お似合いカップルの特徴・他人が羨む恋人達が持ってるモノ

お似合いカップルの特徴とは?どうも趣味などすべて好みが一緒じゃなくても他人が羨むような2人になれるようですよ。また、喧嘩が多いからと言って、それがイコール「不釣り合い」とはならないみたい。

お似合いカップルの特徴・他人が羨む恋人達が持ってるモノ

お似合いカップルの特徴

誰が見ても「お似合いのカップル」と思われるのは、恋人たちの理想でもありますよね。でも、具体的に「お似合い」とは、どういうことなのでしょうか?

「お似合い」と周囲から認められているカップルは、傍から見ていても落ち着いていて、安定した関係が長続きしているケースが多いので、その恋人たちの”共通点”には好きな人との良好な関係をキープする秘訣があるハズです。

では、2人の相性が良いと思われる「お似合いカップルの特徴」を述べていきます。見かけや周囲からの印象だけではなく、行動や生活習慣も大切なポイントとなっているところが興味深いですよ

1.笑いのツボが同じ

同じものを見て2人で笑っている様子は、とても幸せそうに見えますよね

友人同士でも一緒に泣いたり怒ったりした仲間とは絆が強くなるように、人は皆、誰かと同じ光景を見て同じような感情を受けとると心が通じ合ったようで嬉しくなるものです。また、一緒に笑える相手が恋人なら最高に幸せなこと。

映画を見て笑うカップル


電車の中でも、立ち寄ったお店の中でも、さまざまな人間模様や面白い出来事に遭遇するなど、”笑い”は、日常のいたるところに溢れています。

そんなとき、思わず顔を見合わせて笑ってしまうようなカップルは、相性が良いのか微笑ましく温かい雰囲気に包まれていますよね。


逆に同じものを見て自分が面白いと思っても、相手が無反応だったり批判的だったりすると寂しくなるものです。だから「一緒に笑えることが多いカップル」は、やはり「お似合い」なのです

2.ファッションセンスが似ている

ブランド好きで全身キメッキメッの彼女と、破れたビンテージもののジーンズを履いているラフな彼氏とでは、ファッションセンスがあまりにも違うためデートの場所選びに困ります。

彼女はドレスコードのあるような高級フランス料理の店に行きたくても、スニーカーでカジュアル過ぎる服装の彼氏は入れません。

また、彼氏は油ギトギトの中華料理店や炭火焼きの煙ボーボーのヤキトリ屋に連れて行きたいと思っていても、彼女がキメ服であれば汚れないかと気が気ではありません。


アウトドアの好きなラフなスタイルの彼氏が釣りや山登りに誘ったとき、彼女がワンピースにハイヒール姿で来られたら困っちゃうように、服の傾向が一致するかどうかは2人のデートプランや楽しみ方にも大きな影響を与える大事なポイント。

不思議なことにファッションセンスの似ているカップルというのは行動範囲も似ていて、違和感なく2人共その場に溶け込むことができるので周囲からは「お似合い」に見えるのです

ペアルックのカップル

3.欠点をカバーし合っている

”無口な男”と”おしゃべり上手な女”の組み合わせは、案外、多いものです。せっかちな彼女に、のんびり屋の彼氏というカップルもいますよね。

上手く行っているカップルは、お互いの良いところを認め合い、足りないところを補って「2人でひとり」という印象を受けます。それが「お似合い」と思われる要因かも知れません。

また、自分にないものを相手が持っているから惹かれるということもあります。思慮深いけれど一歩踏み出すのに時間がかかる彼女に、ちょっと軽率気味ではあるけれどスパっと判断し行動力のある彼氏の組合せは最強です。彼女が熟慮したことを彼氏が行動に移してくれるのですから。


お互いの欠点を許せないカップルはすぐに消滅しますが、相手の長所を認めるカップルは長続きして共に成長し、それが相性の良し悪しにも大きく影響するでしょうね。

4.食べ物の好みが同じ

ピザを食べるカップル

一緒に食事を共にして食材や味のことで盛り上がればデートを楽しめるように、食べ物の好き嫌いはカップルにとって重要こと。

もし、「ベジタリアンの彼女」と「焼肉・ステーキ・トンカツ大好き男」が付き合った場合は、どちらかが妥協しなくてはなりません。

また少食、偏食の彼女と『ご飯は何でもガッツリ食わねば…』というポリシーを持つ彼氏では食べる量も速度も違ってしまい、店を決めるだけでもひと苦労です。


その点「ラーメン大好きカップル」だったら?美味しいと評判の店を一緒に探して嬉しそうに幸せそうにラーメンを啜っている姿は微笑ましいものですよね

5.大切にしているものの価値観が同じ

”お金がすべて”と思っている人と”愛情が一番”と思っている人とでは、根本的に価値観が違うので上手く行きません。

また『出世することこそ、人生に於いては成功の証』と、信じて疑わない人と『仕事は生活するため。心豊かな人生を歩んでいきたい』という組み合わせのカップルも噛みあいません。


