恐妻になるタイプ・結婚後に夫を足蹴にする未来の鬼女

男性に多少厳しいだけなら、お互いに心地よい結婚生活を送るには丁度いいスパイスに!ただ、時として相手への厳しい行動や態度は「暴妻」なんて呼ばれる原因となる可能性も…さじ加減には気をつけてくださいね!

恐妻になるタイプ・結婚後に夫を足蹴にする未来の鬼女

恐妻になりやすい女性の特徴

「結婚しても2人仲良く、いつまでも恋人同士のような関係でいたいなぁ 」と、恋人時代には甘い結婚生活を夢みるものですが、残念ながら…、結婚後、夫婦として生活を共にするようになってから、ただならぬ恐怖を夫に与える「おっかない恐妻」に豹変する女性は少なくありません。

多少、夫を尻に敷く程度のプチかかあ天下は夫婦円満の秘訣ともいわれていますが、日々、行き過ぎた怒りや命令で怯えさせてばかりいると我慢し続ける旦那さまのストレスは計り知れません…。いつも恐妻に睨まれて首の根を捕まえられていたら…、疲れた夫が離婚を考えるようになったり、安らぎを求めて浮気に走ってしまっても不思議ではありません。

それでは、自分自身が鬼嫁になりやすいタイプかどうかチェックをして、もし、結果が「鬼嫁の素質あり」だったら、未来のダンナさまとの結婚生活が穏やかなものになるよう見直してみることをオススメします

今回は、恐妻になりやすい女性の特徴をまとめました!

完璧主義の性格

恐妻になりやすい女性の性格で、最も多いのが完璧主義者であること。元々は自分に厳しいだけだった性格が、結婚して一緒に生活をしているうちに、旦那の欠点や短所が目につくようになって相手にも完璧さを求めて厳しくなってしまうのです。

書いたメモが気に入らない完璧主義の女性

恐妻チェック

 妥協するのが嫌い
 少しのミスでも気になる
 失敗すると極端にイライラする

自分に厳しくすることは決して悪いことではありませんが、パートナーにまで理想を押しつけてしまうのは問題です。恐妻は、相手が「これで良い」と思っていることを問答無用で頭ごなしに「絶対にダメ」と否定する傾向があるのです。

結婚後は相手に対し、許せないこともたくさん増えていきます。それらを全て相手に指摘したり許せないようでは、結婚生活は、お互いに苦痛を伴うものとなってしまいます。

世話好きな性格

一見面倒見が良くて優しそうな女性でも、恐妻になりやすい可能性を秘めています。

実は世話好きな女性は、相手をつい子供扱いしてしまい、男性に対して親のように接してしまいがちなのです。

恐妻チェック

 男性が子供っぽく見える
「この人は自分がいなくちゃ何もできない!」と思う
 心配性でカレを放っておけない

子供にしつけをするために怒ったり、教育するなど、親がするのは何も不思議ではありませんが、すでに立派な大人となっているパートナーに、いつもそんな扱いを受けたら男の面子もプライドもズタズタです。どんなに世話が焼けるタイプの男性でも、時には、ひとりの大人として接することも大事みたい。

仕事で成功している

女性の憧れの的ともいえるクールなキャリアウーマンですが、デキる女性はプライベートよりも仕事を優先しがち。

そのため、普段から遠慮なく、パートナーの仕事ぶりにまで口出ししてしまうことも…。

仕事がデキるキャリアウーマン

恐妻チェック

 自分の方が彼より給料が高い
 実は彼は元部下・現在の部下
 彼の仕事ぶりによくダメ出し&イライラしてしまう

女性の能力があまりにも高いと、男性も女性の言いなりになりやすく、ますます恐妻になりやすい環境が整ってしまいます。

彼と二人きりのときくらいは仕事を忘れ、か弱い部分を見せることも大切ですよ。

しっかり者過ぎる

『女性に甘えたい!』という欲を持っている男性は少なくありません。

同時に女性側も、持ち前の母性本能から男性に甘えられることを「けっこう気分が良い」なんて思っています。彼女が彼の甘えを受け入れるのは問題ないのですが、彼氏がボロを出しすぎて弱みをどんどん見せることで、オトコとしての威厳を保てなくなってしまう危険も…。

度を超すとふたりの間に上下関係ができあがり、女性は鬼嫁へと変貌してしまうのです。

料理上手なしっかり者の女性

心当たりない?

 彼の弱みを全て握っている
 彼が女々しく男として見られないことがある
 交際中、男女の役割や関係が逆転している

『カレが心を許している証拠!』といえば聞こえは良いですが、上下関係ができてしまっている以上、このままでは恐妻家の夫どころかダメ夫が育ってしまうことになるかも?

彼の弱いところを知った数だけ、アナタの弱いところも知ってもらう努力をしましょう。

怒りやすい&キレやすい

怒りやすくイライラしやすい女性は、言わずもがな鬼嫁候補の代表格。

皮肉なことに、そんな女性に寄ってくる男性に限ってどこかMッ気があるタイプが多いため、余計に女性が恐妻となってしまいやすいのです…。

キレ気味で迫ってくる女性

心当たりない?

 些細なことでもイライラする
 不満があったら全て男性にぶつける
 カレが自分の言うことを聞かないと気に食わない
 ワガママな一面がある

感情の起伏が激しい性格は今のうちに治しておかないと、将来、相手の男性だけではなく、二人の子供を傷つけてしまう恐れがあります。

ストレスを上手に発散したり、常に笑顔を心がけるなど、感情のコントロールができるよう意識してみてくださいね。

サバサバ系女子である

どんなシチュエーションにおいても、周囲にハッキリと自分の意見を伝えられる姿勢は素晴らしいのですが、なんでもかんでもズバズバ言い過ぎる傾向があるなら要注意!

このタイプの女性は打たれ強いため、他人の気持ちにまで鈍感になりやすいのです。

サバサバした女性ボクサー

心当たりない?

 何も言われても凹まない性格
 遠まわしに伝えるのが苦手
 他人の気持ちが理解できていないとよく言われる

とにかくめげることが少なく、メンタルが強いのがサバサバ女子の特徴。だからこそ、メンタルが弱い人間の気持ちを考えることが、恐妻予備軍から抜け出す重要なポイントです。

相手に何か伝えたいことがあるときには、発言する前に『私のこの言葉で、カレはどう感じるのかな?』と言葉選びを慎重に行いましょう。

オブラートに包んだ言い回しができるようになれば、アナタ自身のイメージも柔らかく優しい印象になります。きっと恐妻だなんて思われなくなるハズですよ。

男はちょっと尻に敷くくらいがベスト!

男性が女性に尻に敷かれた方が、夫婦間はうまくいくもの…とはいっても、カレへのキビし過ぎる風当たりは、間違いなく相手にとっての負担となります。

もう一度恐妻度をチェック!

 完璧主義者
 世話焼き
 バリキャリ女子
 しっかり者
 感情の起伏が激しい
 メンタルが強い


※3つ以上当てはまったら恐妻予備軍!

気が強いけど恐妻になりたくないのなら、とにかく相手の気持ちを尊重することが大切なようです。かかあ天下もほどほどにして、お互いを思いやり対等な関係を築いた方が、いつまでも素敵な夫婦でいられるハズ!