【結婚式の受付係のマナー】大人女子が知っておきたいポイント!

新郎新婦に当日式場でのゲストの案内やご祝儀係を依頼されたら、二人のご両親や参加者に失礼のないよう、作業開始前に心得をマスターしておくべき。服装準備はもちろん、流れをチェックすればトラブルの心配もゼロ!

【結婚式の受付係のマナー】大人女子が知っておきたいポイント!

結婚式の受付係は両家の代表!
マナーを守って素敵な結婚式にしよう

新郎新婦二人の門出を祝う結婚式。友人代表のスピーチや受付係を頼まれる女性も少なくありませんよね。スピーチはともかく、あなたは結婚式の受付係のマナーってご存知ですか?

『ゲストからご祝儀を受け取るだけの簡単なお仕事でしょ?』なんて安易に考えていたら、自分だけでなく、新郎新婦や両家のご両親にも恥をかかせることになってしまう可能性大!

結婚式の受付は、会場に着いた招待客を始めにお迎えする“両家の顔”。その意識を忘れないようにしなければなりません。

案内係として必要以上に気負う必要はありませんが、ご祝儀係は大きなお金を管理する大変な役目。当日になって慌ててしまえば、大きなトラブルにもつながります。

事前に5つのポイントをしっかり押さえておいて、スマートに受付嬢業務を行いましょう!

1.結婚式の受付嬢の服装は?

一般的に、結婚式には両家の親族を始め、会社の上司や同僚、友人などさまざまな年代の方が参列します。出席される方々から好感を持たれるような、晴れの日にふさわしい服装やヘアスタイルを心がけましょう。

オススメのドレスカラーは?

黒より明るめのもの!

結婚式の受付の服装は、華やかすぎてはいけないと思っている方もいますが、マナー違反で限り、華やかな服装でも問題ありません。むしろ、結婚式を華やかに彩る華として、明るい色のドレスや振袖を着るのがベスト!

——————–
また、あんまり胸元の開いたドレスはチョイスしない方が無難。式場によっては受付テーブルが低いことがあり、参列者リストを確認するときなど、前かがみになる度に胸元が見えてしまうのは考えものです。

☆程よく華やかに、かつ露出を抑えるドレスファッションで受付を行いましょう。

2.ゲストを迎えるときは?

招待客が見えられたときには、必ず立ってから一礼を。椅子に座ったまま応対するのは、相手の失礼にあたるので気をつけてくださいね。

ポイントは?

笑顔であいさつを!

立って両手を添えて笑顔の女性

受付は招待する側に位置するので、ゲストがきたら「本日は、お忙しい中、ありがとうございます」と挨拶しましょう。受付が混雑してきたら「ありがとうございます」だけでも十分。そのときのTPOに合わせた対応ができれば完璧です。

相手が新郎新婦のご家族であるとわかる場合は、こちらから「本日は、おめでとうございます」とご挨拶して。

3.ご祝儀の受け取り方は?

両手でご祝儀を受け取る

ご祝儀を渡されたら、「ありがとうございます。お預かりいたします」と感謝の言葉を添えて受け取りましょう。

ポイントは?

片手ではなく必ず両手で!

預かった祝儀袋は、祝儀袋の正面がゲストの方に向くように持ち直してから、広蓋に積み上げます。祝儀袋が積みにくくなったら、下から半分ほどを事前に用意しておいた紙袋などにしまいましょう。

☆祝儀袋の全てをしまってしまうと広蓋が空になり、ゲストに淋しい印象を与えてしまうので、お盆には半分ほどご祝儀を残しておくのが基本です。

4.記帳をお願いするときにもスマートに!

ご祝儀をいただいたら、ゲストに記帳をお願いします。「恐れ入りますが、こちらにご記帳をお願いします」と記帳のお願いをしましょう。

ポイントは?

1.芳名帳の正面をゲストに向ける

2.指を揃えて手のひらを上にする

3.芳名帳に手を添える

芳名帳が二つ折りになっている場合、表裏がないという縁起担ぎの意味があるため、片面にだけ記帳してもらうようにしてくださいね。

5.お車代の渡し方は?

花の脇に置かれた名前付箋つきの封筒

新郎新婦のご両親からは、親族以外の遠方からの出席者や主賓(メインゲスト)に対して、お車代を渡すよう頼まれることがあります。この場合、ゲストが記帳している間にさりげなくお車代を渡す相手をチェックしておき、渡し忘れることがないように注意!

ポイントは?

封筒に名前を書いたふせんを貼る!

☆結婚式が始まれば、お車代を渡すタイミングがないことが多いもの。周りの目もあるので、受付でスムーズに渡すことができるように工夫しておきましょう。

6.案内係として気をつけることは?

たくさんのゲストがいらっしゃる当日。受付後、控室にまっすぐ向かわれる方ばかりではないので、ある程度会場内のご案内ができるように用意しておきましょう。

例えば?

◆トイレ
◆待合スペース
◆コインロッカーやクローク

☆式場のスタッフに任せきりにするのではなく、来場者に場所を尋ねられそうなところを把握しておいて、案内をにこやかにできればパーフェクトです!

スマートな振る舞いで完璧女子!

慌ただしい一日の中、結婚式での受付係はやることがたくさんあります。その分、気をつけたいマナーも多くあるのです。

結婚式の最初の顔として、服装や行動の事前準備をしておくことが、来場者の方々へのスピーディーな対応につながるというもの。

あなたが無事、受付嬢としてのお仕事を終えられて、素敵な結婚式の華として活躍されることをお祈りしています♪

上へ戻る