たとえば家族を大切に思っている人は、相手の家族も思いやれるものです。夢のある人は、相手の夢も理解できます。『何を大切にして生きているか』ということが共通している恋人たちは、お互いの気持ちをわかり合えるのでしょうね。

同じ夢を持ち実現させるために励まし合い頑張っている2人は、やはりベストカップルと言えますね。

ペンキ塗りをするカップル

6.沈黙も苦痛でない

デート中にシーンとなるのが怖くてひたすら喋り続ける人がいますが、相手の気持ちを深く理解しているのなら沈黙を怖れる必要はありません。どんなにお喋りの人でも、よほどの脳天気な人でない限り、黙って考え事をすることだってあります。

何か悩み事や考えなくてはいけないことがあっても、2人の間に信頼関係さえあれば必ず相手は打ち明けてくれるものです。

そんなときに雰囲気から相手の気持ちを察して、黙って寄り添える関係はステキですよね。相手を信頼しているからこその対応なので、そういったことが出来るカップルは傍からしっくり馴染んで見えるんですね。


「相手に気を遣わせない気の遣い方」のできることは大切ですが、その雰囲気を汲み取るのは長く付き合ってこそ培われるものなので最初のうちは難しいかも?

付き合いたてのカップルの場合は、焦らずに少しずつお互いを見守れる関係を築いて下さいね

7.趣味が同じ・相手の趣味を理解できる

同じものを好きになる傾向がある仲良しカップルさんは、趣味を通じて知り合うケースも多いのです。

ミュージシャンの追っかけで知り合った2人、アスリートの応援で出会ったカップルなどは、好きなことが一致しているので会話の盛り上がりもハンパではないでしょうね。そうやって一緒に楽しそうに過ごしている姿は、誰が見ても”仲良しな2人”に映るものです。

彼氏のギターを楽しんで聞く彼女


また、自分の好みとは違っていても、相手の趣味を理解して応援できる関係を築いているカップルも素敵ですよね。河原に行って彼氏が魚を釣っている間に、彼女は木陰で読書をするなど、相手が自分の好きなことに没頭しているときに温かい目で見守れる関係って理想的

無理をして相手の趣味に付き合っているのではなく、相手の気持ちを尊重しているから微笑ましい空気感が2人の間に生まれるのかも知れませんね。

8.無理をせず自然体でいられる

長く付き合っていると相手が「空気のような存在」になることがあります。確かにそこに在るのだけれど、あまりに自然すぎてわからない…、でも空気がなくては生きてはいけない…、という長年連れ添った老夫婦もいますよね。

「一緒にいることがごく自然のこと」と言える関係になるまでには、マンネリや喧嘩などを幾度も経験するなど長い月日がかかるかも知れません。これは一緒にいて「楽な相手」とは少し違います。また慣れ合いでもありません。

ケンカもするし面倒臭いこともあるけれど、その全てをひっくるめて一緒にいることが2人にとって自然なこと…、と、お互いに思える領域まで達したカップルは間違いなくお似合いです

2人だけの空気感が”お似合い”に繋がる

表面的には仲が良さそうに見えていても、裏では連日のように大バトルを繰り広げて憎しみ合っていることもあれば、その逆のパターンもあるように「お似合いカップル」というのは、あくまでも周囲が抱くイメージです。

だから、「喧嘩するから不釣り合い」「ケンカしないからお似合い」と言い切れるものでもありません。

本人たちにしてみれば……

  • 2人でいると幸せ
  • 一緒に笑える相手がいると気持ちも温かくなる
  • 自分の一番の理解者がそばにいてくれて心強い

……という、ごく普通の恋人たちと同じスタートだったのですが、他人同士が一緒にいれば色々あって当然のこと。

お互いに相手を思いやって理解し、2人で成長していくことによって「しっくりくるカップル」となっていくでしょうし、喧嘩して相手に文句を言いながらも別れることなく、その2人にしか分からない関係を築いていくことによって、他人から「お似合い」と呼ばれる独特の空気感に包まれることもあるのかも知れませんね