白を決心したとき
・両想いなのに進展しないとき
・恋をくじけそうになっているとき

ここぞのタイミングでアドバイス

ここぞ!というポイントでは、静かに行動するより堂々と動くことをオススメします。

どんなに努力をしても怖くて動けないとき、誰かに背中を押して欲しいと思うときは必ずあります。その気持ちを察知して動いてあげるのが、友達と彼の架け橋になれるのです♪

5.失恋したときはフォローする

どんなに一生懸命、恋を応援しても叶わないことがあるのが恋愛です。こればかりは人の気持ちの問題ですから仕方がないですよね。

でも、失恋てしまったからといって、ここで恋のキューピットの仕事は終わりではありません!

失恋を慰める

友達が落ち込んでしまっていたら・・・

立ち直るサポートをする!

傷ついた友達を、天使のように優しく包み込んで癒してあげて!

恋のキューピッドは「両思い」にするだけが役割ではありません。失恋してしまったときは、慰めて次の恋へ歩ませるのも大切な仕事のひとつです。

傷ついた友達を天使のように優しく包み込んであげて下さいね

誰かの恋を応援して、自分も幸せに♪

例えば、テレビで見る芸能人が語る恋愛エピソードを聞いているだけでも、楽しくなってしまい、胸もドキドキしてきますよね。

このようにまったく面識のない人でも、恋バナというだけでときめいてしまうのが女性というものです。

たとえ友達が主役の恋でも、一緒に両想いになるためにサポートをしてあげるだけでも「幸せな気分になること」が出来ますよね。

幸せな気分になれることは、毎日の生活を楽しくしてくれますし、生きる糧にもなります。

全員が幸せになって友達にも喜んでもらうためにも…、

 出しゃばりすぎない
 友達のペースで恋を進める
 時には大胆に動く

などの、注意点をしっかりと気をつけてくださいね。

あなたも一緒に頑張ればその恋は叶うハズです